2018年3月 2日 (金)

チェンバロ・リサイタル

Mahan Esfahani のチェンバロ・リサイタルを聴いた(カールスルーエ、クリストゥス教会)。

もともとはバロック・バイオリンのリサイタルの予定だったのだが、奏者の怪我のため、急遽チェンバロ・リサイタルに変更された。バイオリンでNichola Matteis, バッハの無伴奏、Heinrich Ignaz Franz Biber といった大まかに言えばヘンデルの同時代人の作品をバロックバイオリンで聞く(特にバッハは例えばグリュミオーのようなモダン・バイオリンの演奏とどう違うのか)のを楽しみにしていたのだが、怪我とあってはやむをえない。
Mahan Esfahani はテヘラン生まれで、英米で教育を受けた若手のチェンバリスト。最初はギボンズ(1583-1625)の Pavan。モンテヴェルディと同時代人になるわけだ。次のバッハと比較するとずっと音の数は少ないシンプルな組み立てである。次はJ.S.バッハのイギリス組曲4番BWV809. バッハの音の多さ、装飾音の多さ、装飾音が繰り返されつつ音階を上っていったり下がっていったりしてメロディと分離しがたいこと、左手もやはり和音を鳴らしつつ音階を上がり下がりしてどこまでが伴奏、どこまでがメロディとは切り離しがたいことを確認。ロマン派以降の音楽に比べて立体的、構築的であり、かつ豊穣で、ほとんど過剰なまでに華麗、壮麗でゴージャスな音が押し寄せてくるのであった。
Esfahaniは早めのテンポでグイグイ攻めるタイプ。チェンバロの強みだが曲の途中でレジスター(ストップ)を用いて音色を変化させられる。会場は教会で蓋も開けてあるので、華やかに反響がこだまするので音量に不満はない。音色を残響を多い方に持って行くか、スタッカート気味の方に持って行くか、またその中間かで音色が変化していく。
次は予定を変更してJiri Antonin Benda (1722-1795) のソナタ5(1757)。バッハやヘンデルとハイドンの中間。対位法的な部分はあるのだが、それが本格的に発展する前に断片で終わる感じ。そして再びバッハで、トッカータ BWV 912.  この曲は途中で何度も曲想が大きく変わる。それを空中分解させずに1つにまとめる技量に今更ながら感嘆する。
最後はラモー(1683-1764)の新組曲。有名な鶏の曲が含まれている。Esfahaniはこの曲をエレガントには弾かない。どんどんと前へ前へとのめりそうなくらいに弾き進める。その結果、普段ならラモーにほとんどロココ的な優雅さを感じたりするのだが、彼がバッハと同時代人であることを認識させられるような曲の印象を受けた。言ってしまえば無骨なラモーなのだが、そこで新たに見えてくるラモー像があり、これはこれで収穫だった。
 満場の拍手に応え、アンコールはまず、パーセルのグラウンドハ短調。彼はクロフト作と言う説もあるが、クロフトでなくパーセルだと確信していると言う意味のことを述べて弾いた。パーセルは1659-1695年なのでヘンデルやバッハの直前の世代ということになろう。そして最後がドメニコ・スカルラッティ。左右の手が忙しく交錯し、まるでリストを弾いているような名人芸でエクサイティングであった。
Esfahani の演奏は単に名人芸のひけらかしではなく、バロック時代のチェンバロをめぐる音楽言語がどういうものであったかのパースペクティヴを与えてくれるものだった。1時間半強で、休憩は無しの充実した時間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

