« 『愉しき夜』 | トップページ | 《湖の女》 »

2016年8月19日 (金)

《バビロニアのチーロ》

《バビロニアのチーロ》を観た(ペーザロ、ロッシーニ・オペラ・フェスティバル=ROF)

4年前と同じプロダクションで、チーロを歌うのもポドレス。敵役のバルダッサーレはシラグーザでさすがだったが、4年前のスパイアーズも違った味があったことを再確認できた。囚われの身、チーロの妻アミーラはイェンデという歌手で、彼女だけが顔の白塗りをしていなかった。
指揮はビニャミーニ。ロマンティックな表情の部分でテンポを落としすぎるのがやや難。

|

« 『愉しき夜』 | トップページ | 《湖の女》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/64080929

この記事へのトラックバック一覧です: 《バビロニアのチーロ》:

« 『愉しき夜』 | トップページ | 《湖の女》 »