2018年12月 3日 (月)

『音楽祭の社会史ーザルツブルク・フェスティヴァル』

スティーヴン・ギャラップ著城戸朋子・小木曾俊夫訳『音楽祭の社会史ーザルツブルク・フェスティヴァル』(法政大学出版局)を読んだ。

新刊ではない。1993年に出た本だから25年ほど前の本ということになる。原著は A History of the Salzburg Festival  で1987年に出たもの。日本版のために終章とエピローグが書き加えられた。
だから、この本で扱っているのは、ザルツブルク音楽祭(これは通称であって、Salzburger Festspiele は、音楽だけでなく、演劇も盛んに上演されている)が1920年に誕生するまでの経緯から、1989年にザルツブルク音楽祭を取り仕切っていたカラヤンが死んで、ジェラール・モルティエに受け継がれるところまでを扱っている。
社会史というタイトルだが、実際に読んだ印象としては、個人的には伝記を読んだ感じに近い。対象が個人ではなくて、フェスティヴァルであるということ、また、そのフェスティヴァルは一生を終えたわけではなくて、現在進行中というところが大きく異なってはいるけれども。
ザルツブルク音楽祭は、創設者に演出家のマックス・ラインハルトや劇作家のフーゴー・フォン・ホフマンスタールがいることからわかるように最初から演劇と音楽の両方を上演・演奏することを考えて創設されたのである。また、実際に始まった1920年を考えて見ると想像できようが、オーストリアが第一次大戦によって帝国ではなくなり相対的に小さな領土となったが文化的な誇りを示す狙いがあった。
実際面では、この音楽祭だけではないのだが、ヴィーンとザルツブルクの主導権争いがしばしば事態を複雑化させる。
初期の音楽祭では、ヴィーン国立歌劇場の出し物を持ってくることはあったし、オケはヴィーンフィルであった。初期の頃から課題はいくつかあった。
演劇も重要な柱なのだが、外国からくる観客には言葉の壁がある。言葉がわからなくても受けるような演出にすると地元の評論家には不評となる。1920年代から、すでにアメリカの金持ちが重要なお客であったのだ。
オペラや管弦楽のコンサートにおいても課題はあった。モーツァルトのポピュラーなオペラはすぐにチケットが売り切れとなるが、20世紀オペラは切符が売れ残り、赤字となる。ザルツブルクの観客の保守性である。
1930年代になると、隣国ドイツのナチの脅威が迫ってきて、ザルツブルク音楽祭がオーストリア独立のシンボル、自由のシンボルとみなされ、逆にナチから目の敵視される。
その対立は、1938年のアンシュロス、オーストリア併合で終わる。オーストリアは併合された訳だが、ナチ歓迎派も驚くほど多かった。ザルツブルクで併合に関する住民投票が実施された時、反対票は1%に満たなかったのだ。
このあたり、オーストリアの政党事情や、州知事がどう振る舞ったかなど詳細な叙述があり興味深い。州知事レールはこのフェスティバルにずっと大いに貢献してきたのだが、併合後は逮捕され、終戦時、ベルリンの監獄から出てきたのである。
現在とは違ってこの時代は、指揮者が音楽祭で君臨している。
トスカニーニが君臨した時期、フルトヴェングラーが君臨した時期、カラヤンが君臨した時代、それぞれの専制君主ぶりがどのようなもので、ライバル関係がどうなっていたかも詳述され、なるほどなるほどである。
理論的な本としてではなく、英米人が得意な伝記の対象がフェスティヴァルになったと思って読むと、興味深いところが尽きない、というか読む人の興味によって面白い部分が変わってくるだろう。昔は、どこのバール、レストランが劇場関係者の溜まり場であったとか、誰々の屋敷が社交の場であったといったことも具体的かつ詳しく書かれている。
ずっと読んでいくと、ドイツ人とオーストリア人の気質というか振る舞い方の違いもうかがえてくる。ドイツ人は良くも悪くも徹底的で、オーストリア人は対立を解決するときに、臭いものには蓋的なパターンもありなのだ。
最近でもなぜ『イェーダーマン』というお芝居を毎年上演するかがわかった。創設者ゆかりの作品であったのだ。
オペラ上演に関しても、興味深い情報は沢山あったが、1つだけあげると、1951年の『ヴォツェック』上演が物議をかもした点だ。州議会でも激しい論争が爆発したというのである。『ヴォツェック』の初演が1925年であったことを思うと実に意外であったが、結局4回の上演がなされ、評論家の支持は受けたが、座席は40%の売れ行きで大赤字だったという。ベームの指揮だったにもかかわらず、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

