« 《イル・カンピエッロ》 | トップページ | 『ベルルスコーニの時代』 »

2018年3月15日 (木)

《愛の妙薬》

愛の妙薬ドニゼッティの《愛の妙薬》を観た(新国立劇場、大劇場)

写真は前回のもので、演出は同一であるが、歌手は異なっている。直前に指揮者とアディーナ役の交代があった。指揮者はフレデリック・シャスラン。演出チェーザレ・リエヴィ。アディーナはルクレツィア・ドレイ。ネモリーノはサイミール・ピルグ。ベルコーレは大沼徹。ドゥルカマーラはレナート・ジローラミ。ジャンネッタは吉原圭子。
演出は創意工夫に富み、斬新さがありかつ、物語の進行をうまく伝えている優れたものである。緞帳がカラフルなアルファベットで構成されており、幕があがる前から不思議な世界に誘いこまれる。まず、この舞台では巨大な本(家と同じくらいの大きさ)がしばしば登場する。写真では「愛の妙薬」という本の上にアディーナが座っているが、巨大な本として何度も登場するのは、「トリスタンとイゾルデ」である。無論、これは一幕冒頭で、アディーナが村人たちにイゾルデの媚薬のエピソードを読み聞かせることへの言及なわけだが、この媚薬=妙薬がこのオペラを支配しているというコンセプトである。
 それと同時に、このオペラの第二幕ではメタシアター的な要素とドラマティック・アイロニーが多いのでそれへの言及とも考えられる。メタシアターというのは芝居の中で芝居をするということで、登場人物がディレクターのような役割を果たす場合もそうだ。第二幕の冒頭でアディーナとドゥルカマーラが、女船頭と年老いたセナトーレの掛け合いをやる場面はその典型である。その後、登場人物の間に情報量の格差が生じ、それを観客は承知の上で観ているのがドラマティック・アイロニーだが、ジャンネッタをはじめとする村娘たちは、ネモリーノが遺産相続をしてにわかに金持ちになったことを知りながら、ネモリーノはそのことをまだ知らない。村娘が愛想が良くなったのを、てっきり妙薬の効果だと思う場面は、愉快な場面だが、ドラマティック・アイロニーの典型である。こういった場面でもドニゼッティの筆は冴えわたっていて、例えばジャンネッタと村娘たちが、ネモリーノの相続の話は内緒よ(Non si dira', non si dira' と繰り返すところ)と言うあたり、どんどんクレッシェンドしていく。内緒と言いながら、あっという間に広まる噂というものを音楽が皮肉に表現している。
ストーリーの展開というものの性質上、当然なのだが、第二幕に入ってから二重唱の性格は複雑さを帯びる。だから初演の時には、第一幕の方が受けたのだろうが、この演目がレパートリーになって繰り返し観るようになれば、第二幕の複雑さに見どころ、聞きどころを見出だせるだろう。
ベルコーレとネモリーノの二重唱も、ネモリーノの必死な気持ちとベルコーレの半ば親切半ば恋のライバルを自分の支配下に置くという快感とがないまぜになった気持ちが、互いに平行線ですれちがっているのだが、そのすれ違い具合を見事に音楽が描写している。この気持のすれ違いであったり、ドラマティック・アイロニーの具合を、ドニゼッティの音楽は見事に表現する。とりわけ、木管楽器のフレーズ、音色がからかいの表情やコミカルな感じを巧みに表現するのである。
この日の指揮は、急に交代したせいか、テンポを動かしたときにややぎくしゃくしたところもあったが、上演を重ねると練れてくるかもしれない。アディーナは、ところどころやや過剰にロマンティクに歌うところがあったが素直な声。ドゥルカマーラはなかなか巧みでアディーナとの掛け合いは面白かった。ベルコーレは、あらためてむづかしい役だと認識した。キザなところがあり、完全な2枚めでもなく、だからといって3枚目でもなく、そこの塩梅を演技・声の表情であらわすのがむずかしい。おおいに健闘していたと思う。ネモリーノ、ジャンネッタも熱演であった。
 

|

« 《イル・カンピエッロ》 | トップページ | 『ベルルスコーニの時代』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/66499157

この記事へのトラックバック一覧です: 《愛の妙薬》:

« 《イル・カンピエッロ》 | トップページ | 『ベルルスコーニの時代』 »