« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

Guerra ; La mórta

        死

僕には死は
死ぬほどこわい
あまりに多くのものに二度と会えないから:
友達、家族
あの匂いのする道の花
たった一度でもあったすべての人。

死ぬなら、冬、雨が降って
夜早く
道では靴が泥まみれになり
人々はカフェに閉じこもり
ストーブの周りに身を寄せ合っている時がいい。

(訳者妄言)
トニーノ・グェッラの詩。死について語る詩なのだが、不思議な暖かみを感じる詩である。お互いの見知った顔がいるコミュニティーで、心落ち着いた終焉を迎えたいということだろうか。

原文は、

Mu me la mórta
l'a m fa un pavéura che mai
ch'u s lasa tròpa ròba ch'l'a n vaid piò:
l'améig, la tu faméia,
al piènti de'pasègg ch'a gli à cl'udòur,
la zénta te incuntrè una vólta snò.

A vréa muréi d'invéran quand che pióv
ch'u s fa la saira prèst,
e d'fura u s spórca al schèrpi t' e' pantèn
e u i è la zénta céusa ti cafè
datònda ma la stóva. 

Roberto Roversi によるイタリア語版は、

A me la morte
mi fa morire di paura
perché morendo si lasciano troppe cose che poi non si vedranno mai più:
gli amici, quelli della famiglia,
i fiori del viale che hanno quell'odore,
e tutta la gente che hai incontrato anche una volta sola.

Io vorrei morire proprio dentro l'inverno mentre piove
in uno di quei giorni in cui è sera presto
e per la strada le scarpe si sporcano di fango
e la gente è chiusa nei caffè
stretta intorno all stufa.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

Guerra : Sivio e' matt

         頭のおかしいシルヴィオ

話すときは、
ふいに話し、
頭から足下まで
全部ぼろぼろの服、
ひさしを後ろに向けた帽子、
それは走るための服
頭のおかしいシルヴィオ

(訳者妄言)
トニノ・グェッラの詩。詩集 I BU  から。頭のおかしいシルヴィオは、服装もちぐはぐで、まともでないのだが、本人は走る格好だと思っている(あるいはcorsa には競馬の意味もあるので、騎手の格好のつもりなのだろうか)。

原文は、

Quand che parlèva,
e' parlèva ad scatt,
tott un chèva fina i pi,
se brètt cun la visira arvólta indri,
che l'era avstéid da chéursa
Sivio e' matt.

イタリア語版は、

  Silvio il matto

Quando parlava,
parlava di scatto,
tutto un brandello
da capo a piedi,
e il berretto con la visiera voltata indietro,
ch'era vestito da corsa
Silvio il matto.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

Guerra : I bu

           牛たち

牛に言ってくれ、去れと
したことは、したことだ、
今日では、耕作はまずトラクターでするのだと。

心はやつらに涙する、俺自身にも、
あいつらが何千年も働いてくれたのに、
いまややつらは頭を垂れて
畜殺場へ長い綱で牽かれていくことを思うと。

(訳者妄言)
トニノ・グェッラの詩。ロマーニャ方言で書かれている。何千年と続いてきた農耕文化の変わり目に遭遇した牛たちの運命を嘆く詩。

原文は、

Andé a di acsè mi bu ch'i vaga véa,
che quèl chi à fat i à fatt,
che adèss u s'èra préima se tratour.

E' pianz e' cór ma tótt, ènca mu mè、
avdai ch'i à lavurè dal mièri d'ann
e adèss i à d'andè véa a tèsta basa
dri ma la córda lònga de' mazèll.

イタリア語訳は、

Ditelo ai miei buoi che vadano via
e quello che hanno fatto hanno fatto
che oggi si ara prima col trattore.

E piange il cuore a tutti, anche a me,
a pensare che hanno lavorato per mille anni
mentre eccoli lí che se ne vanno a testa bassa
dietro alla corda lunga del macello.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

Noventa : Il dialetto

             方言

なぜ方言で書くのか...?
ダンテ、ペトラルカとあの十日物語の奴
彼らだってトスカナ語で書いた。

それに従ってる。

(訳者妄言)
ノヴェンタの詩。2行目の十日物語はボッカッチョの『デカメロン』のこと。ダンテやペトラルカ、ボッカッチョだって、今は古典となっているけれど、トスカナ方言で書いたのだ、自分がヴェネト方言で書いてなんの不思議があろうか、という開き直りにも似た宣言である。

原文は、

Perché scrivo in dialete...?
Dante, Petrarca e quel dai Diese Giorni
gà pur scrito in toscan.

