« コンサートのお知らせ | トップページ | イタリア語で読むウンベルト・エーコの『いいなづけ』 »

2018年4月15日 (日)

《セミラーミデ》

メトのライブビューイングで《セミラーミデ》を観た。

約25年ぶりの再演ということで、プロダクションは同じだが、当然歌手は入れ替わっている。1992年の上演では、手元のヴィデオ資料を見ると、ジェイン・アンダーソンがセミラーミデ、マリリン・ホーンがアルサーチェ、サミュエル・レイミーがアッスール。
今回は、セミラーミデがアンジェラ・ミード、アルサーチェがエリザベス・ドゥショング、アッスールはイルダール・アブドラザコフ、高僧オローエはライアン・スピード・グリーン、インドの王イドレーノはハヴィエル・カマレナ。
《セミラーミデ》の原作はヴォルテールの『セミラミス』だそうだ。セミラーデは女王で、15年前にアッスールと組んで前王を毒殺している。その時王子ニニアは行方不明となっている。実は名前をアルサーチェと変え家臣に育てられ今は若き武将となっている。
セミラーミデはアルサーチェの正体を知らず、息子に恋し、結婚して彼とともに王国を統治しようとするが、アルサーチェには恋人がいる。アッスールは自分がセミラーミデと結託して王位につけると考えてる、という結構込み入った話だ。
セミラーミデが息子と結婚しようとすると、前王の亡霊が現れる。亡霊は何度か現れるし、アッスールに対しては目に見えない形で働きかけたりするので、《ドン・ジョヴァンニ》や《マクベス》(無論作られた順番はこちらが後だが)を想起させるような場面がある。
アンジェラ・ミードは渡辺直美を思わせなくもない豊かな体格のアメリカン・ビューティで存在感があるし、声もあるし、アジリタも満足。アルサーチェ役のドゥショングは丁寧な歌唱で歌詞も聞き取りやすい。歌詞の聞き取りやすさで言えば、オローエのライアン・スピード・グリーンも最終場面の一箇所を除いて実に立派だった。最近はアメリカ人の歌手でもイタリア語の発音がしっかりしている人が増えたのは好ましい。アブドラザコフはアジリタの器用さはともかく声も演技も堂々たるもので格調のある悪役である。
ただし、ロッシーニの音楽では、ブッファの場合など明らかだが、一つ一つの単語が聞き取れるかどうかよりスピードが大事な場面がある。ベニーニの指揮はところどころ緊張感を欠く場面があった。緊張している場面なのだが、中間部でリラックスした音楽になるところ、そこで楽しげに舞いあがるようなリズムとテンポで行って欲しいのだが、という場面がいくつかあった。
全体として見れば、ロッシーニのオペラ・セリアの演奏レベルは確実に上がっているし、聴きがいのあるものになっているのだと思った。

|

« コンサートのお知らせ | トップページ | イタリア語で読むウンベルト・エーコの『いいなづけ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/66614299

この記事へのトラックバック一覧です: 《セミラーミデ》:

« コンサートのお知らせ | トップページ | イタリア語で読むウンベルト・エーコの『いいなづけ』 »