« 無線LAN | トップページ | イェイツの家 »

2007年5月 7日 (月)

カルロ・フェリーチェ劇場

Carlo_felice_2 Carlo_felice                                                                                       2時45分から7時前までカルロ・フェリーチェ劇場で『道化師』と『カヴァレリア・ルスティカーナ』を観る。

カルロ・フェリーチェ劇場は、ジェノヴァが港町であったため第二次大戦中に爆撃を受け、戦後は閉鎖されていて、1991年に再開された。

もともとは1828年に建てられたのであるから、古い劇場ともいえるし、再開から数えれば新しい劇場ともいえる。こういう場合、ヨーロッパ人は、歴史は古いのだということを強調する。ジェノヴァのこの劇場は、オペラとバレエのシーズンを持っており、ラインナップはなかなか意欲的であると思う。

『道化師』は、舞台で見ると、脚本が良く出来ていることがわかる。単なるヴェリスモというのではなくて、劇中劇のある面白さ、役者が劇のなかで自分を抑えられなくなる不条理さなどが、ピランデッロを想起させる。

『カヴァレリア』は、合唱において、男性合唱と女性合唱のかけあいが音楽的にも面白かった。この演目は、合唱曲も実にメロディーが魅力的なのである。

歌手ではリチートラが良かった。指揮のブルーノ・バルトレッティは大ベテランである。

|

« 無線LAN | トップページ | イェイツの家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/14989194

この記事へのトラックバック一覧です: カルロ・フェリーチェ劇場:

« 無線LAN | トップページ | イェイツの家 »