« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月18日 (火)

モンターレ:《Nuove stanze》

      新しい部屋

君の仕草で、最後の煙草がクリスタルの
皿で消えた後、天井にゆっくりと
螺旋の煙が上り、
チェスのビショップと馬が

呆然とみつめる;新たな輪が
それに続くが、君の指輪より
よく動く。

塔と橋を空で解放した
蜃気楼は、最初の一息で

消えた;見えていない
窓が開き、煙が揺れ動く。そこの奥で

別の群れが蠢く。これが君の香煙なのを
知らぬ男たちの夜宴、
チェスボードにおいて、君だけが
その意味を築くことが出来るのだ。

かつての僕の疑いは、ひょっとして
君自身が、四角の上で展開するゲームを
無視しているのではないかということだったが、いまや君の戸口に大群がいる。
死の狂気は、たやすくは鎮まらない、

たとえ君の視線の閃光がわずかだとしても
偶然の神が居合わせて、君に濃密な幕を
こしらえるが、それを越えて別の火を要求する。

今日、僕は君の求めるものが判る。マルティネッラの鐘は
そのかすかな音を打ち、万年雪の青く怪しい
光のなかで、象牙の輪郭を
恐れさせる。歩(ポーン)どもを盲目にする
燃える鏡に君とともにうつり、

君の鋼鉄の眼差しに立ち向かえる者が
抵抗し、孤独な徹夜の
賞を獲得する。
         
            

(訳者妄言)

モンターレの第二詩集Le occasioni (1928-1939) から。

原文は、

 

Nuove stanze

Poi che gli ultimi fili di tobacco
al tuo gesto si spengono nel piatto
di cristallo, al soffitto lenta sale
la spirale del fumo
che gli Alfieri e i cavalla degli scacchi
gua
rdano stupefatti; e nuovi anelli
la
seguono, piu’ mobile di quelli
delle tue dita.

La morgana che in cielo liberava
torri e ponti e’ sparita
al primo soffio; s’apre la finestra

non vista e il fumo s’agita. La’ in fondo,
altro stormo si muove: una tregenda
d’uomini che non sa questo tuo incense,
nella scachiera di cui puoi tu sola
comporre il senso.

Il mio dubbio d’un tempo era se forse
tu stessa ignori il giuoco che si svolge
sul quadrato e ora e’ nembo alle tue porte:

follia di morte non si placa a poco
prezzo, se poco e’ il lampo deltuo sguardo,
ma domanda altri fuochi, oltre le fitte
cortine che per te fomenta il dio
del caso, quando assiste.

Oggi so cio’ che vuoi; batte il suo fioco
tocco la Martinella ed impaura
le sagome d’avorio in una luce
spettrale di nevaio. Ma resiste

e vince il premio della solitaria
veglia chi puo’ con te allo specchio ustorio
che accieca le pedine opporre i tuoi
occhi d’acciaio.

 

4つの連(strofe)からなる11音節の詩。ただし4行目と10行目は7音節(settenari.

マルティネッラの鐘(第4連):フィレンツェのパラッツォ・ヴェッキオの鐘で、戦争のときに鳴らされる。

この詩には、タイプ稿と印刷された版ばあるので、両者のヴァリアンテ(異文)を、以下に記す(E.Montale, L'Opera in versi, a cura di R.Bettarini e di G.Contini, Einaudi, Torino 1980, pp.932-933).

第一連
1行

印刷版                 

Poi che gli ultimi fili di tabacco 
タイプ稿
Poi che i biondi fili del tabacco

 
3-4行
印刷版
al soffitto lenta sale         
la spirale del fumo            
タイプ稿

al soffitto sale un fumo

e modula spirali

第3連
17行

印刷版
Il mio dubbio d'un tempo era se forse
タイプ稿
Pensavo un di' che forse
24行

印刷版
del caso, quando assiste

タイプ稿
del caso, se t'assiste
27-28行

印刷版
le sagome d'avorio in una luce

spettrale di nevaio.                

タイプ稿

le sagome d'avorio in una fine
sferzata dal rovaio.

以下の註釈は、主としてRomano Luperini 著 Il dialogo e il conflitto の第8章《Nuove stanze》e l'allegorismo umanistico di Montale によるが、煩雑を避けいちいちは断らない。

ジャンフランコ・コンティーニへの手紙から判断すると、この詩は1939年5月に書かれたと考えられる。

6-8行
印刷版
guardano stupefatti; e nuovi anelli ,
la seguono, piu' mobili di quelli      

delle tue dita.                              

タイプ稿

guardano stupefatti:larghi anelli

piu' bizzarri di quelli che risplendono

alle tue dita

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »