« 《失われた美》 | トップページ | 『愉しき夜』 »

2016年5月 6日 (金)

《私と彼女》

マリア・ソーレ・トニャッツィ監督の《私と彼女》を観た(イタリア映画祭2016).
フェデリーカ(マルゲリータ・ブイ)とマリーナ(サブリーナ・フェリッリ)は5年来、生活をともにしている。2人のキャラクターは微妙に違う。フェデリーカはかつて結婚していて、子供もおり、元夫や子供との行き来がある。マリーナは女性しか恋愛対象にならない。フェデリーカは、ふと、昔の知り合い(男性)にあって付き合ってしまい、それがマリーナにばれ、一騒動。
結局、フェデリーカは、男性と別れ、マリーナのもとに帰っていく。フェデリーカにとって、相手が男性か女性かというより、好きになった人がたまたま男性、女性という感じに近いのかもしれない。
監督によれば、イタリアで最初に作られた女性カップルの映画なのだという。これまで同性愛がとりあげられる場合、男性カップルか、複数のカップルのなかに女性カップルも含まれているという形だったのだという。
元夫とのつきあいも含め、開かれた家族という問題と、同性カップルの問題が、告発調ではなく、トーンとしては通常のドラマとして描かれていく。
監督によれば、同性カップルの法案が話題になっている時に封切られたので、監督の意図ではなく、この法案をどう考えるかに関し、一般の人々の話題になったとのこと。

|

« 《失われた美》 | トップページ | 『愉しき夜』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/63591239

この記事へのトラックバック一覧です: 《私と彼女》:

« 《失われた美》 | トップページ | 『愉しき夜』 »