« 2018年8月 | トップページ

2018年9月23日 (日)

マテウッツィのマスタークラス(4)

6人目はメゾソプラノのWさん。Mozart の《イドメネオ》からイダマンテのアリア'Il padre adorato' (愛しい父よ)。ここでは、喉が疲れている場合にどんな注意が必要なのかの話。曲に入る前に発声練習を入念にした。ハミングでの発声練習もあった。ミミミミミーという感じで歌うのだ。喉の調子が万全でないときは声を広げないで集める。声はマスケラから出す。ヴィヴラートをかける。

7人目はテノールのSさん。ドニゼッティの《Il duca d'Alba》のアリア 'Angelo casto e bel'.(清らかで美しい天使)。 ここでは息継ぎの仕方の指導。基本的には、しゃべるのと同じ。学生に歌わせたあとで、同じ歌詞を語らせ、それと同じように息継ぎをしないで歌ってみなさいとチャレンジさせた。すると息を大事にして歌うことになるので後半が柔らかい音になったのは見事な変化だった。

ここでも子音の指導は細かく、例えば hanno, fanno の n の二重子音を丁寧に出すようにとのこと。

また息を閉じ込めずに柔らかく歌うというのは、実際に歌ってもらうとよくわかるのだ。マテウッツィがお手本を示す時には、どこにも変な力が入らず、ストレスのない声の出方がどう言うものかが眼前に示される。何人かの学生は、緊張して肩やのどに力が入らないように、試しにここで歩きながら歌ってみるようにと指導があった 。動くことに気を取られ、肩や喉まわりの緊張がほぐれる人もいたし、歩いても緊張したままの人もいた。むずかしいものだ。

マスケラに当てると言うのも、指摘を受けた学生が何度も繰り返して、少し良くなったとか、大体オーケーとか先生に言われているのだが、そう言う変化を聞き、なおかつ先生のお手本を聞くと、ちゃんとマスケラに当たった音がどう言うもので、十分当たっていないとどう言う音・声かがわかるようになってきた気がする。

また何人かの学生が指摘されていたが、i の音の時に、声がくぐもってしまったりすると、すかさず i (キやミなども)も響かせてと言う指摘があり、たしかに、工夫するとイ行でも響く音・声は出るのだった。

マテウッツィが歌うと余計なストレスのかからない声・音が澄んだ響きかが良くわかる。これが基本で、劇的な表情をつける時にはパルランテ(語るように)なって良いわけである。マテウッツィの授業では基本が徹底的に叩き込まれる。

そういえば筆者は文学系であったが、大学院の授業でもひたすら大きな辞書の引き方を徹底的に学ぶような授業があって、それは修業みたいなものなのだけれど、後々役に立つのである。歌手の方々は発声が最重要なのは言うまでもないだろう。

長時間にわたる聴講であったが、興味は尽きなかった。気がつくのが遅く、1日しか聴講できなかったのが残念なくらいだ。

マテウッツィ先生やピアノ・通訳の高島理佐氏、学生、大学院生の皆様、国立音大の関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マテウッツィのマスタークラス(3)

