« 『教皇たちのローマ』 | トップページ

2020年9月 8日 (火)

エリーザ・プリチェッリ・グエッラ著『紙の心』




エリーザ・プリチェッリ・グエッラ著長野徹訳『紙の心』(岩波書店)を読んだ。岩波も、ポップな表紙を出すのだなと思っていたら、この本はSTAMP  BOOKS というシリーズでティーンの喜びや悩みをつづった作品のシリーズだという。知らなかった。

ストーリーはダンとユーナという少年と少女が図書館で手紙をやりとりする(一度も相手の姿を見ないで)という書簡体小説である。書簡体小説は、18世紀のリチャードソンの『パミラ』の昔からあり、近代小説の歴史とともにあるといっても過言ではないだろう。手紙の往来というのは、この小説の場合、ダンとユーナの間に恋愛感情が芽生えるという点と、そもそも二人がいるのが謎めいた施設で、どうして二人はここに収容されているのか、という謎、この施設のどこにどんな秘密が隠されているか、という謎が絡みながら進み、ダンとその仲間がそれを探るべく冒険をするという仕掛けになっている。

手紙のやりとりだから、通常の小説の語り手はおらず、語り手の視点はそれぞれに限定されているわけだ。闇の中を二つの懐中電灯が照らし出すように次第に謎が明らかになったり、一つ謎が解けるとさらなる謎が出現したりする。

書簡体小説は、今でも現役で機能するのだということに感慨を覚えた。しかし考えてみれば、かつてコミュニケーションの手段として手紙はとても重要で、私の若いころには電話が幅をきかせていて手紙を書くことが極小化していたが、その後、インターネットの出現とともにメールを書くようになり、今では再び(電子)手紙を毎日書く(打つ)ようになっている。手紙は生きているのだ。ただし、この小説で出てくる手紙は、図書館である本の間にはさんで置く、という約束でやりとりされているので、紙に書かれた手紙なのです。だから紙の心。

 

|

« 『教皇たちのローマ』 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『教皇たちのローマ』 | トップページ