Seguo l'esempio.



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

Noventa : Soldi, soldi...(Inno patriottico)

             金、金...(愛国的讃歌)

金、金、金よ来い、
俺を売って、買いたい、
十分なワインを買いたい
国民を酔わせるだけの。

彼らが飲めば、俺は歌う
彼らが歌えば、俺は飲む
酔って、やつらの歌を聴きたい
やつらは酔って歌を聴く。

彼らに言葉をかけるだろう、
飲んだあとでも覚えてるだろう、
売女の息子、お前らの息子は、
お前らと同じ運命さ。

金、金、金よ来い、
俺を売って、買いたい、
十分なワインを買いたい
国民を酔わせるだけの。

(訳者妄言)
ノヴェンタの詩。1939年、第二次大戦開始の年に出版された詩である。ノヴェンタの社会に対する批判が出ている詩。

原文は、

Soldi, soldi, vegna i soldi,
Mi vùi venderme e comprar,
Comprar tanto vin che basti
'Na nazion a imbriagar.

Cantarò co' lori i beve,
Bevarò se i cantarà,
Imbriago vùi scoltarli,
Imbriaghi i scoltarà.

Ghè dirò 'na paroleta,
Che ghe resti dopo el vin,
Fioi de troie, i vostri fioi,
Gavarà 'l vostro destin.

Soldi, soldi, vegna i soldi,
Mi vùi venderme e comprar,
Comprar tanto vin che basti
'Na nazion a imbriagar.

イタリア語訳は、

Soldi, soldi, vengano i soldi,
voglio vendermi e comprare,
comprare tanto vino che basti
a ubriacare una nazione.

Canterò quando loro bevono,
berrò se conteranno,
ubriaco voglio ascoltarli,
ubriachi ascolteranno.

Gli dirò una paroletta
che gli resti dopo il vino
figli di troie, i vostri figli
avranno il vostro destino.

Soldi, soldi, vengano i soldi,
voglio vendermi e comprare,
comprare tanto vino che basti
a ubriacare una nazione.

第四連は、第一連を繰り返しており、サークルが閉じる構造となっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

Noventa : Fusse un poeta...

          もし僕が詩人なら...

もし僕が詩人なら...
難解派で、
永遠について語るだろう:
僕のなかの良心について、
僕の上の星について、
僕にその言葉を
与えようとしたり、しなかったりする
海について(ああ、海の意地悪!)

でも僕は...
(なぜ言わないんだ?)
僕は詩人だ。

僕の船に君がいた。

我らのうえには星があったろう、
我らのなかには良心があったろう、
波がしゃべり始めることだったろう、
しかし、僕の船には君がいた、
(櫂は止まっていた)。
海の真ん中で。
          
          

(訳者妄言)     
ジャーコモ・ノヴェンタの詩。これもまた、詩と愛、詩という(現実に基づいてはいるが)人工的な世界と、現実の関係を、ユーモラスに、またアイロニックに描いている。

ユーモラスかつアイロニックなのは、詩人や詩論を書く人はともすれば、現実を越える力が詩にはあるという趣旨の詩や宣言を書く傾向があるのだが、ノヴェンタはそれを揶揄する詩を書く。つまり詩についての詩である。詩論になっている詩なのだ。

波が愛について語るかと思われた瞬間、君と僕は抱き合い(だから櫂が止まっている)、私的言語はそっちのけで、現実の愛の行為が優先してしまう。現実優位、愛が優先で言葉がかき消される。

方言で書かれた原文は

Fusse un poeta...
Ermetico,
Parlaria de l'Eterno:
De la coscienza in mi,
De le stele su mi,
E del mar che voleva e no' voleva
(Ah, canagia d'un mar!)
Darme le so parole.

Ma son...
(Perché no' dirlo?)
Son un poeta.

E ti ghe géri tì ne la me barca.

E le stele su nù ghe sarà stàe.
E la coscienza in nù.
E le onde se sarà messe a parlar.
Ma ti-ghe-géri ti ne la me barca.
(E gèra fermi i remi).
In mezzo al mar.

 イタリア語訳は、

Se io fosse un poeta...
ermetico,
parlerei dell'Eterno:
della coscienza in me,
delle stelle su di me,
e del mare che voleva e non
(ah, canaglia di un mare!)
darmi le sue parole.

Ma son...
(Perché no' dirlo?)
Son un poeta.

E ti ghe géri tì ne la me barca.