ヘンデル・ゾリステン・コンサート

ドイツ・ヘンデル・ゾリステンのコンサートを聴いた(カールスルーエ)。

指揮はリナルド・アレッサンドリーニ。CDで彼の指揮を聞いてはいたが、実演は初めて。彼の指揮はリズムがスイングするときには腕全体と胴体がスイングし、対位法が用いられているところでは右腕と左腕が交互に大きく揺れて、指揮する姿自体から音楽の形が読み取れる。
曲は、ヘンデルの時代を多角的に捉えようと意図が感じられる。前半は、Georg Muffat (1653-1794)のArmonico tributo, Sonate No5 (1682), Francesco Geminiani (1687-1762) の Concerto grosso, e-Moll, op.3 no3 (1733), Arcangelo Corelli (1653-1713) の Concerto grosso D-dur, op.6 no1 (1712)。Moffat のものはやや単調で、ジェミニアーニの曲が、ヴィヴァルディの四季を思わせるところもあり、さらに前衛的な響き、曲調の大胆な変化があって面白かった。
後半はヘンデルの世俗オラトリオ『アポロとダフネ』(1712)。バロック時代の作曲家にはありがちなことだが、他のヘンデルのオペラで聞き覚えのある曲(『デイダミア』かと思ったが自信がない)がオーケストレーションは違うが出てきた。コンサート形式なので、演技や舞台装置はない。声楽が入ると、コンチェルト・グロッソとは違いストーリー性が出てくることはわかるが、オペラまではいかない。ヘンデルもいろいろな形の音楽を書いたものだと改めて思った次第。ヘンデルのオラトリオでは前半からオーボエやファゴットが加わり、オーケストレーションもカラフルであった。オーケストラの人数は20数名で、ヘンデルの時は30名前後だったように思う。このサイズのオケはヘンデルやバロックにはとても好ましい。リュートやテオルボが出てくるともっと人数が少なくても良いのかもと思うことすらある。テオルボはチェンバロと同時に演奏することが多いのだが、他の楽器も同時だとなかなか音を拾いにくいのである。
演奏のレベルは高いと思った。歌手はアポッロを歌ったバスバリトンのアンドレアス・ヴォルフが大変良かった。声がしっかり出ているだけでなく、歌詞をしっかり把握してそれを伝えるテクニックが確かで安心して音楽に浸っていられる。ダフネのソプラノ歌手レベッカ・ボットーネは名前からするとイタリア系なのかもしれないがイギリス人でやや発音が甘いところがあった。
全体としては、大いに満足したコンサートであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

333HBS 記念シンポジウム

「333HBS 記念シンポジウム」に行ってきた。6人のスピーカーがいたのだが、どなたのものも大変興味深く、得るところの多い充実したシンポジウムであった(飯田橋、ナチュラック)。

1時半からの開始よりやや早く着いたのだが、会場は満員に近い。
そうそう、HBSというのは、ヘンデル、バッハ、スカルラッティの略で、今年2018年は彼らの生誕333年に当たるのです。3人とも1785年生まれ。
まずは金澤正剛氏の基調講演。格調高くしかし堅苦しくない調子で、年表を見ながら、3人のキャラクターの違いを解説。結論だけ言えば、J.S.バッハはルター教会の音楽家であり、ヘンデルはあらゆる分野で活躍し、単なる作曲家というよりプロモーターを兼ねていた。ドメニコ・スカルラッティは鍵盤曲が名高いがオペラやオラトリオも書いている。バッハとスカルラッティは生前は演奏家として名高かった。
福島康晴氏は、スカルラッティの「10声のスターバト・マーテル」をとりあげて、曲による拍子の変化および全体の構成、各曲の調性または和音(調性というほどはっきりしないが、どういう和音で終わるか)を説明したうえで、スターバト・マーテルの歌詞と音楽フィグールの解説をしてくれた。たとえば Catabasisという音楽フィグールは下降を強調する旋律の形象。「涙して(lacrimosa)」というところに、ソーファミレーソという下降するフレーズが次々と声部を変えて
歌われる。それはちょうど涙がいくすじも流れ落ちる様と照応しているというわけである。なるほど、なるほどであった。
山田高誌氏は、「ドメーニコ・スカルラッティのもう一つの顔」。まず、スカルラッティの受容が他の2人と異なり、人々から忘却された時期がなかったこと、これまでの出版楽譜や研究の概要を示し、メタスタージオ台本の世俗カンタータをとりあげた。この中にはpene を苦しみとペニスの二重の意味、そしてあるフレーズの繰り返しの後に跳躍があるところは愛の頂点を示しているのではないか、という解釈を示した。福島氏のいうフィグールの世俗版ということになろうか。
渡邊順生氏はタンゲンテンフリューゲルという楽器をとりあげた。これは、チェンバロからピアノへの過渡期の楽器で、ハンマーが木でその木の部分にフェルトなどがつかずに露出したまま弦をたたく。模型も持ってきてくれたのであとで実際に触ってというかキーをたたいて弦をたたくシステムが実感できてよかった。報告は、このタンゲンテンフリューゲルをバッハが知っていた可能性がある、というものであった。上野学園は1803年頃製造されたタンゲンテンフリューゲルを所蔵しており、渡邊氏がこれを弾いた「チェンバロとピアノの狭間で」というCDがある。J.S.バッハ、C.P.E.バッハ、ハイドン、モーツァルトの曲が録音されている。実際、独特の音色である。
三ヶ尻正は「新しいヘンデル像:政治・外交と音楽ビジネス」。三ヶ尻氏は、ヘンデル協会でのレクチャーやヘンデル協会が上演するヘンデルのオペラのパンフレットでもこれまで主張されておられるように、ヘンデルのオペラは、音楽ビジネスであると同時に、政治的なメッセージを含んだものであることが多い、場合によっては政治的なプロパガンダであるということだ。一番わかりやすい例は、ヘンデルがいた時代、ジョージ1世はドイツのハノーヴァからやってきたわけだが、ステュアート朝の子孫でわれこそは正当な王と称する人たちがいた(僭王)。ヘンデルは王党派のオペラも書くし、僭王側に立ったオペラ(追放された王や騎士がなんらかの形で戻ってくる)も書く。これはヘンデルは広告代理店のような役回りを演じているというのが三ヶ尻氏の主張である。話が大掛かりであるから、テクストの細部を論じる場合と異なり、どの時点で証明が完了するのかの判断は聞き手にとっても難しいわけだが、論点としてはきわめて有意義かつ興味深いものだと思う。作品の中身や細部も重要であることは言うまでもないが、オペラを誰がどうプロデュースしているのか、誰がパトロンになっているかも同様に重要なことは明らかだ。
加藤拓未氏は「歴史の中でとらえるバッハの受難曲」。今回始めて知ったのだが、同時代のテレマンは受難曲を53曲も作曲しているのである。また受難曲は大掛かりな曲なので、都市によって演奏回数が全然違う。当時はハンブルクが栄えていて、受難曲の演奏回数も断然多く、バッハのいたライプツィヒとは大きく異る。こういった事情をバッハの息子エマヌエルがテレマンの孫にあてた手紙の読解から説きすすめるもので大いに蒙をひらかれた。
全体として、大変充実したシンポジウムであったが、これからもヘンデル・バッハ・スカルラッティ生誕333年記念祭の行事は、多くの演奏会(レクチャー付きのものもある)などがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

