Tessa, Delio (テッサ)

2009年3月16日 (月)

Delio Tessa: La pobbia de cà Colonetta

    コロンネッティ家のポプラ

コロンネッティ家のポプラが
死んだ。ほら。きっと7月の
嵐のせいだ。
ピシッ、ボキッ、ドシン。

わたしの元に長々と横たわっている、
200年はゆうにそこにあったのに!
お終いだ!でも...そこで身動きできなく

なっているが、まだ芽が出てくる、死にたく
ないのだ、今春が来るので...

行こう...気の毒に...見ないでおこう!


(訳者妄言)
デリオ・テッサの詩。詩集 L'è el dì Mort, alegher! (1932) から。テッサは1886年ミラノ生まれ。パドヴァ大学法学部を出て、法廷で働く。1939年ミラノで死去。

生前に出した唯一の詩集は L'è el dì Mort, alegher! (1932) で、友人の強い勧めで出版した。1947年には、フランコ・アントニチェッリとフォルトゥナート・ロスティの編纂による1909年から1939年の選詩集 Poesie nuove e ultime  が出た。

テッサは、大先輩のミラノ方言の詩人カルロ・ポルタ(1776-1821)に影響をうけ、また彼に詩を捧げている。

死のテーマはテッサが常に集中的に扱っているテーマである。

ミラノ方言によるオリジナルとダンテ・イゼッラによるイタリア語訳をあげる。

まずオリジナルから。

L'è creppada la pobbia de cà
Colonetta: té chí : la tormenta
in sto Luj se Dio voeur l'à incriccada
e crich crach, pataslonfeta-là

me l'à trada chí longa e tirenta,
dopo ben dusent ann che la gh'era!
L'è finida! eppur...bell'e inciodada

lì, la casica ancamò, la voeur nò
morì, adess che gh'è chí Primavera...

andemm...nà...la fà sens...guardegh nó!


次に、ダンテ・イゼッラによるイタリア語訳。

E' morto il poppio di casa
Colonnetti: ecco: l'uragano
di questo luglio se Dio vuole ce l'ha fatta
e cric crac, pataslanfeta-là

me lo ha scaraventato qui lungo e disteso,
dopo ben duecento anni che c'era!
E' finito! eppure...anche inchiodato

lì, germoglia ancora, non vuol
morire adesso che viene primavera...

andiamo...via...fa pena...non guardarlo!

| | コメント (2) | トラックバック (0)