« 《環状線の猫のように》 | トップページ | 《フォルトゥナータ》 »

2018年5月22日 (火)

《アルチーナ》

ヘンデルのオペラ《アルチーナ》を観た(目黒パーシモンホール)。

二期会ニューウェーブ・オペラ劇場と銘打った公演で、まさに二期会としてはニューウェーブである。日本で、相対的に小さな団体ではバロックオペラの上演があるものの、新国立や藤原、二期会はバロック・オペラに積極的に取り組んでいるようには見えなかった。あるいはすでに取り組んでいるのかもしれないが、それが具体的に成果としてあらわれている部分が大きいとは言えなかったように思う。
今回の上演は、指揮鈴木秀美(敬称略・以下同様)、オーケストラがニューウェーブ・バロック・オーケストラということでピリオド楽器を用いており、指揮者もピリオド楽器やバッハ演奏に通暁した方であり、その点においては日本でこれだけのレベルのものが聞けるのは素晴らしいことだと思った。ないものねだりを言えば、オペラの指揮というのは歌手や演劇的要素が混入するので、テンポや間のとり方も含め、器楽曲や、あるいはカンタータやオラトリオのように声楽曲とも異なるので、どう劇的な緊張をたかめるか、歌手が朗々と歌った場合にどこで元のテンポに戻すかなどオペラならではの工夫が必要なのだと感じた。
歌手についていえば、主役のアルチーナの梶田真未の歌とやや端役ではあるがメリッソのバスの金子慧一のレチタティーヴォがよかった。当たり前と言えば当たり前なのだが、大きな声をはりあげつつアジリタを歌うのはむずかしいのだということを実感した。たとえばピアノならトリルでミファミファと繰り返すのはなんでもないのだが、声はこういった動きを早くやるのはとてもむずかしい。しかしロッシーニやバロックオペラではアジリタがキマる、音階の形がきれいにでることが必須である。ヨーロッパの演奏水準を考えると(それは現状では経験の差が大きいと思うのだが)なかなか苦しい人も見受けられた。
しかし全体としては立派な演奏であり、熱唱であり、それなりに興味の持てる演出であった。

|

« 《環状線の猫のように》 | トップページ | 《フォルトゥナータ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/66749082

この記事へのトラックバック一覧です: 《アルチーナ》:

« 《環状線の猫のように》 | トップページ | 《フォルトゥナータ》 »