« ディケンズ博物館 | トップページ | The Foundling Museum »

2016年9月10日 (土)

ブルームズベリー

ブルームズベリーの人間関係にについてある本で読んだ(Literary London by

Eloise Millar & Sam Jordison)
この本によると、ヴァネッサ・ベル(作家ヴァージニア・ウルフの姉)は、クライブ・ベルと結婚していたが、オープン・マリッジを選択し、娘アンジェリカは17歳になってあなたのお父さんはダンカン・グラントだと言われた。
 
このアンジェリカは、デイヴィッド・ガーネットという男と結婚するのだが、デイヴィッドはダンカン・グラントの恋人だったのである。うーん、父の元カレか。
ダンカン・グラントは、ケインズ(あの経済学者)とも、デイヴィッド・ガーネットとも、ヴァネッサ・ベルとも親密だったわけである。バイセクシュアルだったわけですね。
このグループにはヴィクトリア朝の人々の伝記を書いたリットン・ストレイチーもいるわけだが、彼はケインズ、ダンカン・グラントと恋愛関係にあったという。
さらにここにはオットライン・モレルという貴族の夫人もいて、D.H.ロレンスやバートランド・ラッセルと親密だったのだ。
もともとブルームズべりー・グループのパーティはフォーマルで堅苦しかったのだが、ある日リットン・ストレイチーがヴァネッサ・ベルに、ドレスの染みは精液かいと尋ね、一瞬凍りつく沈黙の後、皆が爆笑した。これで遠慮や気兼ねが一気になくなったとヴァージニア・ウルフは書いている。そこからは、男色(者)という言葉が口に登るのも時間はかからなかった。
ウルフの小説だけを読んでいるとなかなかわからない状況である。

|

« ディケンズ博物館 | トップページ | The Foundling Museum »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/64181682

この記事へのトラックバック一覧です: ブルームズベリー:

« ディケンズ博物館 | トップページ | The Foundling Museum »