« ラッファエーレ・ペのリサイタル | トップページ | 《リゴレット》 »

2021年10月22日 (金)

I soliti ignoti

イタリアのテレビ番組の話である。I soliti ignoti というのは、もともとはマリオ・モニチェッリの映画のタイトル(1958)だが、それを借りているわけだ。

8人の一般人が出てきて、タレントが彼ら・彼女らの職業を当てる。

1人ずつ出てきて、8つあげられている職業の中のどれであるかを当てるのだが、各人は呼ばれると名前と年齢と出身地および現在の居住地を言う。服装でいかにもスポーツ選手だったり、民族舞踊の踊り手だと分かる人もいる。ヒントが乏しい人もいる。8人中3人はヒント(indizzi)を要求できる。各人には賞金がかかっていて、ひと目でわかる人は安く、ちょっとやそっとでわからない人は10万ユーロなどとなっている。

外人である僕が見ていて面白いのは、男でも女でも年齢がはっきりわかることだ。芸能人などはプロのメークで年齢がわかりにくい。これに出てくる人は一般人で普通のメークで出てくる。知り合いになっても、なかなか正確な年齢は知らないことが多いので、実年齢がわかるのは端的に興味深い。また、こんな職業があるのか、という驚きもある。地方の特産品を栽培している人もいれば、免許更新の手続きをしている事務職の人もいる。

もっとも伝統的な常識的な職業ばかりではない。uomo orchestra という変わった言い方があって、まさかオーケストラ団員?いやそうではなくて、一人で12の楽器を特別な装置をつかって背負って演奏しわけるという芸人、などという場合もある。

特産品がかかわっている場合には、どこから来たというのがヒントになりうる。

タレントは8人の一般人の職業を当てたり、はずしたりしながら賞金を積み上げると、最後の難関が待っている。

最後の一般人の登場である。この人は、それまで出てきた8人の縁者(たいていは兄弟姉妹か親子)なのだが、何番目の人の縁者かを当てる。これも、何のヒントもなしなら賞金が2倍になり、多くのヒントを求めていくと候補を半分に減らしてくれるかわりに賞金が半分になったりする。目や鼻、口の形、途中で横顔も見せるので耳の形や横からみた鼻の形などいろいろな顔のパーツの特徴を見比べて当てるのだが、これが案外むずかしい。とりわけ、縁者同士が男女だとわかりにくい。理由は簡単で、女性は目および目のまわりに集中的に化粧をしているのが普通なので、素の感じがつかみにくい。逆に男はヒゲが濃いと口や口のまわりの感じがつかみにくい。目の色も一つの要素だが、兄弟姉妹で同じとは限らない。考えてみれば、父母の目の色が異なっていて、それぞれ別の側に似るという場合もあるからだ。

ただし興味深いのは、表情がかたまった状態で、これが兄弟、これが親子と思った二人が笑った途端に似ているということがままある。つまり顔のパーツは似ていないのだが、顔の表情筋の付き方が近いのである。しかし、それは答えが出てからなので時遅し。答えが明かされるまでは、最後の謎の人物は、そっけない表情をしたままなのである。

実に単純なクイズなのだが、逆に飽きない。

タレントが得た賞金は、小児病院やCovid19の後遺症を治療・研究している病院などに寄付される。番組中にこうした施設に寄付したい人はここに電話を、という案内もある。

エンターテイメント番組が、寄付行為と自然に結びついている。これは一年に一回の特別番組ではなく、毎日放送している番組である。

むろん、すべてのエンターテイメント番組でこういう寄付があるわけではないが。

 

|

« ラッファエーレ・ペのリサイタル | トップページ | 《リゴレット》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラッファエーレ・ペのリサイタル | トップページ | 《リゴレット》 »