« 《待つ女たち》 | トップページ | 《俺たちとジュリア》 »

2016年5月 6日 (金)

《処女の誓い》

ラウラ・ビスプリ監督の《処女の誓い》を観た(イタリア映画祭2016)。
アルバニアの山村には、女性が生涯処女であることを誓って男として生きる制度があった(ある?)らしい。
だから主人公(アルバ・ロルヴァケル)にはハナという女性名とマルクという男性名がある。彼女・彼が、養父母の死後、イタリアに出てくる。イタリアで、次第に女性としての自分に目覚める過程が丹念に描かれている。
こんな制度があった(ある?)とは全く知らなかったが、この映画は単に移民の映画でない複雑な味わいを持っていた。

|

« 《待つ女たち》 | トップページ | 《俺たちとジュリア》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/63588000

この記事へのトラックバック一覧です: 《処女の誓い》:

« 《待つ女たち》 | トップページ | 《俺たちとジュリア》 »