マテウッツィのマスタークラスの続き。

午後の最初、今日の4人目はソプラノのOさん。Mozart の《コジ・ファン・トゥッティ》の'Una donna a quindici anni' (女性も15歳になったら)。デスピーナが婚約者のいる姉妹に自由恋愛をそそのかす軽妙洒脱なアリアだ。マテウッツィはデスピーナは'carattere molto, molto, molto...interessante' と言い、デスピーナのキャラを立たせることを強調。デスピーナのずる賢さをジェスチャーや顔の表情、歌のフレーズでの表情づけで表現するようにと。
 繰り返しになるが、perche の pの音に息が入らないようにという注意。前にも述べたがこれは多くの学生が注意を受けたところであり、語頭のみならず、音を伸ばした時にもそこに h が入っている、入ってはいけないという注意があるのだった。
 また、この歌でもレガートの指示をモーツァルトは1ページで16個も書き入れており、それは書いてある通りにしなければならない。モーツァルトはその手間もインク代も惜しまなかったのだから、という冗談とも教訓ともつかない説明まであった。
 ここでは途中からフィオルディリージとドラベッラ役の学生が参加して掛け合いをやったのだが、マテウッツィはこのやりとりは演技や間合いが大切だとして、実際にやって見せる。フィオルディリージやドラベッラが最初はデスピーナの言うことにとんでもない!とややブリッコなくらい大げさに拒絶反応を示しながら、ドラベッラは興味を示して行く。それを目の表情で示すべき、など。演技は実際に彼が女性を大げさなくらいはっきり演技して見せるので、よくわかるし、可笑しくてオーディエンスも笑ってしまう。これが《コジ》の楽しさだよと心で相槌を打つ。また、見事だったのは、3人ともマテウッツィの演技をすぐに取り入れて、最初とは演技、表情がぐんと変わるし、ドラマとして実に生き生きしてくるのだ。先生も偉いし、学生も優秀で、見ている方も嬉しい。一人で歌うアリアは音楽的な完成度を目指す方向に向かいがちだが、重唱でやりとりがあると、演劇的要素が浮かび上がってくる。それに音楽がどう絡むか、演技がどう絡むかが見どころ、聞かせどころだということを改めて認識した。
5人目はバリトンのSさん。曲はロッシーニの《セビリアの理髪師》のフィガロの’Largo al factotum'(俺は街の何でも屋)。ここでは母音をはっきり発音する指導。Largo al という時に、急いで発音すればラルゴのオと次のアルがくっついてしまいがちだが、ゴをはっきり出せという指示。また、息をまわすという指示も。これは口で言うとわかりにくいと思うが、息が頭の後ろの方に回すと言う感じなのである。フレーズが長くなって息を大事に使い回す時に、積極的に前から息を排出せず頭の後ろの方に回すと言う表現をしている。
 この曲の最後の 'della citta' デッラのラはロで構わないということだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マテウッツィのマスタークラス(2)

マテウッツィのマスタークラスの続編で個別のレッスンの様子を記す。

トップバッターはバリトンのKさん。ヴェルディの《ドン・カルロ》の 'Per me giunto'(終わりの日は来た)。 ロドリーゴが死を前にして、ドン・カルロに語りかける場面である。マテウッツィ(敬称略、以下同様)は自分が歌手であるからだろうが、学生の喉を細かく配慮する。無理な負担がかかる歌い方をすれば、喉を傷めてしまうというわけだ。Kさんの場合は、acuto (高音)はかぶせて歌い、低い方はかぶせずに開いて歌うようにという指示が出ていた。
 多くの学生に対して言っていたこととして、高音になったら母音は何でも良い。aと書いてあっても o や u で良いのだと。つまり'マーと歌うようになっていてもモーと歌って良いのだ。ただし、子音はしっかり出さないとダメだと言っていた。確かに、聞き手としても激しく納得。母音は頭で調整できるが、子音が聞き取れないと何という単語がとっさに思い浮かばない。だから例えば m  の音をきっちりと出すように何度もその場で繰り返させるのである。子音はマスケラに響かせる。
 また多くの学生にハミングで歌わせる。
 少し意外だったのは、学生に誰をCDなどで聞くかと尋ね、カプッチッリやブルゾン、さらにバスティアニーニの名前があがったのだが、マテウッツィはさらに遡ってガレッフィやベーキといったかなり昔の歌手をあげていた。彼らの歌に今でも聞くべき歌唱法があるという意味のことを言っていた。
 二番目はソプラノのKさん。モーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》の 'Mi tradi quell'alma ingrata' (あの人でなしは私を欺き)。この歌では徹底的にレガートにこだわって歌わせていた。マテウッツィは自分はレガートにこだわりが大きいのだと認めていたが、たしかにレガートを徹底するとフレーズの音楽的表情が変わるのを眼前で聞いて軽い驚きを感じた。
周知のようにエルヴィーラは怒りに燃えるところと、今だにドン・ジョヴァンニを思う気持ちが交互に入り乱れて現れるわけだが、その激しい感情を表すため特に子音 r (二重子音の場合もあり)を強調して歌うようにという指示。
 三番目もソプラノのKさん。モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》のドンナ・アンナの 'Non mi dir, bell'idol mio' (どんなにあなたを愛している行ことか)。ここでも子音の発音にはこだわっていた。多くの学生が注意されていたが、子音をはっきり発音しようとして h の音が入ってしまうことだった。例えば、O dio という時に、ディオの部分がディホのようになってしまう(もちろん、これは誇張して言っているのであって、強いて言えばということです、念のため)のはいけない。あるいは Che という時に強く発音しようとすると息が入ってしまいそうになるが、それは多くの学生にマテウッツィはダメ出しをしていた。イタリア語にhの音は一切ないのだ、だからそういう息の音は認められない、と言う。
 性格づけの問題で、ドンナ・アンナやドンナ・エルヴィーラのような貴婦人と、ツェルリーナや《フィガロ》のバルバリーナ、《コジ》のデスピーナのような侍女・召使いはキャラクターが違う(名前にもイーナという指小辞が付いている)。ここでも装飾音をレガートにという指摘。装飾音だけでなく同音を繰り返す時にも、区切りを入れるとバッハのようだと言い、レガートでポルタメントでと強調していた。魚の口という表現は何度も出てきて口はすぼめているが、喉は力が入らずに開いているという状態を求めることがよくあった。
ここで昼休み休憩となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マテウッツィのマスタークラス(1)

