« 映画『ソーレー太陽ー』 | トップページ | 映画『我らの父よ』 »

2021年5月24日 (月)

映画『憎むなかれ』

映画『憎むなかれ』(イタリア映画祭2021,マウロ・マンチーニ監督)をオンラインで観た。

オンラインで観るという場合、コンピュータで観るわけだが、iMac のようなデスクトップでもそこそこ低音は出るのだが、イアホン用のジャックからアンプにつないで普通のスピーカーに接続すると、格段に低音がよく出るようになる。アクティブ・スピーカーを接続した場合も同様である。映画や音楽を鑑賞する場合、出来れば小さくともよいのでスピーカーへの接続がおすすめです。

さてこの映画だが、舞台はトリエステで、あるユダヤ人医師と、ネオナチ一家がおもいがけぬところで出くわし、関わりを持つようになっていくなかで葛藤や事件が起こる。

ユダヤ人医師をアレッサンドロ・ガスマンが好演している。イタリアのネオナチの活動も描かれ、良くも悪くも印象的である。

ネオナチグループの家族の一員の女性とユダヤ人医師の交流が、様々な色合いのグラデーションで描かれる。時にかすかに甘く、ときに苦々しく。人種差別問題に安易な解決などないわけだが、この映画はわれわれにかすかな希望をあたえてくれるだろうか。

 

 

 

 

|

« 映画『ソーレー太陽ー』 | トップページ | 映画『我らの父よ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画『ソーレー太陽ー』 | トップページ | 映画『我らの父よ』 »