E le stele su nù ghe sarà stàe.
E la coscienza in nù.
E le onde se sarà messe a parlar,
Ma ti-ghe-géri tì ne la me barca,
(E gèra fermi i remi).
In mezzo al mar.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

Noventa : Nei momenti che i basi fermemo

      キスを止める時

キスを止める時、
そうしたいからでなく、考えてのこと、
僕の恋人は僕が詩を書きたいと、
僕が口述し、それでよいのだと。

素っ裸で仕事を始める
それからブラウスを着る
そして叫ぶ、「なんて詩は寒いの!」
彼女はくしゃみをし、僕は彼女にキスをして、バイバイ。

「なんてこの詩は短いんだこと!」
と読んだ人は言うでしょう。
「ああ、なんてあのキスはよかったこと!」
と彼女は言うでしょう...あるいは愛の神が。

(訳者妄言)
ジャーコモ・ノヴェンタの詩。詩はヴェネツィア方言で書かれている。愛と詩の関係を、ユーモラスに、ちょっとエロチックに描いている。

恋人は、愛の行為を中断して、愛の描写(詩)にとりかかろうとするが、すぐに寒さでたまらず、ブラウスを着て、さらにはくしゃみをする始末。詩が寒いというのは、その状況とも言えるし、語り手の語った詩の中身をも指しているかもしれない。

原文は、

Nei momenti che i basi fermemo
No' par gusto ma par riflession,
La me amante vol scriver i versi,
Che mi digo e me basta de dir.

Tuta núa le se méte al lavoro, 
Po' la méte una blusa lisièra,
Po' la ziga 《che fredi xé i versi》.
La stranúa, mi la baso, e bondí.

《Ah che curti che xè 'sti poemi!》
Dirà queli che ne lezerà,
《Ah che boni che gèra quei basi!》
Dirà ela...o Amor lo dirà.

ヴェネト方言には、いくつかの特徴がある。標準語のriflessione がriflession になったり ,scrivere が scriver になるように、語尾の母音が落ちる。また Tutta が Tuta に mette がméte になるように、二重子音が一つの子音になる。あるいは、dico が digo になり、bacio が baso になるように、無声音が有声音になっている。

イタリア語訳は次の通り。

Nei momenti che interrompiamo i baci
non per gusto ma per riflessione
la mia amante vuole scrivere i versi
che io dico e mi basta di dire.

Tutta nuda si mette al lavoro
poi si mette una blusa leggera
poi grida 《come sono freddi i versi》,
starnuta, io la bacio, e addio.

《Ah che corti che sono questi poemi!》
diranno quelli che li leggeranno
《Ah che buoni che erano quei baci!》
dirà lei -- o Amor lo dirà.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

Maurizio Cucchi : Sedevo distratto sul gradino nero

    黒い階段にぼうっと座っていた

銅像の黒い台座にぼうっと座って
肩はすでに向きを湖のほうへ変える、
彼女がそこにいて
心配げに僕に挨拶を

送ろうとしている...髪はまだブロンドで
でも僕は動けず、
送り返すのは
暗褐色の眼差しのみで、

それはすでに深く、輝き...われわれは出発した

そこからの場所が途方もなく、気候や人は
粗暴で、無愛想なのに、
われわれはあまりに軽装で
前にも言った通り、靴や帽子は布製だった。

われわれは家々の鍋から食べ物を奪うことになるのだ。

(訳者妄言)
マウリツィオ・クッキの詩。詩集 Glenn (1982). この詩の語り手は Glenn と呼ばれており、詩集のタイトルにもなっているが、詩人の父のあだ名である。1940年代に活躍した俳優グレン・フォードから来ている。

詩人はこの父グレンが語る物語詩として、父の生涯を描いた。この詩では、グレンのロシア出征の前後が語られている。

マウリツィオ・クッキは、1945年ミラノ生まれ。出版社や文学批評家として活動し、マラルメ、プレヴェール、スタンダール、フロベールを翻訳している。

詩のアンソロジーの編纂も多く、ガルザンティ社の Poeti italiani dell'Ottocento (1978), モンダドーリ社の Dizionario della poesia italiana  (1983 e 1990), ステファノ・ジョヴァナルディとの共編で Poeti italiani del secondo Novecento (1996)がある。

詩人としてのデビューは1976年の詩集 Il disperso でモンダドーリ社の《Lo Specchio》シリーズに収められた。

原文は、

Sedevo distratto sul gradino nero
della statua e spalle già rivolte
al lago quando ho capito che era lì
in grande affanno a darmi il suo

saluto...ancora biondi erano
i suoi capelli eppure mi sentivo
come immobile senza poterle offrire
in cambio che il mio sguardo bruno

e già profondo, luminoso...Partivamo

e benché la distanza da quei luoghi
fosse estrema il clima la gente ruvida
inospitale avevamo vesti troppo leggere
scarpe e cappelli di pezza come ti ho raccontato:

avremmo rubato nelle case dalle pentole.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

