« 2018年5月 | トップページ

2018年6月 4日 (月)

ルスティオーニ・マスタークラス その2

ルスティオーニ・マスタークラスの続きだが、2曲めはメルカダンテの《フランチェスカ・ダ・リミニ》のフランチェスカとパオロの二重唱。フランチェスカは中井奈穂(敬称略、以下同様)、パオロは杉山沙織。この曲はメルカダンテが作曲してそのまま演奏されることなく眠っていたものを2016年に世界初演されたもので、脇園彩がパオロを歌いブルーレイも発売されたのでご覧になったかたも少なくないかと思う。

ルスティオーニも初演のことはもちろん知っていて、この曲を選んだことを勇気ある選択と述べていた。たしかにメルカダンテの曲は上品と言えば上品なのだが、ベッリーニのある種の曲と同様に劇的盛り上がりを作りにくいのである。ルスティオーニもそのことを指摘し、まず長く伸ばす音でディミニュエンドにして客の注意を惹き付けるようにと指示し、曲の後半ではアッチェレランドを指示する箇所があり、リズムの刻みを強調するようにとも言っていた。マルカートだがレガート、レガートだが音を区切ってはっきりさせるという微妙な感じを歌いながら教えていた。こうすることで、すべてがなめらかだが真っ平らな感じではなく、緩急と微妙な起伏のある情景に変化した。メルカダンテの場合、なじみの薄い作曲家なだけに様式感をつかむのも容易ではないということだと思う。
3曲めはロッシーニの《ブルスキーノ氏》のソフィアとガウデンツィオの二重唱。ソフィアが來崎寛未、ガウデンツィオが市川宥一郎。この曲はルスティオーニは知り尽くしておりお手の物であるはずだが、このあたりから彼は時間を気にしだす。このマスタークラスの企画は素晴らしいもので、来てよかったと思うが、唯一の難点(ないものねだりだが)は時間が足りないということだった。チケット代金が上がっても、諸般の事情が許すのであれば、倍くらいの時間が欲しかった感じだ。ここではレチタティーヴォでmの音をはっきり出すようにという注意があった。ルスティオーニによれば、l, m, n は呪われた音、つまり厄介な子音で、歌手本人は正確に出しているつもりでも観客に届きにくい、伝わりにくい音なのだ。だから場合によっては強調して発音する必要がある。この指摘は鋭いもので、イタリア人の観客と話すと、単語が聞き取れない、聞き取りにくい歌手に対しては大変に厳しい評価がくだされるのが常である。
声楽の先生は母音を大事にせよと教えるだろうが、子音も大事だとルスティオーニ。オペラは音楽劇であり、劇として言葉(レチタティーヴォであれ、アリアであれ)が伝わらねばならないという観点からは子音をはっきり出さねばならないのだ。
4番目はヴェルディの《ファルスタッフ》のアリーチェとファルスタッフの二重唱。アリーチェは石岡幸恵、ファルスタッフは程音聡(中国出身の研究生)。この曲はルスティオーニお気に入りの一曲とのこと。ここでは指導はファルスタッフが中心で、フレーズのおしまいでeeee となったときに、一音一音区切って歌うことと、sottile, sottile の二重子音を明確にし、かつリズムをはずませることの注意があった。
最後は《ファルスタッフ》1幕2場の9重唱で、ルスティオーニは指揮者なしで良く歌ったねと感心し呆れていたが、たまには指揮者が必要だということがわかって安心したというジョークもあった。アリーチェの石岡の発声はしっかりしており褒められていたが、一箇所、フレーズの頭からフォルテで歌っていたが、その部分オケはクレッシェンドなので、歌もクレッシェンドさせて歌うようにという指示があった。
締めくくりに司会者から歌手をめざす人へのアドバイスを求められ、声のコントロール、レパートリーのコントロール、自分が本当に信頼できる人をいつも持っているように(声楽教師やマネージメントのことかと思われる)と言っていた。
彼が歌手を指導するときには、どこをどう直すべきかを理由も示し、こう歌うのだと歌ってみせ、ピアノ、フォルテを示すために背をかがめたり立ち上がったり指揮をしてみせる。セラフィンやグイの時代、大指揮者がピアノを弾きつつ歌手に稽古をつけている写真を見るが、こういうことを(細部は異なるにもせよ)やっていたのだなと思った次第である。
大変に充実した時間で、時間があっという間に経過した。もっと時間があればよかったのに。。。とはいえ、この企画に感謝、ルスティオーニに感謝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルスティオーニ・マスタークラス その1

