« 鹿島茂著『太陽王ルイ14世ーヴェルサイユの発明者』 | トップページ

2021年2月22日 (月)

『どこか、安心できる場所でー新しいイタリアの文学』

イタリア短編小説集『どこか、安心できる場所で』(関口英子、橋本勝雄、アンドレア・ラオス編)を読んだ。大変、面白かった。

未読の作家ばかりだったのだが、それもそのはず、編者の方針で2000年以降に発表され、実力はあるが、日本に紹介されていない作家を集めたのだ。男女もほぼ半々で、バックグラウンドも、例えば両親がソマリア出身だったり、ドイツ生まれで両親はポーランド系ユダヤ人だったり、ナタリア・ギンズブルクの孫であったり、シチリア生まれで現在はロンドンに在住だったりと、多様性に富んでいる。長さも10ページほどのものから40ページくらいのものまで、いろいろ。

両親が破綻寸前である男の子が夏キャンプ場に行って、管理人に父の代わりを求めるのだが。。。と言った物語もあれば、元麻薬中毒で、姉にも見捨てられた女性に突然訪れる高齢の男が。。。という物語もあるし、ファトゥとヴァレリオというミックス(異人種)カップルをめぐる物語もある。

読み進めるにつれて、ああ、これはイタリア映画祭の経験に似ていると思った。5月の連休に催される映画祭も、新作紹介で一人一作で次々に違う監督の映画を見ていく。しかも日本では有名な監督のものは比較的少なく、新しい監督との出会いがある。1作1作は、まったく別々のテーマを扱っているのだが、毎年10数本観ていると、なんとなくただ今現在のイタリアを生きるイタリアの人々の息づかいが感じられる。

こういう短編集も、出来れば毎年、あるいは1年おきか2年おきに出し続けてはもらえないものだろうか。

作家も13人紹介されているが、訳者も6人いて、なかなか贅沢な味わいの本である。

 

|

« 鹿島茂著『太陽王ルイ14世ーヴェルサイユの発明者』 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鹿島茂著『太陽王ルイ14世ーヴェルサイユの発明者』 | トップページ