« 映画『私は隠れてしまいたかった』 | トップページ | PCR検査 »

2021年5月30日 (日)

映画『略奪者たち』

映画『略奪者たち』(イタリア映画祭2021,ピエトロ・カステリット監督)をオンラインで観た。ピエトロ・カステリットは、俳優セルジョ・科ステリットの息子。彼の監督第一作とのこと。

ブルジョワ一家と庶民的でファシストの一家との思いがけない出会いがあるのだが、事態はある事件から意外な展開を示す。

ブルジョワのパーティで見られる世代間対立は大きい。イタリア映画では庶民や犯罪者の迫力もさることながら、ブルジョワやインテリを演じる人の層も厚いことを感じる。無論、ブルジョワやインテリもまったく理想化されることはなく、時に思いっきり戯画化されて描かれている。

まったく社会階層や職業が異なる二家族だが、家族で集まり、おばあさんの誕生日をお祝いしたり、お見舞いしたりという点は共通している点もある。そこが興味深いのだった。

 

 

|

« 映画『私は隠れてしまいたかった』 | トップページ | PCR検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画『私は隠れてしまいたかった』 | トップページ | PCR検査 »