指揮者のダニエーレ・ルスティオーニのマスタークラスを聴いた(新百合ヶ丘・テアトロ・ジーリオ・ショウワ)。

ルスティオーニ(敬称略・以下同様) はペーザロで《ブルスキーノ》を観て以来、真に傑出した指揮者だと直感し、バッティストーニと並んでこれからのイタリアのオペラ界は指揮者に関しては大い希望が持てると思い当ブログに書いたし、その考えは日本で《マダム・バタフライ》と《トスカ》を観て確信に変わった。
今回のマスタークラスを見て、聴いて、ルスティオーニの才能に唖然・呆然とした。徹底的にプロフェッショナルなのである。レッスンを受ける歌手たちは、カルメン・サントーロ(彼女はペーザロやレコード録音なのでルスティオーニのサポートをしていた)がオーディションしレッスンをつけている。だから、すっと聞けば皆きちんと歌えている。
今回のマスタークラスでは二重唱が4つと九重唱が選ばれている。
まず、1.ドニゼッティの《愛の妙薬》からネモリーノとベルコーレの二重唱。ネモリーノは工藤翔陽、ベルコーレは市川宥一郎。二人がピアノ伴奏で歌っている間、ルスティオーニはまったく楽譜を見る様子がなく、会場を眺め回したりしているので、どういうつもりなのかと訝しく思っていたが、レッスンが始まって謎はとけた。彼はこのオペラの楽譜、歌詞がすっかり頭にはいっているのである。ペーザロで《ブルスキーノ氏》の上演の際にも、彼が歌手と共に歌ったり、歌いはじめのキューを歌詞を口を大きく開けて示しているのを何度も目撃した。実際、レッスンの最中にも、歌手の歌詞の覚え違い perde を preda と言ったのを聞き逃さなかった。無論、彼がイタリア人であるから歌詞が覚えやすいということは考慮するにしても、彼の場合は、単に歌詞を暗記しているというのではなく、このフレーズはこういう意味だからこういうニュアンスを持って歌われるべきということまでセットになって(おそらくはそれがスコアともセットになって)頭にはいっているようだ。
 さらに驚くべきなのは、彼はフレーズをどう歌うべきかを実際に実に巧みに歌ってみせるのである。君が歌ったのはこんな感じだけど、ここをこうしてこういう風に歌ったほうがいいというのを歌いわけてみせるのだ。だから指示はきわめて具体的でわかりやすい。リズムの刻み方に関してもそうだ。彼は、流れるように甘くいくところと、カッチリとあるいはギクシャクするくらいにリズムの刻みを目立たせるところを峻別する。それによって、音楽の表情の変化が明確になる。そこにテンポの変化も付け加わる。ここはちょっとアッチェレランドして、しかし終わりのところは急ぎすぎないで、っといった具合だ。
 ネモリーノとベルコーレに関しては、2人のキャラクターの区別を強調していた。また、ベルコーレの場面で符点音符のところで、ベルコーレは軍人なのだから軍隊調を出して符点を強調して歌うように指導し、なるほどと思った。たしかにベルコーレはきざったらしい男だが軍人なのであるからそのキャラクターは音楽的にも書き込まれているはずでそれは歌の中で表現すべきことなのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

『ケンタウロスのポロス』

ロベルト・ピウミーニ著・長野徹訳『ケンタウロスのポロス』(岩波書店、1800円)を読んだ。

ケンタウロスというのは、あのギリシア神話の上半身が人間で下半身が馬のケンタウロスで、その中のポロスというケンタウロスが主人公。彼の住むところにある日ヘラクレスがやってくる。ポロスはフレンドリーに受け入れるが周りのケンタウロスたちはヘラクレスを恫喝し逆に叩きのめされて、死んでしまうものも出る。
その結果、ポロスは群れの中にいづらくなり、長老の賢者の忠告に従い旅に出る。その旅の物語が本体と言って良いのだが、その中にはメデアやアマゾン族(アマゾネス)などギリシア神話の登場人物が出てくる。
ポロスの冒険は山あり谷ありで、面白いし、ケンタウロス以外の種族との関わりが次々に出てくる。異種族間の交流のむずかしさがあり、しかし、ポロスはその困難を1つ1つ解決していく。
イリーネという少女との出会い、ヘラクレスとの再会もあり、ポロスは最終的にはケンタウロスの住むところに帰ってくる。
一般には少年少女向けの本という扱いかもしれないが、大人が読んでも面白いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《ティートとエイリアン》

パオラ・ランディ監督の《ティートとエイリアン》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

両親をなくしたイタリアの姉弟が、アメリカのネヴァダ州の砂漠で宇宙との交信を研究する叔父のところを尋ねていくという物語。
生者と死者の交流可能性が関わってくるので、このストーリー展開に気持ちがついていける人、いけない人が分かれるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《イタリアの父》

ファビオ・モッロ監督の《イタリアの父》を観た(イタリア映画祭2018、有楽町・朝日ホール)。

失恋したゲイの青年と、妊娠したが女性がふとしたきっかけで出会いトリノから南イタリアの南端まで移動するロード・ムービー。
出産後、彼女は姿を消してしまうが、青年はどうするのか。
今回の映画祭では、従来のイタリアの母親像にのっとらない、むしろそのコンセプトをさかなでするような、チャレンジングなともいえるし、挑発的なともいえる女性像が描かれている作品がいくつかあった。実際にそういった女性が増えているのかもしれないし、監督や脚本家が従来の母親像のステレオタイプにあきたらないと思っているのか、その双方であるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《チャンブラにて》

