« 『アルマジロの予言』 | トップページ | 『ある日突然に』 »

2019年4月30日 (火)

『彼女は笑う』

マスタンドレア監督の『彼女は笑う』を見た(イタリア映画祭、有楽町朝日ホール)。

ヴァレリオ・マスタンドレアと言えば、俳優と思っていたが、この作品が長編としては初の監督作品だという。この作品の上映前に彼が以前に監督をした短編『3.87』が上映された。こちらは、労働災害、労働現場での死亡事故がテーマで、シュールなタッチだった。

『彼女は笑う』は、夫が工場で突然死んでしまった(事故死)女性が、その一週間後のお葬式をひかえ、なぜか泣けない、涙が出てこない、そのことで子供ブルーノからも責められる、という話。どう夫の死を受け入れるのか、喪という心の作業がどう進むのか、停滞するのかを描いた作品。そこに夫と夫の兄弟、その父の激しい葛藤が絡まっている。

途中で年配の女性が主人公カロリーナのところへやってきて、こういう時でもお化粧は大事よといってメイクしてくれるのだが、そこから彼女は片方の眼、左目だけが目がくっきりとし、右目がナチュラルなままというアンバランスな状態が持続する。これはおそらく、彼女の意識・無意識の乖離を示しているのだろう。悲しいはずだが、実際にはブロックされて涙がでてこない。感情レベルで悲嘆にくれることができない状態のメタファーになっている。

主演のキアラ・マルテジャーニが来日し質疑応答で語ったところでは、主人公に近いのは監督自身なのだという。監督が自分で一番演じたい人はカロリーナだった。

良し悪しの問題ではなく、身近な人の喪失に、すぐに涙する人もいれば、呆然として涙すらなかなか出てこない人もいるのだと思う。亡き夫の父は高齢なのだが、高齢者仲間の交流も地味にじっくりとすくいあげられている。息子ブルーノと同級生との交流もなかなかコミカルなものがあり、こうしてカロリーナをめぐる家族が多角的に描かれている。テーマとして軽くはないのだが、けっして重苦しくはない映画だ、少なくとも筆者はそう感じた。

|

« 『アルマジロの予言』 | トップページ | 『ある日突然に』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『アルマジロの予言』 | トップページ | 『ある日突然に』 »