« 『近代ヨーロッパとキリスト教 カトリシズムの社会史』 | トップページ | アンサンブル・レ・フィギュール「愛のかけら」 »

2017年2月 1日 (水)

『ガリバルディ イタリア建国の英雄』

藤沢

藤澤房俊著『ガリバルディ イタリア建国の英雄』(中公新書、820円)を読んだ。

大変に面白かった。藤澤氏のものは、新書であれ、専門書であれ、独特の語り口を持っている (ご本人がスピーチをする際には一層それが際立つのだが、ここでは省略)。
本書で言えば、「はじめに」に現れているように差し出すエピソードの鮮やかさがまず第一に挙げられよう。ここで挙げられているのは、2つ。1つは、ガリバルディに関する教理問答(本来はカトリックの教えを問いと答えにまとめたもので、これはそのパロディに当たるわけだが、こういうものが存在していたこと自体が驚きである)
質問は ガリバルディとは誰ですか? 何人のガリバルディがいますか? どこにガリバルディはいますか?(正直なイタリア人のすべての心のなかにいます)などなど。ガリバルディを巡る問いは、カトリックの教理問答 における神を巡る問いによく似ているわけなのだ。
もう1つのエピソードは明治期におけるガリバルディ熱で、三宅雪嶺がガリバルディと西郷隆盛を比較したこと、与謝野鉄幹は「妻をめとらば才長けて」で始まる「人を恋ふる歌」の7番で
妻子を忘れて家をすて
義のため恥をしのぶとや
遠く逃れて腕を摩す
ガリバルヂイや今いかん
こうした巧みな導入に誘われ、ガリバルディを巡る人間模様に引き込まれていく。ガリバルディがシチリアに千人隊で乗り込んだのは、クリスピ(後の首相)らシチリアの民主主義者の要請に応じてであったこと。ガリバルディはマッツィーニの影響を受けた共和主義者だったのだが、かなり早い時点からヴィットリオ・エマヌエーレ2世に忠誠を誓っていること。カヴールは、ガリバルディのカリスマや戦闘能力を評価しながらも、自分の指示に従わない厄介者扱いもしていること。ヴィットリオ・エマヌエーレが宰相カヴールとガリバルディの板挟みになっている面があることなどが、場面、場面に応じて描かれる。
さらにガリバルディが戦術には長けていたが、シチリアの農民の要望には考えを巡らしていなかったことや、彼の女性関係も簡潔だが、ポイントを押さえて叙述される。1860年50代前半の英雄ガリバルディは、18歳の侯爵令嬢と電撃結婚をするが、この令嬢がなかなかの食わせ物だった。晩年、カプレーラ島で彼の身の回りの世話をし、彼の子供を複数宿すフランチェスカと結婚するために、侯爵令嬢との離婚(婚姻無効)を獲得すべく苦労している。
ガリバルディは前述のように明治時代の日本でも注目を浴びたが、ガリバルディ熱は日本に留学していた崔南善(チェナムソン)によって、韓国にまで伝えられている。

|

« 『近代ヨーロッパとキリスト教 カトリシズムの社会史』 | トップページ | アンサンブル・レ・フィギュール「愛のかけら」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/64836843

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガリバルディ イタリア建国の英雄』:

« 『近代ヨーロッパとキリスト教 カトリシズムの社会史』 | トップページ | アンサンブル・レ・フィギュール「愛のかけら」 »