« イングランド銀行博物館 | トップページ | 《セビリアの理髪師》 »

2016年9月15日 (木)

《ノルマ》

ベッリーニのオペラ《ノルマ》を観た(ロイヤル・オペラ・ハウス)。

シーズン開幕日であるが、タキシード姿は本当に稀だ。ノーネクタイの人も結構いるという具合で、女性はワンピースが多いとはいえ、ロングドレスが多いというほどでもない。
指揮はパッパーノ。平土間からだと、彼の指揮ぶりは見えない。タイトルロールはソーニャ・ヨンチェヴァ。綺麗な発声を心がけている(ベッリーニのメロディはとりわけそれを要求していると言えるだろう)のは良いのだが、息継ぎが目立つ。誰でも息継ぎはするわけであるが、フレージングの関係で、息継ぎが気にならず、音楽の流れが途切れないと感じる場合と、ここで切れてしまうと感じる場合があって、彼女は後者の場合が時々あった。
おん
アダルジーザはソニア・ガナッシで、発音が聞き取りやすいし、表情付けに幅がある。ベッリーニが難しいと思うのは、シームレスなメロディがずうっと続くかと思えば、ドラマには大きな起伏があり、生死をかけた決断を登場人物はするわけで、表情に劇的な振幅が欲しいわけである。
ノルマを裏切り、アダルジーザに走るローマ人ポッリオーネは、カッレーヤ。とても上質な声である。
惜しかったのは、彼らの二重唱、三重唱で音楽から期待される盛り上がり、アンサンブルの絶妙さがそこそこにとどまったことだ。ベルカントオペラの不思議で、3連符で踊るように舞い上がっていくフレーズがある。気持ちがふわっと、あるいはカーッとなって通常の状態から、一段も二段も高ぶった状態へと移行する。そこでテンポや歌の表情がどう変わるのか、変わりつつアンサンブルがどうバランスを崩さないかが見所、聞きどころなわけだ。アンサンブルはやはり練るには時間がかかるのだろう。
演出はなかなか興味ふかいもので、異教の司祭であるノルマが取り仕切る儀式は、明らかに、スペインの復活祭の行列や、サンチャゴ・デ・コンポステッラへの巡礼者が受けるボッタフメイロ(巨大な香炉)を揺らす儀式が模されていた。森に見える装置は、十字架、磔刑像の集合なのだった。こうして聖なる儀式を司る人達なのだということは理解できるようになっていた。時代は、ポッリオーネが背広で出てくる点からも現代あるいは現代に近い時代なのだ。
久しぶりに《ノルマ》を見て、フェリーチェ・ロマー二はずいぶん凝った言い回しをしていると思った。ベッリーニがそれを要求しているのでもあろうが。また、この作品が、発展的な形でヴェルディの《トロヴァトーレ》につながっていく箇所を何度も見出した。ヴェルディを聞いた後では、ベッリーニがエレガントに聞こえてしまう傾向はあるが、しかし、熱いドラマを内包しておりそれをどう歌手、オケが表現するか、が問われる作品だと強く思った。

|

« イングランド銀行博物館 | トップページ | 《セビリアの理髪師》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/64205590

この記事へのトラックバック一覧です: 《ノルマ》:

« イングランド銀行博物館 | トップページ | 《セビリアの理髪師》 »