ウィリアム・マテウッツィのマスタークラスを聴講した(国立音大)。

今さらではあるが、国立音大は現在のキャンパスは玉川上水(モノレールまたは西武拝島線)が最寄り駅で、筆者はモノレールで行った。
 東京都は地下鉄がはりめぐらされた都心部は別として郊外は南北の移動が相対的には不便だ。線路は都心部に向かって(東西に)走るものが多い。
 このマスタークラスの存在は、知人がFacebook でアナウンスしているのを見て初めて知ったのだが、何年も前からやっているらしい。しかも一週間毎日長時間やっているのである。月曜日から金曜日までは10時45分から6時まで。土曜日が午前レッスンで午後公開マスタークラス。
 筆者は木曜日、まるまる聴講させていただいた。結論から言えば、個人的には非常に多くのことを学べ収穫が大きかった。
 レッスンは1人45分。午前3人で、昼食時間が入り、午後は2人レッスン、休憩ののちさらに2人で合計7人。長丁場である。それを毎日一週間やるのはすごいことだと思うが、逆に言うと、これは観客に見せるためのマスタークラスではなく、音大生(院生も含む)のためのマスタークラスなのだ。だから、ほとんどの人が1曲のアリア(レチタティーヴォを含む場合や、3人での掛け合い部分含む場合あり)を45分かけてじっくりと習う。発声に不具合が生じた場合、何度も何度も、繰り返して学生・院生にやらせる。マテウッツィの場合、自分が歌手なのでどうマスケラに響かせるのかを実演して見せるので実にわかりやすく、かつ納得がいく。
 マスケラというのは、仮面という意味があるように、口より上、鼻、目、額のあたりであるが、ここを響かせるようにと何度も指摘がある。しかしそこに注力して鼻声になりすぎてはいけないのだった。
 マテウッツィは当然イタリア語で語るのだが、ピアノ伴奏の高島理佐氏が的確に訳して学生(以後、大学院生も含めて学生と呼ぶ)に伝えてくださる。
 会場は、講堂の第一リハーサルというところなのだが、小ぶりの体育館くらいの広さで、さすが音大だと思ったのは、壁も天井も木で実に響木が良い。かつ、天井も壁も平面ではなく、例えば天井は4つの山ができる形でウネを作っている。壁も同様で、平らではなく、かつ1つおきに細かく孔のあいたパネルを配しているのだった。
 個別のレッスン内容は続きで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