2006年6月22日 (木)

「カルティエ現代美術財団コレクション展」

Photo_24 Photo_25       

メンディーニの《プルーストの安楽椅子》

カルティエ現代美術財団コレクション展を見た(江東区、東京都現代美術館、7月2日まで)。

インスタレーション作品が中心。その場では気づかなかったが、帰ってきて印象に残ったものを想起してみると、音または音楽が伴っている作品が多い。それが、私という観察者の偏差によるものか、一般的にそうなのかは、判別しがたい。

印象に残ったものをいくつかあげると、デニス・オッペンハイムの《テーブル・ピース》。18メートルもあるとても細長いテーブルが黒から白へとグラデーションに塗られていて、両端には、黒い人形と白い人形が座っており、その前にマイクが置かれている。

実際には、複数のスピーカがテーブルの下に設置され、二人が意味不明の言葉のような音を発しているのだが、これは、明らかに現代音楽のミニマル・ミュージックの影響を受けている。二人の発する音が似ていて、少しずつずれて、もわれのような現象を起こすのである。

それが不思議な感覚を呼び起こす。

ナン・ゴールディンの《性的依存のバラード》1979ー1995年。684点の画像によるスライド・プロジェクション、サウンドトラック。いかにも現代のアメリカの性を剥き出しに、生々しく想起させるイメージが、テーマごとに、音楽にのって繰り出される。テーマは、ドラッグであったり、売春であったり、同性愛、エイズ、死であったりする。音楽は、ポップスであったり、イタリアのカンツォーネであったりするので、作者のテーマへの思いが伝わりやすい。

20世紀の芸術は、テーマが複雑なものが多いので、せめて作者のある種の視点、こだわりが、読み取れるように構成されていないと、単に思いつきだけとか、独りよがりのようにも受け取れてしまう危険がある。

映像が次々に繰り出されると、一枚では舌足らずな場合でも、連続するイメージによって、こちらの心に多面体が形成されて、何となく、伝わるものがある。何となく、というといい加減のようだが、おそらく作者もそれを単一に限定しようとは願っておらず、受け手によって、異なることを望んでいるのではないだろうか。

音の無いもので面白かったもの。

アレッサンドロ・メンディーニの《小さなカテドラル》。高さ5メートルほどの小さな聖堂である。モザイク調。意味不明あるいは難解風なものが多いなかで、明らかに教会にしか見えない建物を造っているところが、面白い。インスタレーションしてもイタリア人は、きわめて保守的なのだなあ、と感心した。

メンディーニのもう一つの作品《プルーストの安楽椅子》も誰がどこから見ても椅子である。大きさは3メートルで、通常の椅子としては巨大であるが。

松井えり菜の《えびちり大好き!》は、楽しい作品であった。158×126,5cmのカンヴァスに目をつむって、えびちりにうっとりとする、ほとんど醜いとも言えるデフォルメされた、しかし恍惚とした表情の巨大な顔が描かれている。聖人にかかっている光輪のように、光る文字の輪が頭上にかかっている。「こんにちは、まつい えりなです。いちがつようかうまれのえーがたです。えびちりだいすき!なおかやまけ」(作者は岡山県出身)と書いてある。ユーモアと造形力に富み、しかも西洋美術の古典を踏まえているところがニクイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

ミンモ・イョーディチェ写真展

Photo_20 Jodice Jodice_2

「ミンモ・イョーディチェ写真展ー地中海の神話」を見た(九段下、イタリア文化会館、6月25日まで、入場無料)。

新しくなったイタリア文化会館に行って、イョーディチェの写真を見た。文化会館は、外観が鮮やかな赤で、それが赤すぎるかどうかが議論になっているのを、以前に新聞などで見た。

自分の眼でも確かめようと見たわけだが、僕個人としては、意外に落ち着いた赤だな、という印象である。色彩観は個人差があるし、また、時代によっても好まれる色が変わったりするだろう。

イョーディチェ展は、40点ほどの白黒写真が一階に展示されていた。被写体が、神話的なもので、まさに「地中海の神話」というタイトルにふさわしい内容である。

それをライティングや、被写体の一部分だけが止まっていて、まわりには動きを出したりしていて、その彫像、遺跡が眼に飛び込んでくる感じである。

あたかも、その彫像や、遺跡の発見に立ち会っているかのような感覚を一瞬もつ。白黒であることも、時間を超越した感覚に一役かっているだろう。

古代彫刻のまなざしと向き合っていると、こういう写真になるのだろうか。写真家の技巧うんぬんの前に、被写体の存在感の強さにうたれる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

「ポンペイの輝き」展

Photo_14 Photo_15

「ポンペイの輝きー古代ローマ都市 最後の日」展を見た(渋谷、Bunkamura ザ・ミュージアム、6月25日まで)。

ポンペイだけでなく、エルコラーノ、オプロンティス、テルツィーニョ、ポンペイと分けて、展示がなされていた。

ポンペイは、ヴェスヴィオ山の東南に位置し、いうまでもなく、もっとも有名な遺跡であるが、エルコラーノ(ヴェスヴィオの西南、海ぎわ)、オプロンティス(ヴェスヴィオのほぼ南)、テルツィーニョ(東)にも、それぞれ興味深い発掘品がある。

今回の展示では、人が集団で埋もれていた様子を再現していたのが目新しい。エルコラーノの人々は、海岸の船倉庫に集団で避難していたのだが、そこへ熱の灰雲(サージ)が襲った。熱雲は400度にも達していた可能性があり、通り過ぎたあとには、1,5メートルの火山灰が堆積した。

その人々が折り重なるようにして亡くなった時の様が、発掘時の再現という形で展示されていた。

また、剣闘士が闘技場に入場するときに身につける兜、肩当ては、初めて見た。兜には、ローマの擬人化された像が浮き彫りになっており、肩当てにも、胸像が浮き彫りになっていた。実際に戦うときには、もっとシンプルな兜、肩当てを着用したのだそうだ。

文字入りの壁画「居酒屋の場面を表わした壁画」も面白かった。ある客が水を「ここにもってきてくれ」というと隣の客は「いや、私だ」と反駁する。すると、給仕の女性は、「欲しい人が飲みなさい」といっている。

他にも、さいころ遊びをしていて、出た目が3ではなく2だったなどと言って争っている場面もある。

宝飾品も、立派なものから、普及品と思われるものまで、多様なものが見られた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)