Porta, Antonio (ポルタ)

2009年3月18日 (水)

Antonio Porta: Quale porzione di universo

     宇宙のどんな部分

葉に貼りついたカタツムリ
陣痛の始まった女たち

限界で魂は満足し
傷をうけ腕を組む

客が分別の無いことを言い
壊れた真実は便所で果てる

裏側でも表でも見ることに変わりはなく
葉一枚、理解するのにも金が必要

白い窓敷居に指一本で吊され
朽ちても判らぬ至高の真理

(訳者妄言)
アントニオ・ポルタの詩。詩集 Week-end (1974)から。ポルタは本名をレオ・パオラッツィという。1935年ヴィチェンツァに生まれたが、336年からはミラノに暮らす。

編集の仕事をし、文学批評家としても活動した。1989年ローマで死去。

ネオアヴァングァルディアのもと詩を発表し始める。作品は、I Novissimi  というアンソロジーに収められ、ポルタは Gruppo '63 の作家、詩人と活動を共にした。

原文は、

lumache appiccicate alle foglie
donne in limitare di doglie

ai confini lo spirito si appaga
braccia incrociate sulla piaga

l'ospite pronuncia la frase insensata
nel cesso vien finita la verità guastata

di rovescio o di diritto non muta il guardare
per capire anche una foglia è necessario pagare

al davanzale bianco appeso con un dito
la verità suprema neppure da marcio

冒頭から小文字で始まっている。Simona Costa の註によれば、小文字で書くことにより、ここに並べられたモノやイメージの順序が単にまったくの偶然に過ぎないことを表している。

第二連の 'braccia incrociate sulla piaga' は社会に存在する悪、苦痛を前にして、何も出来ず腕組みをしているのだろう。

第三連では、真実が壊れている、というのが特徴的表現で、伝統的価値の崩壊を前面に打ち出したネオアヴァングァルディアらしい。

最終連は、絞首刑にあったかのように、指一本で吊されている。吊されているのは、至高の真実だが、それは死に際しても、まだ理解されないだろうと、考えている。これも、絞首刑と、指一本、至高の真実の組み合わせがシュールレアリスティックである。

内容的には「前衛的」な詩であるが、韻はきれいにカプレット(2行ごと foglie, doglie のように), rima baciata となっているのが興味深い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)