« Noventa : Fusse un poeta... | トップページ | Noventa : Il dialetto »

2009年4月16日 (木)

Noventa : Soldi, soldi...(Inno patriottico)

             金、金...(愛国的讃歌)

金、金、金よ来い、
俺を売って、買いたい、
十分なワインを買いたい
国民を酔わせるだけの。

彼らが飲めば、俺は歌う
彼らが歌えば、俺は飲む
酔って、やつらの歌を聴きたい
やつらは酔って歌を聴く。

彼らに言葉をかけるだろう、
飲んだあとでも覚えてるだろう、
売女の息子、お前らの息子は、
お前らと同じ運命さ。

金、金、金よ来い、
俺を売って、買いたい、
十分なワインを買いたい
国民を酔わせるだけの。

(訳者妄言)
ノヴェンタの詩。1939年、第二次大戦開始の年に出版された詩である。ノヴェンタの社会に対する批判が出ている詩。

原文は、

Soldi, soldi, vegna i soldi,
Mi vùi venderme e comprar,
Comprar tanto vin che basti
'Na nazion a imbriagar.

Cantarò co' lori i beve,
Bevarò se i cantarà,
Imbriago vùi scoltarli,
Imbriaghi i scoltarà.

Ghè dirò 'na paroleta,
Che ghe resti dopo el vin,
Fioi de troie, i vostri fioi,
Gavarà 'l vostro destin.

Soldi, soldi, vegna i soldi,
Mi vùi venderme e comprar,
Comprar tanto vin che basti
'Na nazion a imbriagar.

イタリア語訳は、

Soldi, soldi, vengano i soldi,
voglio vendermi e comprare,
comprare tanto vino che basti
a ubriacare una nazione.

Canterò quando loro bevono,
berrò se conteranno,
ubriaco voglio ascoltarli,
ubriachi ascolteranno.

Gli dirò una paroletta
che gli resti dopo il vino
figli di troie, i vostri figli
avranno il vostro destino.

Soldi, soldi, vengano i soldi,
voglio vendermi e comprare,
comprare tanto vino che basti
a ubriacare una nazione.

第四連は、第一連を繰り返しており、サークルが閉じる構造となっている。

|

« Noventa : Fusse un poeta... | トップページ | Noventa : Il dialetto »

Noventa, Giacomo (ノヴェンタ)」カテゴリの記事

コメント

 とても楽しくて、辛辣で、悲しくなってしまいました。愛国的。なるほど。当時の社会情勢をとても映しているようで身につまされました。勢いのある語調のなかに若々しい抵抗心が見てとれる。他の詩2編も好きです。それから詩人のおくに言葉も、Noventaだけではなく、少しずつ少しずつ読めるように、慣れて......とてもそうは行きませんが、努力を促していただいています。雪崩れのごとく......

投稿: marina | 2009年4月17日 (金) 20時40分

marina さん

おっしゃる通り、国民的な陶酔に対して、辛辣さを持ちつつ、またそれをどうにも出来ないやるせなさも感じられる詩ですね。

方言は、僕も正確には判りませんが、それなりに慣れは出てきますね。

投稿: panterino | 2009年4月18日 (土) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Noventa : Soldi, soldi...(Inno patriottico):

« Noventa : Fusse un poeta... | トップページ | Noventa : Il dialetto »