『宗教改革とその時代』その3

『宗教改革とその時代』の続き(3)です。

宗教改革の広がり
フランスではカトリックとカルヴァン派の争いが内乱に。カルヴァン派はアンリ4世のもとで「ナントの勅令」により宗教上の寛容を獲得するが、17世紀後半にはルイ14世のもとで再び信仰の自由を失う。
北欧の宗教改革
 スウェーデンとデンマークの宗教改革は国家形成と密接。デンマークとスウェーデン、ノルウェーはもともとカルマル同盟のもとで同一の君主をいただく連合王国だった。16世紀に強力な王権をめざすデンマークのクリスティアン2世(在1513-23)が即位。スウェーデンの貴族層の反発を招き、スウェーデンは1523年有力貴族グスタフ・ヴァーサのもとで独立。クリスティアン2世の王権強化の努力は、地元でも反発を招き、叔父のシュレスヴィヒ・ホルスタイン公フリードリヒがデンマーク王に。
シュレスヴィヒ・ホルスタインの教会はすでにルター派だったので、ルター派はデンマーク全体をルター派にしようとする。しかしフリードリヒの死後、カトリック教会が巻き返しをはかり内乱に。フリードリヒの子フリードリヒ3世(在1534−59)は司教制度を廃止、教会財産没収。こうしてデンマークの教会はルター派の国家教会となる。
一方スウェーデンの王グスタフは国庫が空っぽであることに気づく。教会財産を狙う。貴族層の反感かうが、1560年代までにルター派の支配下に。30年戦争の際も、グスタフは領土的野心をもちつつ、プロテスタンティズムの旗をかかげ参戦。
東欧の宗教改革
東欧の貴族はグーツヘルシャフトという農奴制にもとづく大農場を持っていた。
ベーメン(ボヘミア)ではフス派教会の影響力が強く、反カトリック的であったが、宗教改革がドイツ人の手によってもたらされたため、民族主義的抵抗を引き起こした。
ハンガリーを例外として東欧では宗教改革はあまり進まず。
ベーメンの王位をめぐるハプスブルク家とプロテスタント君主の争いが30年戦争。
カトリック宗教改革
教皇パウルス3世(在1534-49)は改革派。1537年「教会改革に関する勧告」
トレント公会議ではトマス・アクィナスを中心としてさまざまな知的伝統が論争を繰り広げた。教皇パウルス4世(在1550−55)は異端に対する呵責ない戦いを開始。
イグナティウス・ロヨラは1527年パリでルターの思想にふれたが感じず。1540年改革派枢機卿コンタリーニの支持を得て、イエズス会の創建が認められる。イエズス会の活動は海外が有名だが、ヨーロッパこそ戦いの本拠地で、ポーランドや南ドイツは彼らの活躍によりカトリック支配下に戻った。
まとめ
プロテスタンティズムを生き延びさせたのは、主権国家の出現という世俗的契機であり、神学的要素ではない。むしろ、主権国家を1つの宗教によって統合する国家教会を作り出す結果になった。だからプロテスタンティズムと進歩とは何の関係もない。
北米ではプロテスタントはネイティブ・アメリカンを人間として認めず殺戮を、神の摂理のもとに正当化した。アパルトヘイトの南アフリカ共和国はカルヴァン派の子孫たち。現在はカトリックとプロテスタント諸教会の間に敵意はない。めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

