Pierro, Albino (ピエッロ)

2009年3月20日 (金)

Albino Pierro: T'aspette

      君を待つ

泣いているの?
僕が死んだなんて誰が言った、
愛しい人よ?
僕はまだこの世にいて
君を待っている。

君が
足に翼を付けなければいけないんだ。
僕はたくさん歩き
風を超え、
今は熱を感じる。

君の前にあるすべてのものを
飛び越えるのに何をためらっているの?
死を笑わせるこの涙は、
行くにまかせよう。
急いで、さあ、
愛しい人、
この喪を僕から取りはらって、
たとえ君がそれが濃密になるのを感じても、
僕は、家々を倒すことなく
揺らす地震に、耐えられない。


(訳者妄言)
アルビーノ・ピエッロの詩。詩集 I'nnammurète  (1963)から。ピエッロは1916年バジリカータ州マテーラ県トゥルシで生まれたが、生後数ヶ月で母が亡くなり、伯母たちに育てられる。このトラウマティックな事件が彼の詩に影を落とし、死のテーマが彼の作品には浸透している。

1944年にローマ大学を卒業し、その地の高校で歴史と哲学を教えつつ詩作を続けた。1995年、ローマで死去。

1946年にイタリア語による詩集 Liriche でデビューする。1960年の詩集 'A terra d'u ricorde から方言による詩集に転換する。

トゥルシの方言が文学に表現されたのは初めてのことで、書かれた伝統は無かった。そこにピエッロの言語表現のオリジナリティーがある。手つかずの話し言葉により、原始的世界に降りていくことを可能になっているのだ。

こうした新たな言語の発見に伴い、ピエッロの詩は、じょじょに民俗的な要素から解放されて、より内的な深みをもったものに変容していった。

この詩では、語り手は死んでしまったように見えるが、実は死んでいない、だから悲しまないで、自分のところに早く来てくれと、愛する人に呼びかけている。語り手は愛する女性に語りかけている。足に翼をつけてというのは、想像力ではばたくということであろう。

愛と死、喪失(「喪」)と想像力による悲しみの超越がテーマの詩。最後の地震のイメージは、存在の実存的不安を表象するものだろう。

オリジナルと詩人自身によるイタリア語訳を以下にあげる。

まず、オリジナルから。

Chiangese?
E chi t'ha ditte c'agghie morte,
amore?
Ci sùu ancore a lu munne
e t'aspette.

               Si' tu
ca l'ha' 'a mitte i scille a lu pére:
ié caminèje tante,
l'agghie varchète u vente
e mo mi sente 'a fréva.

Cché aspèttese e nuit lle zùmpese
tutt'i cose ca tròvese cchinnante?
Làssele l' stu chiante
ca le fè rire 'a morte;
e po fa' preste, amore,
curre,
levammille stu lutte:
si pure tu le sèntese ca 'nfàllete
lé nun risiste cchiù nd'u terramote
ca trincuulte i chése e nun lle sciàllete.

次に作者自身によるイタリア語版:

Piangi?
E chi ti ha detto che sono morto,
amore?
Ci sono ancora al mondo
e ti aspetto.

Sei tu
che devi mettere le ali al piede:
io ho camminato tanto,
ho superato il vento
e adesso mi sento la febbre.

Che aspetti a saltare
tutte le cose che trovi davanti?
Lascialo andare questo pianto
che fa ridere la morte:
e fa presto, amore,
corri,
toglimi questo lutto:
se pure tu lo senti che infittische,
io non resisto più nel terremoto
che scuote le case senza farle crollare.

| | コメント (9) | トラックバック (0)