« 2009年7月 | トップページ

2009年8月

2009年8月 5日 (水)

Pascoli: La poesia (5)

                V

わたしは甘美に燃える
 灯りだ!
より孤独で、より遅い時間に、
より悲しい、重苦しく、
 より善良な影で、兄弟よ!

わたしが、もの思う
  子供の上に、
祈る母、泣く揺りかご
おしゃべりする食卓
 沈黙する石棺の上につらされた灯りであれかし。

わたしの純潔な炎は
遠くから、大地を踏みしめて
夜進み、心で泣いている放浪者に
人生の青白い道を照らす。
彼は立ち止る。が、私の光線が、
優しいたましいの中に燃えるのを見て、
暗い旅路を再開した、
 歌いながら。

(訳者妄言)
パスコリの詩の最終連。人生を行く旅人を照らす灯りとして「詩」は描かれている。パスコリは、詩の果たす役割に強い自負心を持っていたことがうかがえる。

原文は、

Io sono la lampada ch'arde
  soave!
nell'ore più sole e più tarde,
nell'ombra più mesta, più grave,
  più buona, o fratello!

Ch'io penda sul capo a fanciulla
  che pensa,
su madre che prega, su culla
che piange, su garrula mensa,
  su tacito avello;

lontano risplende l'ardore
mio casto all'errante che trita
notturno, piangendo nel cuore,
la pallida via della vita:
s'arresta; ma vede il mio raggio,
che gli arde nell'anima blando:
riprende l'oscuro viaggio
    cantando.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