Giovanni Raboni : Risanamento

       再開発

ここはすべて
もう何も残っていない(あるいは何か
どこかの半ば砂利を敷いた通り、
飲み屋がまだあると、当てることもできる)。
ここは、父は言っていた、ナイフを持って
来るのがふさわしい地区だ...ああそうだ、運河は
すぐそば、霧は運河をおおう前が
もっと濃かった...が彼らの
やったこと、家の破壊、
ここそこでの地区の破壊は、
何の役に立つのか?悪は
そこの中、階段や中庭、
バルコニーにはない、あるとすれば
病気の元になる湿気で、もし父が
生きていれば、聞いてみたい。なんの
役に立つと思う?ただしいやり方かな?僕は
悪はものの中には決してないと思う、と言いたい。


(訳者妄言)
ジョヴァンニ・ラボーニの詩。詩集 A tantto caro sangue (1988)から。ラボーニは1932年、ミラノ生まれ。法学部を卒業するが、文学活動に携わる。出版者や雑誌、新聞の仕事、劇評などをしている。フランス文学の翻訳、アポリネール、ボードレール、フロベール、ラシーヌ、プルーストの『失われた時を求めて』全訳などがある。

1966年詩人として Le case della Vetra でデビュー。ラボーニの詩は、英語圏の詩人T.S.エリオットやパウンドの影響を受けている。

原文は

Di tutto questo
non c'è più niente (o forse qualcosa
s'indovina, c'è ancora qualche strada
acciottolata a mezzo, un'osteria).
Qui, diceva mio padre, conveniva
venirci col coltello...Eh sì, il Naviglio
è a due passi, la nebbia era più forte
prima che lo coprissero... Ma quello
che hanno fatto, distruggere le case,
distruggere quartieri, qui e altrove,
a cosa serve? Il male non era
lì dentro, nelle scale, nei cortili,
nel ballatoi, lì semmai c'era umido
da prendersi un malanno, Se mio padre
fosse vivo, chiederei anche a lui: ti sembra
che serva? è il modo? A me sembra che il male
non è mai nelle cose, gli direi.

この詩は初出は1963年であるが、1988年 A tanto caro sangue に収められる際に、大きな変更をくわえた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

Giovanni Giudici: Tempo libero

             自由時間

夕飯の後、愛し、そして眠る
これが一番容易な道:勝手に
胃も働く、たとえワインが重くても。
君は回転し、果てはうわごとを言う。

でも誰が君を感じよう?ーー彼女は君以上に眠りこけ
明日のいつものまやかしに向かって旅している
7時の目覚まし、げっぷ、数滴の
ーまた始まりだー苦いエスプレッソ。

{訳者妄言)
ジョヴァンニ・ジュディチの詩。詩集 La vita in versi (1965) から。日常生活を誇張をまじえずに淡々と書いている。

原文は、

Dopo cenato amare, poi dormire,
questa è la via più facile: va da sé
lo stomaco anche se il vino era un po' grosso.
Ti giri, al massimo straparli.

Ma chi ti sente? --lei dorme più di te,
viaggia verso domani a un vecchio inganno:
la sveglia sulle sette, un rutto, un goccettino
--e tutto ricomincia--amaro di caffè.

2行目、5行目、8行目の sé、te, caffèが韻を踏んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Giovanni Giudici: Una sera come tante

          沢山の夜と似た一夜

沢山の夜と似た一夜、あらためて
われわれはここで、あとどれくらいかわからないが、
7階で、いつもの喚声のあと
子供たちは眠りにつき、
子犬も眠り、子犬のうんちを
また書斎で発見した。
君は犬を新聞でたたき、鳴き声を論評する。

沢山の夜と似た一夜、僕の手つかずの
決意は、見かけは、長年かわらず、
いや、むしろより明確に、具体的になる。
キリスト教的詩を書き、そこで
司祭の教育が僕のなかの少年を破壊したことを示す。
一日最低二時間だった、
善意はたくさん、時には嘘もあった。

沢山の夜と似た一夜(死ぬまでにあと幾つ
こんな夜があるのだろう)で、何ものにも誘惑されず
つまり眠りにも、酒の欲望にも
肩にのるむなしい不安にも
また勤めの不満にもそそのかされず、
僕はもう一度問う、知りたいのだ、
いつか疲れが減り、幻想が

救済の古い希望になるなら。
あるいは僕の賤しい身体で僕は当然のこと
他のすべての人の運命を苦しむ、俗な
文学ではなく、頂点で折れる人生
徳も若さもなく。
僕らは明日はより単純な人生を送れるのだろうか?
我らの現在の苦しみには終わりがあるのだろうか?

