Pagliarani, Elio (パリアラーニ)

2009年3月23日 (月)

Elio Pagliarani: I goliardi delle serali

            夜学の学生

夜学の学生たちがこの霧の中
冗談を言いたがる、まだ夜中にはなっていない
彼らは学校を終えたばかり
            「今年あった
新しいすてきなこと」が最新の作文の宿題で、
でも彼らは気にしてないし、いつも冗談を言いたがる。
なぜ警官が来ないんだろう、何してるのかしら?
でも、学生たちの声はかすれ、さまざまで、笑いのうちにも悲しげで、
あるいは深刻、あるいは不安げ、成長過程や、変容過程にあり、
異なって、対立し、きしってはいるが
理由無く、必然性なく、正当化なく、
むしろ暗さゆえに合わされた声で、ネオンは抱擁し、兄弟愛で結び
                  つけ、吸収し、飲み込む霧で
ごった煮にする
      そして彼らは音のしぶきを上げ、不作法だが満足している
ー私は、二人の軍曹がもっとも態度のよい学生だと申し上げます
 特に禿げたほう、彼も理解はわずかですが、軍人的やる気はあります。もう、トロリーバスに乗ったでしょう。

なんという十全たる人生と豊かな経験!
日中は働き、夜間学校、夜は大騒ぎし
(二つの言語は二つの人生を生きると誰が知ろう)
昼は仕事、夜は学校ーでも毎晩宿題をやるわけではないし
詩を暗誦するわけではないし、夜はガヤガヤやりたがり、
友達の定規を隠したがり
            宿題をやらず
ーでもだれも学校をさぼりません
          みなケチですから
みなもうケチで、金、金がかかっているのを知ってますからね。

(訳者妄言)
エリオ・パリアラーニの詩。詩集 Cronache  (1954)から。

エリオ・パリアラーニは、リミニ県のヴィセルバに1927年に生まれた。1951年パドヴァ大の政治学部卒業、ミラノに移り、会社や中学および職業学校の教師を務め、ジャーナリストとなる。1960年ローマに移る。

パリアリーニは Gruppo '63の創設者の一人。理論的文章を書いたり、言語実験に重きをおいた詩集 Lezione di fisica e Fecaloro を1968年に出版した。またグイド・グリエルミと共編で Manuale di poesia sperimentale を1966年モンダドーリ社から出版した。

彼のスタイルは、際だって物語り性に富み、客観性が強い。サングイネーティは彼の1969年のアンソロジー Poesia italiana del Novecento の中で、彼を《nuova avanguardia》(新たな前衛)には分類せず、《sperimentalismo realistico》(レアリスティックな実験主義)に入れている。ここには、パヴェーゼやパゾリーニが分類されている。

ヴァルター・シーティのように、《realismo dell'avanguardia》(前衛のレアリズモ)という区分をたてて、そこに入れる人もいる。

この詩は、夜間学校にまなぶ勤労学生たちの生態である。一般学生との類似と違いが、ユーモラスに、時に皮肉をまじえて描かれる。

原文は、

I goliardi delle serali in questa nebbia
hanno voglia di scherzare: non è ancora mezzanotte
e sono appena usciti da scuola
                  “Le cose nuove e belle
che ho appreso quest'anno” è l'ultimo tema da fare,
ma loro non si danno pensiero, vogliono sempre scherzare.
E' vero però che le voci sono fioche e diverse, querule anche nel riso,
o gravi, o incerte, in formazione e in trasformazione,
disparate, discordi, in stridente contrasto aqccomunate
senza ragione senza necessità senza giustificazione,
ma come per il buio e il neon è la nebbia che abbraccia
                                    affratella assorbe inghiotte
e fa il minestrone
          e loro ci sguazzano dentro, sguaiati e contenti
-il attesto il miglior portamento dei due allievi sergenti,
il calvo in ispecie, che se capisce poco ha una forza di volontà
militare, e forse ha già preso il filobus.

Quanta pianezza di vita e ricchezza di esperinze!
di giorno il lavoro, la scuola di sera, di notte schiamazzi
(chi sa due lingue vive due vite)
di giorno il lavoro la scuola di sera,-non tutti la notte però
                                                          fanno i compiti
e non imparano le poesie a memoria, di notte preferiscono
                                                       fare schiamazzi,
nascondere il righello a una compagna
                       e non fanno i compiti
-ma non c'è nessuno che bigi la scuola
                           sono avari
tutti avari di già, e sanno che costa denari denari.   
            

| | コメント (2) | トラックバック (0)