バリトンという楽器

バリトンといえば通常はある音域の歌手をさすが、最近テレ

ビでヴィオラ・ダ・ガンバの一種であるバリトンという楽器

を見た。

 

これは、イタリア語ではヴィオラ・ディ・ボルドーネという

らしい。

 

テレビというのは、NHKのドイツ語番組で、旅するドイツ

語という。2016年度からイタリア語もスペイン語も旅する

〇〇語という風にタイトルが変わったのである。タイトルの

変化に応じて、それぞれの語学の地に行ってオールロケにな

っている。旅するドイツ語の場合は、ヴィーン及びその周辺

の町が舞台なのだが、その中で、エスターハージ宮殿が紹介

され、その宮殿を建て、ハイドンの雇い主であったエスター

ハージ侯爵に言及があった。調べてみると、ドイツ語だとエ

スターハージでハンガリー語だとエステルハージのようだ。

 

名前もドイツ語ではニコラウスだしハンガリーだとミクロ

ーシュ。この侯爵がバリトンという楽器が好きで、ハイドン

は彼のために約160もの曲を作った。

バリトンはヴィオラダ・ガンバに似ていて床につけずに膝

に抱えて弾くが、棹(ネック)の裏に共鳴弦があるところが

大きく異なる。表の弦を弾きながら、裏の弦をはじいてもよ

いのだ。共鳴するので表の弦だけ弾いた時にも音色、響きは

独特である。

興味を持って4枚組のCDを買ってみた。ほとんどがヴィオ

ラ、チェロとのトリオ(三重奏)なのだが、中には八重奏の

曲もある。また、トリオには主題がキラキラ星を用いている

曲もあった。曲は概ね親しいもの同士の打ち解けた会話とい

った風情で、激しく攻めるような曲ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

《冥土の飛脚》

文楽の《冥土の飛脚》を観た(国立劇場)。

作者は近松門左衛門。文楽の場合、オペラと異なり、一作の全部を上演することはむしろ稀で、通して上演するときは通し狂言とわざわざ断るほどで、今回も淡路町の段、封印切の段、道行相合かご、が演じられた。
梅川忠兵衛という飛脚屋の若旦那が遊女梅川にいれあげ店の金を使い込み、破滅の道へという文楽にはままある話。淡路町の段とあるが、東京の淡路町ではありません。忠兵衛は、友人に渡すはずの金をごまかし遊女の身請けの金の一部にあててしまう。忠兵衛が三百両を持って取引先に届けようか、色街へ行こうか迷う場面が見せ所。金を「おいてくれう、いてのけう」と何度も繰り返す。置いてこようか、(色街へ)行ってしまおうか、という意味であろう。義太夫の台詞回しが見事。封印切の段は、場面が廓。忠兵衛は、見栄っぱりで、金があるところを見せようとして、金貨の封を切ってしまう。
道行きは、駆け落ちの場面。形式的には身請けの金を払ったものの横領した金であることはいつかバレる。二人は死を覚悟で、忠兵衛の故郷へ向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

