« 2007年4月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年5月 7日 (月)

カルロ・フェリーチェ劇場

Carlo_felice_2 Carlo_felice                                                                                       2時45分から7時前までカルロ・フェリーチェ劇場で『道化師』と『カヴァレリア・ルスティカーナ』を観る。

カルロ・フェリーチェ劇場は、ジェノヴァが港町であったため第二次大戦中に爆撃を受け、戦後は閉鎖されていて、1991年に再開された。

もともとは1828年に建てられたのであるから、古い劇場ともいえるし、再開から数えれば新しい劇場ともいえる。こういう場合、ヨーロッパ人は、歴史は古いのだということを強調する。ジェノヴァのこの劇場は、オペラとバレエのシーズンを持っており、ラインナップはなかなか意欲的であると思う。

『道化師』は、舞台で見ると、脚本が良く出来ていることがわかる。単なるヴェリスモというのではなくて、劇中劇のある面白さ、役者が劇のなかで自分を抑えられなくなる不条理さなどが、ピランデッロを想起させる。

『カヴァレリア』は、合唱において、男性合唱と女性合唱のかけあいが音楽的にも面白かった。この演目は、合唱曲も実にメロディーが魅力的なのである。

歌手ではリチートラが良かった。指揮のブルーノ・バルトレッティは大ベテランである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線LAN

Lanジェノヴァのホテルでは、自室でなく、二階の新聞を読むためのデスクのところに無線LANの機械が置いてあった。

ここで、libero.it からクレジット・カードを用いて買う。

ジェノヴァのホテルは、今回の旅行でここだけが4つ星(あとは3つ星)なのであるが、それでインターネット環境はこの程度である。しかし、これでもましだったことが後に判ったのだった。

3つ星では、インターネット出来ますとホームページに書いてあっても、あまりあてにならない。これまで数度、工事中とか、電波が混線して使用できないとか、結局使えないところが去年、今年と何軒かあった。

というわけで、現在のところ、ホテルの中でネットが使えれば上等とせねばならないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 3日 (木)

ジェノヴァへ

Genova_1                                        ミラノ中央駅(Milano Centrale) を9時10分にでて、10時50分にジェノヴァ・プリンチペ駅に着く。

ジェノヴァの場合、主要鉄道駅が、町の西と東にあり、西がプリンチペ駅、東がブリニョーレ駅であり、すべての列車が両方に停まるわけではないので、ちょっと注意が必要だ。

ジェノヴァにいたるまでの途中は山がちであり、わずかな海岸線の平地にへばりつくように家が密集している。さらには、丘の上まで家々が立ち並んでいる。

中心部には、意外なほど、立派な建物が残っており、日本でのジェノヴァの観光都市としての知名度の低さが惜しまれる。ただし、港の近辺は、港町独特の雰囲気で、やや荒っぽい感じもする。移民も相当数にのぼるものと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物価高

Panini

パニーニ(上)

ユーロが高い、1ユーロ160円ほどである。

数年前には、1ユーロ100円を切っていたのだからえらい違いで、そこから上がったにしても近年は120から130円くらいだった。

ユーロ高と、イタリアのユーロ導入以来の物価上昇がダブルパンチとなって、食事はどこでどうとっても高い。

たとえばミラノで、パニーニ2つと水(500cc)をかって10ユーロ(1600円)である。

ジェノヴァで、定食のように決まったもので12~13ユーロ。夜、決してきどったレストランではないところで、パスタや魚をとったら、30,5ユーロだった。胃が疲れないようにするためと、倹約のため、バールでパニーニ類を買うことが多くなった。

パニーニは、中にトマトやチーズ、ハム、ツナなどが入っており、おいしいし、栄養のバランスも結構とれているかと思う。野菜が少し足りなめだが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

スカラ座へ

Scala1Scala_1 スカラ座から見た闇に浮かぶドゥオーモ

夜7時過ぎにホテルを出て、スカラ座へ。出し物はドニゼッティ作曲の《連隊の娘》。

プロダクションは、ゼッフィレッリによるものだが、以前からあるものであり、フローレスやランカトーレといった人気歌手の出番が終わっていたので、買えたのだと思う。

劇場があくのを待つのは歩道であったが、皆文句も言わずに待っている。面白いのは、平土間その他と、ガレリア(最上階に近い席)では、入り口が違うのである。

ガレリアへは、階段またはエレベータで行ける。Maschera と呼ばれる案内係も昔は男が多かったそうだが、今は女性が多い。スカラ座は、マスケラの服装も格好がよく、エレガントである。

僕の席は、最上階から2番目の階で、ここも loggione (天井桟敷)と言うかとマスケラに尋ねると、マスケラ同士で相談して、「私は言うと思うけど、彼女は最上階だけだと言っている」と意見が割れていた。なるほど。言葉は、生き物だから、使い方が人によって異なることは珍しいことではない。

壁にくっついた席だが、舞台もけっこう見える。フランス語上演であったが、前の座席の背中に液晶画面があって、言語が選べる。僕はイタリア語を選択したが、隣の客はフランス語を選択していた。

ガレリアは音がとても良い。あとで、イタリア人に聞いたところでは、むしろ平土間よりも、音に関してはよく響くとのことであった。

ところどころに、どう入ってくるのか立ち見客もいる。この立ち見は常連客と言った風情であった。老人もいれば、若者もいた。孫娘をつれたおばあさんもいた。これなら、イタリアのオペラの未来は、まだ大丈夫そうだ。日本のオペラの客層の方が、老齢化が進んでいると感じた。

演奏は、オケは素晴らしく、コーラスも良く、歌手はまあまあで、指揮者がもう一つといったところだった。しかし、スカラ座上演を体験したということが最大の収穫。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電車の切符

Hotel_star_1  サンタンブロージョ教会のあたりでは、タクシーはひろえないので(イタリアにはあまり流しのタクシーというものはいない)、コルソ・ポルタ・ティチネーゼまで歩いて戻る。途中で、親切な老紳士が道を教えてくれた。

ホテルで、明日のジェノヴァ行きの電車の切符がどこで買えるかを尋ねる。もう6時になっていたが、幸い、近所の旅行代理店がまだ開いており、21ユーロで買えた。駅まで行くよりずっと近いので、こういう時は、ホテルのフロントの情報がものを言う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンタンブロージョ教会

Santambrogio2Santambrogio_4サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会から、サンタンブロージョ教会へ歩いていく。600~700メートルといったところか。

地図で見ると、この脇にミラノ・カトリック大学があり、教会前広場は、学生が往来している。

教会は、赤茶色の渋いレンガが特徴的である。下の写真に見るように回廊(1088-99建造)に囲まれた中庭(atrio) が美しい。敷石も心地よいリズムで幾何学模様になっている。さらには、正面の三角形と周りの回廊にあるアーチも、大・中・小のリズムを形成している。

中にはいると San Vittore in Ciel d'Oro という礼拝堂が右奥にあり、ここは4世紀の建造、5世紀のモザイクがあって、ラヴェンナのようである。

聖アンブロージョは言うまでもなく、ミラノの守護聖人であり、スカラ座開幕の12月7日は、アンブロージョがミラノ司教に叙階された記念日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2008年1月 »