« Pascoli: La poesia (3) | トップページ | Pascoli: La poesia (5) »

2009年7月31日 (金)

Pascoli: La poesia (4)

            IV

あるいは、わたしは、ヴェールのかかった灯り、
  横に
白いシーツよりも白く、
まどろんで、胎内に
 宿した子をはぐくむ女を示す。

あるいは揺りかご
  -嵐のランプをかかげ
存在の海を渡り、
  揺れ、きしる船ーを照らす灯り

あるいは静かに地下の墓を
照らしだす灯りー頬のこけた
顔...老人の。金髪の乙女の
固まった笑顔。
お母さん!...時間のない影のなか
...あなた、その悲しい休息に
すでに蝕まれた心臓のところで
手をあわせる!-

(訳者妄言)
パスコリの詩の続き。子供を宿した母がうたわれ、そこから揺りかごへの連想は自然だが、その揺りかごは、存在の海原を渡る小舟に喩えられる。そして第三連では地下で腐敗する死体へ。人の一生と死(後)が灯りの光線で照らしだされている。

原文は、

o quella, velata, che al fianco
   t'addita
la donna più bianca del bianco
lenzuolo che in grembo, assopita,
   matura il tuo seme;

o quella che irraggia una cuna
    --la barca
che, alzando il fanal di fortuna,
nel mare dell'essere varca,
   si dondola, e geme--;

o quella che illumina tacita
tombe profonde--con visi
scarniti...di vecchi; tenaci
di vergini bionde sorrisi;
madre!...nell'ombra senz'ore,
...te, dal suo triste riposo,
congiunge le mani al suo cuore
già róso!--

おしまいの3行は、人称が交錯するが、死体となった母に tu (te) と親称で呼びかけつつ、すぐに suo triste riposo と三人称に変わり、彼女は胸の上で両手を合わせる、と解釈した。この連では、tu (あなた)が非人称的に使われていると考えることもできる。
  

|

« Pascoli: La poesia (3) | トップページ | Pascoli: La poesia (5) »

Pascoli, Giovanni (パスコリ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/45742435

この記事へのトラックバック一覧です: Pascoli: La poesia (4):

« Pascoli: La poesia (3) | トップページ | Pascoli: La poesia (5) »