Loi, Franco (ロイ)

2009年3月13日 (金)

Franco Loi: Se vègn la mort ghe disarù surela

   もし死が来たら、妹と呼ぼう

もし死が来たら、妹と呼ぼう
空気の中にも死を呼吸しているのだし、
死は隠れ、宙に浮かんだみたいに
疲労や夢とともに私たちについてくる、
そして突然ぱっと、再び目覚め、
魂を魅惑し、肉体から離れさせる、
考えなおして、死を敵と呼ぼう
泥棒のように、われわれの呼吸を奪うのだし、
肉体に入り込み、話そうとすれば
つねに病気となる、
もし一人で来たら、女友達と呼ぼう、
彼女に恋をして、
倦怠や苦痛、われわれが人生と呼び
実はたんに毒に過ぎない衰退を離れるのは容易だ。
やって来たら、皆と同じようにするだろう、
黙って、世界の沈黙のうちに。

(訳者妄言)
フランコ・ロイのミラノ方言による詩。フランコ・ロイは1930年、サルデーニャ出身の父、エミリア出身の母のもとジェノヴァで生まれた。1937年、一家はミラノに移住。民衆の中に溶け込み、言語的にもミラノ方言を表現手段として選ぶ。

戦後、共産党系の政治活動に関わるが、1962年共産党を脱退する。1970年代まで左翼の活動は続ける。1962年から1983年までモンダドーリの出版局で働く。

彼の方言詩は1960年代に生まれたが、書き直しを繰り返し、出版までには長い時間がかかった。1973年最初の詩集 I cart ('le carte')が出た。

彼の方言詩は、表現主義的で、その語彙には、ミラノ方言以外の他の方言の語彙も入り込んでいる。また外国語やラテン語、伝統的なイタリア文学の表現も侵入している。

この詩は、詩集Bach (1986)から。死を擬人化して、妹と呼んだり、敵と呼んだり、苦痛にみちた人生からの解放者に見立てたりという詩である。最後は死への瞑想で終わる。

原文(ミラノ方言)と、ロイ自身によるイタリア語訳を記す。日本語訳は、イタリア語訳からのものである。

まずミラノ方言による原文

Se vègn la mort ghe disarù surela,
perchè ne l'aria respiri anca la mort,
che la se scund, la sta cume suspesa,
la ghe cumpagna cun la stracca e 'l sònn,
pö d'impruìs la fiada, la se svelia
e l'a'nema inamura a lassà 'l corp,
e se ghe pensi la ciamarù nemisa,
perchè 'me 'n lader la ghe roba el fiâ
e la s'intana in corp e malattia
semper deventa se la vör parlà,
se sula pö la vègn dirù amisa,
perchè l'è facil inamura'ss de lé,
se pèrd slöja e dulur, 'sta grama lesa
che ciàmum vita e l'è duma' velen.
Quan' pö la vegnarà farù 'me tücc,
sensa paro'l, nel tàs che vègn del mund.

次にフランコ・ロイ自身によるイタリア語版。

Se viene la morte gli dirò sorella,
perché nell'aria respiro anche la morte,
che si nasconde, sta come sospesa,
ci accompagna con la stanchezza e il sonno,
poi d'improvviso dà un fiato, si risveglia
e innamora l'anima a lasciare il corpo,
e se ci penso la chiamero' nemica,
perché come un ladro ci ruba il respiro
e s'intana nel corpo e malattia
sempre diventa se vuole parlare,
se poi viene sola dirò amica,
perché è facile innamorarsi di lei,
si lasciano noia e dolore, questo malo disfacimento
che chiamiamo vita ed e' soltanto veleno.
Quando poi verrà farò come tutti,
senza parole, nel silenzio che viene del mondo.

| | コメント (3) | トラックバック (0)