Giotti, Virgilio (ジョッティ)

2009年3月15日 (日)

Virgilio Giotti: Figura de putela

     若い女の姿

朝の澄んだ
様々な色が映る
ショーウィンドウの前に、
若い見習いの女、箱を
脇の下に抱え、額をガラスにつけて。

一本足で立っている、
もう一方の足は
ぶらぶらと
揺らしている。彼女の履いている靴は、
女主人のあてがいぶち。

顔はわずかに見えて、
ほのかに赤く、
耳、首、リボンが見える。
ふたの上には、子供の
手、そこに置かれたのは彼女の手。

絵描きが、人物を
描くとき、他のことは
しない。だから今度は
僕もそうする。ソックスに
少しピンクを加え、

一瞬、髪のリボンを
より濃い色にする、
そして筆を置く。
他にすること、言うことはない、
愛している、互いにそれを理解できる以外には。

彼女にしゃべらせよう、
一人で、あのガラスの中に
見たもの、
考えたこと、いまやそこで、
永遠に止まり、心の中にあるものを。

(訳者妄言)
ヴィルジリオ・ジョッティの詩。詩集 Caprizzi, canzonete e storie  (1928)から。

ジョッティは1885年トリエステ生まれ。本名は、Virgilio Schönbeck (ジョッティは母方の姓Ghiotto から)。1907年、セールスマンとしてフィレンツェに移住。そこで、雑誌《ヴォーチェ》の作家や、ヴェネツィア・ジュリア地方の作家(サーバ、ズラタペル、マリン)と知り合う。

1914年、フィレンツェで、最初の詩集 Piccolo canzoniere in dialetto triestino (トリエステ方言による小さな抒情詩集)を出すが、パスコリや黄昏派の影響を受けたものだった。

1920年トリエステに戻り、新聞雑誌売店、ついで様々な役所で働く。ここでは孤立して暮らし、フィレンツェとのコンタクト、特に雑誌《ソラリア》との連絡を保つ。そこから、1928年 Caprizzi, canzonete e storie, 1931年 Liriche e idilli  を出した。

第二次大戦中、息子2人をロシア戦線で亡くし、その結果、妻も精神を病んだ。トリエステで1957年に亡くなった。

ジョッティは、日常的に使われない方言を、「詩の言語」と定義した。批評家は、彼の方言の扱いを知的な、非・土地言葉的な扱いと考えている。

この詩は詩集 Caprizzi, caozonete e storie (1928) から。画家が、人物を描くように、言葉でもって、多少の色づけを加えながらある若い女の姿を描いている。

以下、トリエステ方言によるオリジナルと、メンガルドによるイタリア語訳をあげる。

まずトリエステ方言のオリジナルから。

Davanti una vetrina,
che se spècià i colori
ciari de la matita,
'na garzona ghe xe, col scatolon
sul brazzo, co la fronte sul lastron.

Sun una gamba sola
la sta; e el pie de l'altra,
lassada cascar mola,
la lo nina. Le scarpe che la ga
xe quele che la mistra ghe ga dà.

Del viso solo un poco
se ghe vedi, un rosseto;
'na rècia, el colo, un fioco.
Sora el covèrcio, bela, xe una man
de pìcia, là pozada, una sua man.

Un pitor, co 'l ga ciolta
zo 'na figura, altro
no' 'l fa. Cussì stavolta
fazzo anca mi. Meto ancora un fiatin
de rossa su le calze, un cincinin

quel nastro d'i cavei
fazzo ancora più scuro;
e meto zo i penei.
Altro de far, altro no' go de dir::
che ben ghe vòio, 'nidun pol capir.

La lasso parlar ela;
che sola la ve conti
quel che la varda in quela
vetrina, quel che la pensa, ormai là
ferma par sempre, quel che in cuor la ga.

各連は、3行の7音詩句と2行の11音節(語尾音の削除、欠如がある)からなる。音韻のパターンは abacc.

次に P.V.メンガルドによるイタリア語訳(Poeti italiani del Novecento, Mondadori, Milano, 1987)をあげる。

Davanti a una vetrina,
dove si specchiano i colori
chiari della mattina,
c'è una apprendista, con lo scatolone
sotto il braccio, con la fronte sul vetro.

Sta su una gamba sola;
e il piede dell'altra,
che ha lasciato cadere mollemente,
lo dondola. Le scarpe che ha
sono quelle che le ha dato la padrona.

Del viso se ne vede sono un poco,
un po' di rosso;
un'orecchia, il collo, un fiocco.
Sopra il coperchio, bella, c'è una mano
di bambina, là posata, una sua mano.

Un pittore, quando ha tirato
giù una figura, non fa altro.
Così questa volta
faccio anch'io. Metto ancora un pochino
di rosa sulle calze,

faccio un attimo più scuro ancora
quel nastro dei capelli;
e poso giù i pennelli.
Altro da fare, altro da dire
non ho: che le voglio bene, ognuno lo può capire.

La lascio parlar lei;
che vi racconti da sola
quello che guarda in quella
vetrina, quello che pensa, ferma ormai là
per sempre, quello che ha in cuore.

| | コメント (2) | トラックバック (0)