生きていようが死んでいようが無関係、
もし我らが歴史のない私人
であるなら、新聞の読者、テレビの
視聴者、サービスの利用者であるなら。
我らは大勢で、多くの間違いを犯し、
われわれの悪徳を多くの人とともに考慮にいれる、
われわれをここで無防備にするこの灰色の無邪気では

なくて。ここでは悪は容易で善は到達しがたい。
僕を疲弊させ、そして微笑みあるいは、こうだったらという仮定
で満たされる未来への郷愁!
何年前から、満ちた川を見ていないのだろう?
いつからこの臆病のうちに身を守り
衝突することなくお行儀よくしているのだろう?
いつから恐れが善という名前になってしまったのだろう?

沢山の夜と似た一夜、僕のいつもの嘘は
言う: 明日、明日...僕らの明日は
以前からすでに昨日になっているのを知りながら。
真実はもっとずっと単純なたちを求める。
静かな専制君主は笑い、知っている:
僕を、ずっと下る道にならぶ臣下のなかに数えている。
中途半端な忠誠より、裏切るほうにずっと名誉はある。

{訳者妄言)
ジョヴァンニ・ジュディチの詩。詩集 La vita in versi (1965) から。ジョヴァンニ・ジュディチは1924年、ラスぺーツィアの生まれ。

ローマ大学の文学部を卒業後、政治やジャーナリズムに携わる。イヴレアに移住し、オリヴェッティ社で働く。ついでトリノ、ミラノにうつり、ジャーナリスト、エッセイストとして活躍。パウンドやフロスト、シルヴィア・プラスといった英語圏の詩人の詩や、プーシキンの『エヴゲーニー・オネ−ギン』」を翻訳している。

詩人および語り手は、カトリック教育をうけながら、マルクシズムを信奉しており、消費社会のなかで疎外感を味わっている。

原文は、

Una sera come tante, e nuovamente
noi qui, chissà per quanto ancora, al nostro
settimo piano, dopo i soliti urli
i bambini si sono addormentati,
e dorme anche il cucciolo i cui escrementti
un'altra volta nello studio abbiamo trovati.
Lo batti col giornale, i suioi guaìti commenti.

Una sera come tante, e i miei proponimenti
intatti, in apparenza, come anni
or sono, anni più concreti:
scrivere versi cristiani in cui si mostri
che mi distrusse ragazzo l'educazione dei preti;
due ore almeno ogni giorno per me;
basta con la bontà, qualche volta mentire.

Una sera come tante (quante ne resta a morire
di sere comee questa?) e non tentato da nulla,
dico dal sonno, dalla voglia di bere,
o dall'angoscia futile che mi prendeva alle spalle,
né dalle mie impiegatizie frustrazioni:
mi ridomando, vorrei sapere,
se un giorno sarò meno stanco, se illusioni

siano le antiche speranze della salvezza;
o se nel mio corpo vile io soffra naturalmente
la sorte di ogni altro, non volgare
letteratura ma vita che si piega al suo vertice,
sednza né più virtù né giovinezza.
Potremo avere domani una vita più semplice?
Ha un fine il nostro subire il presente?

Ma che si viva o si muoia è indifferente,
se private persone senza storia
siamo, lettori di giornali, spettatori
televisivi, utenti di servizi:
dovremmo essere in molti, sbagliare in molti,
in compagnia di molti sommare i nostri vizi,
non queesta grigia innocenza che ineermi ci tiene

qui, dove il male è facile e inarrivabile il bene.
È nostalgia di futuro che mi estenua,
ma poi d'un sorriso si appaga o di un come-se-fosse!
Da quanti anni non vedo un fiume in piena?
Da quanto in questa viltà ci assicura
la nostra disciplina senza percosse?
Da quanto ha nome bontà la paura?

Una sera come tante, ed è la mia vecchia impostura
che dice: domani, domani...pur sapendo
chee il nostro domani era già ieri da sempre.
La verità chiedeva assai più semplici tempre.
Ride il tranquillo despota che lo sa:
mi calcola fra i suoi lungo la strada che scendo.
C'è più onore in tradire che in esser fedeli a metà.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »