« 《メイド・イン・イタリー》 | トップページ | 《環状線の猫のように》 »

2018年5月 1日 (火)

《ザ・プレイス》

パオロ・ジェノヴェーゼ監督の《ザ・プレイス》を観た(イタリア映画祭2018,有楽町・朝日ホール)。

あるバールに座って人々の人生相談に応じている男(マスタンドレア)がいるのだが、相談者に与える答えは、ことごとくほとんど不可能な課題をやりとげよ、というものだ。老婦人に、爆弾をしかけて無関係の人々を殺せなどと言うのだ。
相談者は複数いるのだが、最初はバラバラの相談に見えるのだが、徐々に彼らの間の関係・絡み合いが見えてくる。
一種の室内劇のような映画である。

|

« 《メイド・イン・イタリー》 | トップページ | 《環状線の猫のように》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/66673260

この記事へのトラックバック一覧です: 《ザ・プレイス》:

« 《メイド・イン・イタリー》 | トップページ | 《環状線の猫のように》 »