『宗教改革とその時代」その2

小泉徹著『宗教改革とその時代』の続きです。

ルターの95箇条に先立つ40年間に主権国家が出現した。イギリスではバラ戦争ののちテューダー朝(1485-1603)が成立。ドイツでは領邦単位の統合が進んだ。

 主権国家や領邦と、普遍的(国家を横断した組織である)教会が対立することはままあった。だからルターをザクセン選帝侯フリードリヒがかくまったのは偶然ではない。

 イングランドのヘンリ8世もプロテスタンティズムの神学の細部 には何の関心もなかった。エリザベスもそうで、自国内にローマ・カトリック教会から独立した国家教会を作ることが目的だった。

 カトリック教会から離れると、王権と教皇の権威が離れるので、王権神授説が必要になる。

 イギリスにおけるカトリックの差別は、統治の問題。カトリック神学を信じているのがいけないのではなく、国家教会の儀式に参加しないのがいけないとされた。イギリスではカトリックは1829年まで市民権を剥奪されていた。

 イングランドには1530年には800の修道院があったが1540年には全て解散して(させられて)しまった。修道院の解散は修道院の土地・財産を目当てにしているわけだが、主権国家は恒常的に財政難だったので、ここに目をつけたのはイングランドだけではなく大陸でも同様だった。

 宗教改革以前、民衆は異教に起源を持つ祭り(クリスマスやイースター)も楽しんでいた。が、プロテスタントはそれを攻撃。イングランドでは17世紀には宗教的演劇も絶えた。プロテスタントの一部には「安息日厳守主義」があって、教会での宴会や社交を禁じ、さらには居酒屋の営業も禁じたのでイングランドには「陰鬱な日曜日」が到来した。

(以下続く)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

『宗教改革とその時代』

小泉徹著『宗教改革とその時代』(山川出版社、世界史リブレット)を読んだ。

非常に面白かった。面白かったし、蒙を啓かれたのは、われわれは(あるいはわれわれが中高で受けた教育は)ある種の進歩史観に支配されたものだったということに気付かされたことだ。この点は後述する。
教科書では、宗教改革はルターの「95ヶ条の論題」(1517年)からアウクスブルクの宗教和議(1555年)やイギリスのエリザベス1世の「礼拝統一法」で終わる。
しかし小泉によれば、これは宗教改革の入り口に過ぎず、宗教改革はずっと長く続くのだ。
またプロテスタントというとルターとなりがちだが、実際にはカルヴァンやその後継者テオドール・ベーズの影響力が及ぶ領域の方が広かった。
宗教改革の時期は短くとっても1517ー1648年。その政治的背景としてはハプスブルク帝国の興亡がある。ハプスブルク家にとって最大の敵はフランス王のヴァロワ家。
30年戦争には2つの対立項がある。1つはカトリック対プロテスタントで、もう1つはハプスブルク家とフランス王位を継承したブルボン家の対立である。
宗教的対立の背景には思想的対立がある。救済に関する伝統的考え方の1つが「
積善説」で善行を積むと天国に行ける。それに対しルターは、救済は人間の善行や功徳ではなくて、「神の愛」であるとした。カルヴァンはそれを一歩進め、裁く神によって救済があるかどうかは神があらかじめ決める予定説をとった。
プロテスタントの立場に立ちながら、人間には神の救済を拒絶する自由があると説いたのがアルミニウス。アルミニウス主義は、イギリスではカトリック的なものとして受け取られたが、本来は人文主義的伝統がプロテスタンティズムの中に再来したものと考えられる。
(以下次項)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナタリア・ギンズブルグ著『小さな徳』

