« 《侵入する女》 | トップページ | 《イタリアの父》 »

2018年6月 3日 (日)

《チャンブラにて》

ジョナス・カルピニャーノ監督の《チャンブラにて》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

ロマ(ジプシー)の少年ピオが主人公の物語で、南イタリアの南端カラブリア州が舞台で、ロマの集落と、地元のイタリア人、アフリカからの移民が様々な利害で絡んでいる。
ロマの少年は兄と父が逮捕され、危険な橋をわたりながら家族に収入をもたらすが、失敗も犯す。

|

« 《侵入する女》 | トップページ | 《イタリアの父》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/66673307

この記事へのトラックバック一覧です: 《チャンブラにて》:

« 《侵入する女》 | トップページ | 《イタリアの父》 »