« 『ハプスブルク家の女たち』 | トップページ | 江村洋著『ハプスブルク家』 »

2020年1月22日 (水)

夢の実現展 と 甦るルネサンスの調べーレオナルドが生きた時代の音楽ー

レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年を記念した東京造形大学の展覧会と音楽会に行ってきた(代官山ヒルサイドフォーラム)。

場所は、代官山ヒルサイドテラスのF棟というところで、もう何十年かぶりに代官山という駅を降りた私は、お洒落なブティックが道の両脇にずらずら並んでいるのと、またその店舗が一般家屋を改装したような建物であることが多いのに目をみはった。代官山ヒルサイドテラスF棟というのも入り口からすぐのところはお店が入っていて、やや中に入ると展示コーナーがあるのだった。いわゆる一般の博物館、美術館ではない。

この展覧会も音楽会も無料なのである。

無料だから来たというわけではないのだが、1月5日から26日までの会期をこの場所を借りて、展示物を準備して、僕は残念ながら聞くことはできなかったがレクチャーやシンポジウムも複数やっている。これを企画、オーガナイズするのも大変なご苦労だと思うが、予算もどこから出たのかと率直に不思議に思う。西洋美術館などでもシンポジウムやレクチャーをやることがあるが、あちらは、1人1人の入場者から千五百円ー二千円くらいの入場料を取っているし、入場者の数も相当数にのぼる。オペラのことを普段から考えていると、文化的な事業というものも、芸術への情熱だけでなく、誰がスポンサーなりパトロンなのか、どうやってビジネスとして成り立つのかといったことも考えざるを得ないし、そういう観点から書かれた論考も少なくはない。

さて、はずは、展覧会を見たのだが、ここにはレオナルドの作品の実物が飾られているわけではない。そうではなくて、色々学術的な考察に基づいて、元々はこんな状態であったろうという状態に戻したものが写真というかデジタル加工して展示されている。例えば「ベルナルド・ベンチの肖像」であると、現存のものは、下3分の1くらいが欠けている。手の部分がないのだが、ここでは様々な資料をもとにどういう風に体の前で手の

ポーズを取っていたかが、これを復元して画像として展示している。モナリザなどもシワがとれており、出来立て、レオナルドの最晩年の状態が復元され展示されている。演奏会の方は、副題にあるようにレオナルドと同時代の作曲家の作品を中心に聞く。中にはレオナルドがつくった歌もあった。ただし、これはレオナルドが作詞に合わせてドレミファを埋め込んでいてそれをもとにメロディを探っていく感じだった。アントネッロの濱田芳通氏のリコーダー(何本かを持ち替えて使っていた)、阿部雅子氏のソプラノ、矢野薫氏のヴァージナルであった。ヴァージナルはレオナルド時代の(復刻?)ものであるとのことだった。演奏会が終わった後で、楽器に近寄ってみると、弦が横に張られているし、鍵盤も4オクターブ半くらいで小ぶりなのだった。

曲目は作者不詳のもの、ハインリッヒ・イザーク、ジョスカン・デ・プレ、クレマン・ジャヌカンなどだが、リコーダーの伴奏はおそらくは即興でかなり装飾音をつけ、リズムやテンポが生き生きとしていた。演奏前に池上英洋氏の解説が、演奏中は濱田氏の解説があり、鑑賞の助けに大いになった。これは酔っ払いの歌です、とか、これはエッチな歌なんですといった具合で、なかなかタイトルだけではそこまではわからないのだった。

 

 

|

« 『ハプスブルク家の女たち』 | トップページ | 江村洋著『ハプスブルク家』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ハプスブルク家の女たち』 | トップページ | 江村洋著『ハプスブルク家』 »