ジョナス・カルピニャーノ監督の《チャンブラにて》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

ロマ(ジプシー)の少年ピオが主人公の物語で、南イタリアの南端カラブリア州が舞台で、ロマの集落と、地元のイタリア人、アフリカからの移民が様々な利害で絡んでいる。
ロマの少年は兄と父が逮捕され、危険な橋をわたりながら家族に収入をもたらすが、失敗も犯す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《侵入する女》

レオナルド・ディ・コンスタンツォ監督の《侵入する女》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

ナポリ郊外の民営の学童保育所のような施設で起こる事件を描いている。ジョヴァンナという主人公は、ナポリ郊外でこの施設を運営しているのだが、その施設には困窮した家族が一時的に生活できる小さな小屋があって、そこにアイデンティティーを偽ってカモッラの妻と子どもが身をよせるところから騒ぎが起こる。
夫は逮捕されるのだが、妻と子どもを受け入れ続けるかどうかで、そこに子どもあずけている親たち、小学校の教員たちに動揺が走る。
監督によると、実話に基いているという。ある集団にとって脅威となる異分子をどう受け入れるかという物語であるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《愛と縦断》

マネッティ・ブラザーズ監督の《愛と銃弾》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

ナポリのカモッラ(犯罪組織)の親分が九死に一生を得て、にせの葬式をあげ妻と逃亡しようとするのだが。。。というストーリー。
こわい話かと思いきや、コメディータッチで、犯罪組織のチーロと看護師のファーティマが逃亡するのだが、要所要所で登場人物がミュージカルのように歌うのだ。場合によっては周囲の人間が音楽にあわせて踊りだす。ボリウッド的要素があるのだ。
《フラッシュダンス》のメロディをファーティマが朗々と歌い上げたりする。
ギャング映画的に打ち合いもあるのだが、どちらかと言えばチャンバラ的にバタバタ死ぬので本格的なマフィア映画のように怖いわけではない(怖くない方が個人的にはこのましい)。死んだフリ、というのがポイントの映画で、笑える場面が沢山ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《純粋な心》

ロベルト・デ・パオリス監督の《純粋な心》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

非常に信心深い母親(バルボラ・ボブローヴァ)の娘アニェーゼが、スーパーの駐車場の守衛をしている青年ステーファノ(隣接するロマのキャンプの若者たちとトラブルが絶えない)と出会い2人に変化が起こる。アニェーゼの母は結婚まで純血を保つことを絶対視するのだが。。。
監督によると、アニェーゼ役の女優もステーファノ役の俳優も、役の状況を数ヶ月にわたって経験し、その役になりきれるように準備したとのこと。教会に通っている若者たちは、職業的俳優ではなく、自分自身を演じているとのことだった。
昨年も宗教の世界にどっぷりつかっている少女(カトリックでないキリスト教)とそうでない若者との出会いの物語があった。
宗教の要素が出て来るのは、とても興味深いし、2人が出会うことで、それぞれが自分を保護していた殻から出ていくのが見どころだ。そこには痛みも伴うし、新たな喜びもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《Emma 彼女の見た風景(仮題)》

ソルディーニ監督の《Emma 彼女の見た風景》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

5年ほど前にやはりソルディーニ監督は盲人をテーマとした映画を撮っている。その時にはドキュメンタリー的要素が強かったと記憶しているが、今回は完全にストーリー化していて、演じているのもヴァレリア・ゴリーノやアドリアーノ・ジャンニーニらの俳優・女優である。
盲目の整体師エンマが広告マンのテオと出会う。テオには彼女や不倫相手がいるのだが、結婚も同居もせず、どっちつかずに生きている。エンマとの出会いが彼を徐々に変えていくというストーリーだ。
この映画では、ゴリーノの演技もあるし、カメラワークのせいもあるのだろうが、盲人のエンマの手の動き、身体の動きをわれわれはたどることになるのだが、それが新鮮な感覚をこちらに呼び覚ます。身の回りの世界を新たに感じ取るような心持ちになる。テオと出かける時もエンマは植物に触ったり匂いを嗅いだりすることが必然的なふるまいだ。それを見ているテオも次第にまわりの世界を外から傍観するのではなく、触って嗅いで関わっていくようになっていくのではないか、と思う。
エンマが指導している17,8歳の少女(目が見えないことを受け入れられないで、反抗的な態度を取っている)の描写も、エンマとのコントラストによって盲人を一面的に描いてしまうことから救っている。
身体的・物理的にはテオがエンマを手伝う・手助けするのだが、精神的・心理的にはエンマがテオの思春期以来のトラウマを癒やす触媒となる。現代の愛のむずかしさに対する一つの解がそっと提出されている映画である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《フォルトゥナータ》

カステリット監督の《フォルトゥナータ》を観た(イタリア映画祭2018、有楽町・朝日ホール)。

主演女優のジャスミン・トリンカが来日・舞台挨拶、上映後に質疑応答に答えた。《フォルトゥナータ》のタイトルは女性の主人公の名前で幸運な女性の意味を持つ。しかし、彼女の結婚は破綻しており、9歳の女の子を抱え、新しい恋人は薬物依存症という状況。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