『近代ヨーロッパとキリスト教 カトリシズムの社会史』

『近代ヨーロッパとキリスト教  カトリシズムの社会史』(勁草書房、4500円)を読んでいる。

編者が中野智世、前田更子、渡邊千秋、尾崎修治(敬称略)の4人。この本は、序で中野氏が書いているように、日本では、西欧近代というと宗教の役割は大きく後退したと思いがちであるが、実際に各国でどのように機能したのかを、極めて具体的な事例に即して論述した本である。
特にカトリック信仰が中心に据えられている。つまり、日本では、プロテスタンティズムの誕生とともに、カトリック教会やカトリシズムへの関心が薄れてしまいがちなのだ。
最近の研究では、カトリシズムをナショナル・アイデンティティーを妨げる敵とみなす見方は19世紀的なものであるという見直しが進んでいるとのこと。
つまりカトリックと近代の関わりは無視できないほど重要なのだ。
例えば第1章、前田更子氏の「神のいる学校 19世紀フランスにおける女性教師の養成」では
○1880年代に一連の政策で公教育が世俗化されるまで、宗教的雰囲気に満ちていた
○3共和制以前は、公立校でも「道徳・宗教」は初等学校の筆頭科目で公教要理に加え、聖史や聖歌を習った。
○フランス革命期に閉鎖に追い込まれた女性修道会を復活させたのはナポレオンである。
○1800〜20年にフランスでは二十の女子修道会が認可されている。1820年〜60年には年平均6団体というペースで女子修道会の認可ラッシュが起こる
こういった具体的なデータに基づき公教育の教員のなり手は女子修道会出身者出会ったことが明らかにされるし、またそれは何故だったかが論じられる。
第7章、尾崎修治氏の「世紀転換期ドイツの赤い司祭 H.ブラウンスとカトリック労働運動」では、第一次大戦後のヴァイマル共和国では、労働者の保護、生活保障、権利の拡大が実施されたが、その時の労働大臣ハインリヒ・ブラウンスはカトリックの司祭だった!彼は8年に渡って社会保障制度の確立に取り組んだのである。
 その背景には、ドイツの西部の工業地帯では、工場労働者を支援する赤い司祭が誕生したこと。その誕生の理由として、工場労働者が信仰を喪失するのではという危機感があったことなどが説明される。つまり労働運動を牽引したのは社会民主党だけではなく、カトリック労働運動もあったということなのだ。
 本の中ではブラウンスの生い立ちから丁寧に説き明かされている。
第10章、村上信一郎氏の「マフィアとカトリック 犯罪と悔悛」も興味深い。20世紀半ばのマフィアの活動の性質の変化、1980年代まではカトリック教会の高位聖職者がマフィアの実態を把握しておらず、シチリア的心性と捉えていたことなどが語られる。
 マフィアの基本的な性格が説明され、マフィアのボスが信心深いことが数々の具体例を伴って明らかにされる。シチリアの司祭がマフィアに対する強い指導力を発揮できなかった理由の1つとして村上氏はスペイン・ブルボン朝支配下のシチリア王国やナポリ王国の教会制度をあげている。イタリア語で chiesa ricettizia と呼ばれるが適当な訳語がなく、氏は在地世襲聖職者任命権を受託された教会としており、その本質は私有教会で、地域の有力家族や地域共同体が教会を建立する一方、その家族ないし共同体が司祭の地位を世襲するものだった。
 ここにとりあげたのは、ほんの一部にすぎないが近代以降の西欧社会とカトリック教会・信仰との関係を、さまざまなトピックをとりあげて論じた本であり、貴重な視座を与えてくれるものと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

イングランド銀行博物館

イングランド銀行博物館に行った(ロンドン)。

この博物館は、イングランド銀行に接するようにある。子供にも大人にも中央銀行の果たす役割の理解を助けるいろいろな仕組みがある。はっきりここで述べられているのは、イングランド銀行はインフレ2%を目指していること。日銀の黒田総裁と同じなんだなあと感慨を持ったが、ただし異なるのは、何年間でというタームを決めているわけではないことだ。
イングランド銀行が18世紀前半にできた経緯や、金本位制(だった)のことや、ビデオやアニメもあって理解を助けてくれる。また、イングランド銀行が発行してきた金貨、銀貨やお札も展示されている。
18世紀といえばヘンデルなのだが、実はヘンデルはイングランド銀行に投資していたのだ。ヘンデルの銀行との関わりも1つの展示ケースを設けて解説がしてある。思えば、ヘンデルもロンドンでオペラを作って興行していたわけだが、現在では傑作と言われているものが、必ずしも興行として当たったわけではなく、当たったり、当たらなかったりなのだ。王からは年金をもらっていたものの、老後に備えて?投資をしていたのだろう(ヘンデルには妻子がいなかった)。ヘンデルのオペラ興行のあたりはずれは、ホグウッドの書いた伝記に詳しいが、イングランド銀行への投資はある研究会の報告で知った。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