ナタリア・ギンズブルグ著白崎容子訳『小さな徳』(河出書房新社)を読んだ。

この本は「須賀敦子の本棚」(池澤夏樹監修)の1冊だ。つまり須賀敦子にとって、とても重要な本であったということ。
それは一旦置いておくとして、この本は1部と2部に分かれているのだが、1部は無条件に面白い。冒頭の「アブルッツォの冬」ではファシズム時代に一家が流刑にあい、流刑者の家族の日常が淡々と描かれ、しかし流刑の実情を知らなかった評者は、流刑というのは普通に家族で暮らしていること、それどころかお手伝いさんを雇ったりもしていることに驚いた。無論、トリノという大都会からアブルッツォの小さな村にやってくればかつてあったもので無いものだらけになって不自由もするのだが、住めば都で土地の人の風習や料理にも慣れて行く。それが描かれたあとで、「あの頃こそが、私の人生の、何ものにも代えがたい最高の時だったのだ」とくる。アブルッツォからローマに出た夫はレジスタンス活動で逮捕され獄死してしまうからだ。淡々とした筆致が逆に、読者に迫ってくる。
ギンズブルク独特のユーモアというかアイロニーもふんだんにあり、それは彼女のイギリス人観察に現れている。
イギリスの民度の高さ、隣人への敬意を讃えながら、女性店員は Can I help you? と言っても口先だけで、「客が買いたいものを探すために、視線を鼻先2センチ以上先には伸ばそうともしないのだ」といった調子。
パヴェーゼがいつまでも大きな子どもだったという愛情に満ちた苦言も味わい深い。
第二部は、複雑な味わいである。ギンズブルグは自分の価値観、世界観を明らかにして親の世代を否定し、独特の金銭感覚や、文筆業という仕事についての考え、経験を開陳する。貴重な証言であるが、その考え、感覚は、極めてリアリズムに傾斜しており、たとえば19世紀のオペラのような大言壮語的レトリックは大嫌いなのだ。多分そのストイックな感じが須賀敦子のエッセイにも通じる気がする。
訳者と池澤夏樹の解説付き。丁寧な訳注が付されており、時代背景やギンズブルグの家族関係を理解する助けになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

『スペインのユダヤ人』

関哲行著『スペインのユダヤ人』(山川出版社、世界史リブレット)を読んだ。

新刊ではないが、非常に興味深かった。漠然とスペインが両カトリック王によって統一された1490年代にユダヤ人追放令が出たのだと思っていたのだが、それは一片の事実としては正しいが全体像としては正しく認識していなかった。
つまり、スペインにおいては中世からヨーロッパの中でユダヤ人の数が多かった。 スペインのユダヤ人はセファルディームと呼ばれ、ドイツを中心としたユダヤ人はアシュケナジームと呼ばれた。セファルディームの中からは出世して宮廷ユダヤ人となるものも出た。
11世紀末のムラービト朝、ムワッヒド朝では反ユダヤ政策が取られる。
各都市におけるユダヤ人はアルハマと呼ばれる自治組織を持っていた。
14−15世紀にキリスト教徒のユダヤ人観が根本的に変わった。それまでユダヤ人は理性的手段でいつの日かキリスト教に改宗する「潜在的キリスト教徒」と見なされていた。ところが14−15世紀になると高利貸しや徴税請負によってキリスト教徒を収奪する非道なユダヤ人のイメージが浸透。
14世紀末から大規模な反ユダヤ運動があり、コンベルソ(改宗者)を産んだ。
コンベルソには心からの改宗者と表向きの改宗者と両者の間で揺れ動く改宗者がおり、キリスト教徒、ユダヤ教徒、コンベルソの間には複雑な相互不信があった。
1492年のスペインからのユダヤ人追放令により、イスタンブルが世界最大のユダヤ人居住区となる。
コンベルソの中に内部的な相互不信、緊張があったが、フェルナンド・デ・ロハスの『ラ・セレスティーナ』やマテオ・アレマンのピカレスク小説にはその内面的緊張が反映されている。ロハスの父は異端審問裁判で火刑にされている。
バロック美術で有名なサンタ・テレサ(聖女)は、その祖父が有罪判決を受けたコンベルソだった。火刑とされたのではなくて微罪で教会と「和解」したのだった。
血の純潔規約というものがあって、3代−4代遡ってユダヤ人やイスラム教徒がいると排除されるという規則が各地で採用されたが、これが黄金世紀のスペイン演劇を代表するローぺ・デ・ベーガの演劇で名誉が中心テーマとなるのに深く関与している。
以上挙げたように、ユダヤ人およびコンベルソをめぐる問題は、スペイン文学と深く関わっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

『悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト』

浦久俊彦著『悪魔と呼ばれたヴァイオリニストーパガニーニ伝』(新潮新書、760円)を読んだ。

パガニーニについてはヴァイオリンの超絶技巧の持ち主だったという一般常識と、彼の作った曲を聴いて音楽的にはあんまりなあ、というのがこれまでの評者の極めて貧困なパガニーニ経験であった。
この本を読むと、パガニーニが自分のパフォーマンスをどうプロモートしたか、どうやって演奏会をオーガナイズしたか、などがわかるし、当時の人がどんな具合に熱狂したのかもわかる。
音楽家として、ロッシーニやベルリオーズとは親しくしていて、ロッシーニは『マティルデ・ディ・シャブラン』の初演で予定していた指揮者が具合が悪くなり急遽パガニーニに指揮を依頼しているのだ。また、パガニーニが長年求めていたストラディヴァリウスのヴィオラを入手した時に、それに向けた曲を依頼してベルリオーズが作ったのが『イタリアのハロルド』だった(ただしパガニーニは気に入らなかった)などというエピソードが紹介されている。
若い時に美男子で女性にモテたというのはリストと同じだな、などと思うが、時間的にはパガニーニが先。ただし、パガニーニはとても病弱で後半生は病魔との戦いに明け暮れている。当時の治療法も下剤を大量に用いたり、水銀を使用したりと、今から思えばむしろ身体に悪い治療をしているのだ。
当然のことながら、パガニーニはヴァイオリンをはじめとする弦楽器に関心があり、ストラディヴァリウスを何台も持っていたのだが、本人の使用楽器はグァルネリのカノーネというのも興味深いエピソードだ。
カトリック教会との確執もなかなかに根深いものがあり、死後すぐには埋葬許可が出ず、彼の遺骸は放浪を繰り返す。
単にヴァイオリンが超絶的に上手な色男というのでは全くないパガニーニ像を得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

『ヘンデルが駆け抜けた時代』

三ヶ尻正著『ヘンデルが駆け抜けた時代ー政治・外交・音楽ビジネス』(春秋社)を読んだ。大変興味深い本だ。興味深いでは足りず、衝撃的とも言える本で、人によってはヘンデルに対する見方ががらっと変わるかもしれない。 


評者の場合は、ヘンデル協会での三ヶ尻氏のレクチャーを数回聴いたことがあり、また、ヘンデル協会主催のオペラ講演会を観て、彼の主張のあらましというか、方向性をすでに知っていたため、衝撃というのとは異なるが、あらためてインパクトを感じる本であった。

著者の主張はきわめて明快で、

1.ヘンデルのオペラはすべて政治がらみである。その時の政治問題を、寓意的に論じているわけだが、観客はそれを敏感に感じ取ってオペラを享受していた

2.ヘンデルのイタリアでの修行時代は、スペイン継承戦争でオーストリアにつくかフランスにつくかがイタリア半島の諸国の抱えた問題で、ヘンデルはオラトリオであれ、オペラであれ、こちらにつくべきだという主張をストーリーに盛り込んでいる

3.イギリスに渡ってからは、ジョージ1世(周知の如くドイツのハノーファーから来た)が正統な王なのか、それとも先代の王家に血縁的には近い人達こそが正統な王となるべきなのか(ジャコバイト派の主張)が大きな政治問題だったが、ヘンデルは現王家を正統とするオペラも、ジャコバイト的オペラも両方作っており、今で言えば電通のような広告会社的にイベントを企画・製作する作曲家だったのだ。

 

三ヶ尻氏が言うようにオペラはそもそも王族・貴族が自分の子供の結婚祝賀のために製作を依頼するなど、政治・外交と切り離せないイベントだった。その政治性は、形を変えながらも脈々と続いたというわけだ。

 

