« モーツァルトの住居 | トップページ | 司教の言葉 »

2016年8月31日 (水)

Il templario 3

オットー・ニコライのオペラ《Il templario》を聞いた。2度目である。(ザルツブルク祝祭大劇場)。

舞台で観るのは初めての演目(と言っても演奏会形式だが)だったので、二回目でようやく理解できた部分もあった。
指揮に関しては不満は残った。ベルカントオペラ的な曲想のところで全く軽さがなく、オケをフォルテで鳴らしまくる。テンポがあまりにも遅く、音楽の推進力が枯渇するところがなんどもあった。
レベッカ役の女性歌手はよく歌っているのだが、アジリタにやや難があった。
ブリアーノ役のルカ・サルシが健闘。フローレスは前回よりも、力強く声を張り上げて、圧巻。
チェドリーコやグランド・マスター役も良かった。低声がこれだけ充実しているのは頼もしい。
このオペラには二重唱、三重唱の掛け合いが何箇所かあるのだが、そこでのテンポを上げ、軽快にすれば、もっと音楽が沸き立ち、ワクワクするものになるだろうと思った。
一般的に言えば、軽さや様式感や均衡(微妙なバランス)と言ったものが評価されにくく、大音声で、どうだ!と言わんばかりに鳴り響かせることの方が、喝采を浴びることになりがちなのは残念なことだ。もっともこれは会場や客層によるのだと思うが。。。

|

« モーツァルトの住居 | トップページ | 司教の言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/64134672

この記事へのトラックバック一覧です: Il templario 3:

« モーツァルトの住居 | トップページ | 司教の言葉 »