フリーメーソンのグランド・ロッジ

フリーメーソンのグランド・ロッジを訪れた(ロンドン)。

ここには図書館と博物館があり、またガイド付きツアーもあるのでそれに参加し、建物というか神殿(temple)の見学をし、細かな説明を受けた。
フリーメーソンに興味があるのは、イギリスで18世紀前半(1717年)生まれたフリーメーソンが瞬く間にヨーロッパに広がり、モーツァルト、ハイドン、皇帝ヨーゼフ2世、その他ヴィーンの多くの貴族がフリーメーソンだったことだ。
特に、モーツァルトのオペラ《魔笛》が、フリーメーソンの思想が織り込まれているというのはずっと言われていることなのだが、しかしながら、どこがどうそうなのかは、なかなか納得がいかないというか、わかったと云う感じが持てないでおり、自分にとって継続中のテーマの1つなのである。
フリーメーソンは秘密結社ということが強調され、それは間違いではないが誤解を招く面もあって、有名なメンバーがわかっているし、フリーメーソン側もそれを認めている。イギリス王室などは代々、フリーメーソンのメンバーが多い。バッキンガム・パレスにもフリーメーソンのマークの入った部屋があるくらいだ。
テンプルは立派だが、どこか教会にも似ている。キリスト像や十字架に関するものがないのが決定的な違いであろう。ただしソロモン王とか旧約聖書の人物が描かれていることは少なくないのだ。
なかなか興味ふかい場所であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Foundling Museum

The Foundling Museum を訪れた(ロンドン)。

Foundling というのは捨て子というような意味で、18世紀にトマス・コーラムという人が捨て子を引き取る施設を作ったのである。それが今は、チャリティーとなっているが、施設は博物館となっている。
18世紀には、75%の子供は5歳以下で死んでいた、というような事実から始まって、子供をめぐる状況が展示されている。
この施設の創設者はトマス・コーラムなのだが、それに手を貸した人物に、ウィリアム・ホガーズ(画家、版画家)や作曲家のヘンデル(ハンデル)がいるのだ。
この建物はもともとはFoundling Hospital と呼ばれていて、1954年まで活動を続けていたl
創建当時、ホガースは、当時の画家たちに呼びかけて、絵を寄付させ、ここがイギリスで最初のパブリックなギャラリーとなった。
ヘンデルはオルガンと、毎年当HospitalのChapel で催されたメサイアの収益金を寄贈した。
最上階にはヘンデル関係の展示もあるし、さらにはここにはGerald Coke Handel Collection というヘンデルの資料のコレクションもあって、こちらは前もって連絡する必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

ブルームズベリー

ブルームズベリーの人間関係にについてある本で読んだ(Literary London by

Eloise Millar & Sam Jordison)
この本によると、ヴァネッサ・ベル(作家ヴァージニア・ウルフの姉)は、クライブ・ベルと結婚していたが、オープン・マリッジを選択し、娘アンジェリカは17歳になってあなたのお父さんはダンカン・グラントだと言われた。
 
このアンジェリカは、デイヴィッド・ガーネットという男と結婚するのだが、デイヴィッドはダンカン・グラントの恋人だったのである。うーん、父の元カレか。
ダンカン・グラントは、ケインズ(あの経済学者)とも、デイヴィッド・ガーネットとも、ヴァネッサ・ベルとも親密だったわけである。バイセクシュアルだったわけですね。
このグループにはヴィクトリア朝の人々の伝記を書いたリットン・ストレイチーもいるわけだが、彼はケインズ、ダンカン・グラントと恋愛関係にあったという。
さらにここにはオットライン・モレルという貴族の夫人もいて、D.H.ロレンスやバートランド・ラッセルと親密だったのだ。
もともとブルームズべりー・グループのパーティはフォーマルで堅苦しかったのだが、ある日リットン・ストレイチーがヴァネッサ・ベルに、ドレスの染みは精液かいと尋ね、一瞬凍りつく沈黙の後、皆が爆笑した。これで遠慮や気兼ねが一気になくなったとヴァージニア・ウルフは書いている。そこからは、男色(者)という言葉が口に登るのも時間はかからなかった。
ウルフの小説だけを読んでいるとなかなかわからない状況である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