« 『カプリ島のレボリューション』 | トップページ | プーランク『人間の声』とメノッティ『電話』 »

2019年5月 3日 (金)

『幸せな感じ』

ヴァレリア・ゴリーノ監督の『幸せな感じ』を見た(イタリア映画祭・有楽町朝日ホール)。

兄弟の物語だ。兄エットレを演じるのはヴァレリオ・マスタンドレア。弟マッテオを演じるのはリッカルド・スカマルチョ。弟はゲイで、ビジネスで成功し、ローマで派手に暮らしている。兄は教師で家族がいるのだが、夫婦関係は破綻している。兄が重い病気になり、弟が兄を引き取って二人の暮らしが始まるという話。

弟は兄に病気の告知をせず、世話をし続けるし、いろいろなお膳立てをすることが兄の反発を招いたりする。

兄弟という関係のなにか根源的な不思議さが、死というテーマによってあぶりだされているような作品だった。

 

|

« 『カプリ島のレボリューション』 | トップページ | プーランク『人間の声』とメノッティ『電話』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『カプリ島のレボリューション』 | トップページ | プーランク『人間の声』とメノッティ『電話』 »