作品を1つ1つ切り離して、いわば唯美主義的に作品を独立した存在として捉えると見えてこない構図があるものだと強く感じる。

 

個々のオペラの解釈について、どの人物がどの国を表象しているかなどは、別の解釈が可能な場合もあるかもしれない。しかし、そもそもこういう政治的なコンテクストと作品を重ねて見る見方が、当時は当然だったのだという点を徹底しているところに三ヶ尻氏の主張の一貫性がある。

《メサイア》は初演はダブリンでロンドンではなく、歌詞を書いたジェニングズはジャコバイト派なのだが、その連関についても本書では明快に述べられている。

曲の政治的意味の解釈については先に述べたとおり、三ヶ尻氏の解釈と異なる解釈が可能な場合もあるだろうし、どうしてそう解釈するのかについては当時の政治情勢を含めさらに詳細な記述がほしいところもあるが、そうなると183ページというコンパクトなサイズではなく数百ページの大部なものとなるだろう。そういうものを書いて欲しいと強く思った。

ヘンデルのオペラを考える際にパラダイムの転換を迫る本であった。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

『ケンタウロスのポロス』

ロベルト・ピウミーニ著・長野徹訳『ケンタウロスのポロス』(岩波書店、1800円)を読んだ。

ケンタウロスというのは、あのギリシア神話の上半身が人間で下半身が馬のケンタウロスで、その中のポロスというケンタウロスが主人公。彼の住むところにある日ヘラクレスがやってくる。ポロスはフレンドリーに受け入れるが周りのケンタウロスたちはヘラクレスを恫喝し逆に叩きのめされて、死んでしまうものも出る。
その結果、ポロスは群れの中にいづらくなり、長老の賢者の忠告に従い旅に出る。その旅の物語が本体と言って良いのだが、その中にはメデアやアマゾン族(アマゾネス)などギリシア神話の登場人物が出てくる。
ポロスの冒険は山あり谷ありで、面白いし、ケンタウロス以外の種族との関わりが次々に出てくる。異種族間の交流のむずかしさがあり、しかし、ポロスはその困難を1つ1つ解決していく。
イリーネという少女との出会い、ヘラクレスとの再会もあり、ポロスは最終的にはケンタウロスの住むところに帰ってくる。
一般には少年少女向けの本という扱いかもしれないが、大人が読んでも面白いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

イタリア語で読むウンベルト・エーコの『いいなづけ』

ウンベルト・エーコ著白崎容子訳・解説『イタリア語で読むウンベルト・エーコの『いいなづけ』』(NHK出版、1900円)を読んだ。

複雑なタイトルなので言わずもがなの説明をしておくと、『いいなづけ』はもちろん、アレッサンドロ・マンゾーニの古典。イタリアでも最も有名な小説である。ただし、これは長い長い小説なので、エーコが少年少女向けに要約した版の翻訳である。エーコの要約は、エーコによる作品へのコメントがところどころに入り、最後にはエーコからマンゾーニに対する究極の質問まであって単なる通り一遍の要約ではない。
さらに、この本の構成として、エーコの文章が日伊対訳になっていて、丁寧な語注がついているのだが、それだけではなく、章ごとに訳者白崎容子氏によるマンゾーニとエーコ版の相違や時代背景に関する解説・説明があって、マンゾーニ作品に対する二段構え、三段構えの噛み砕いた解説書となっている。エーコは現代イタリア語で書いているので、読み物として楽しみながら語学を学ぶという目的にも使えるし、てっとり早く『いいなづけ』のあらすじを知りたいという人にも役立つと思う。
エーコの文章をマルコ・ズバラッリ氏が朗読したものがダウン・ロード出来るようになっている。
これをきっかけにマンゾーニの『いいなづけ』を読んでみる人が増えるといいと思う。原作もナレーションの仕掛けが面白いし、この小説を読むことは、イタリア人やイタリア理解にとって欠かせないと思うし、小説の味わいとして、善悪優劣ではなく、イギリス小説などとは違った味わいを持つと思うからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