« 《イタリアの父》 | トップページ | 『ケンタウロスのポロス』 »

2018年6月 3日 (日)

《ティートとエイリアン》

パオラ・ランディ監督の《ティートとエイリアン》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

両親をなくしたイタリアの姉弟が、アメリカのネヴァダ州の砂漠で宇宙との交信を研究する叔父のところを尋ねていくという物語。
生者と死者の交流可能性が関わってくるので、このストーリー展開に気持ちがついていける人、いけない人が分かれるかもしれない。

|

« 《イタリアの父》 | トップページ | 『ケンタウロスのポロス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/66676619

この記事へのトラックバック一覧です: 《ティートとエイリアン》:

« 《イタリアの父》 | トップページ | 『ケンタウロスのポロス』 »