« 《俺たちとジュリア》 | トップページ | 《地中海》 »

2016年5月 6日 (金)

《素晴らしきボッカッチョ》

パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督の《素晴らしきボッカッチョ》を観た。
ボッカッチョのデカメロンから5つの話を取っているが、それだけでなく、そもそも100話が語られる背景、すなわち、フィレンツェでペストが猖獗をきわめ、そこから逃れてきた男女が退屈しのぎに話を語るという枠組みも映し出される。
きれいな映画である。音楽がヴェルディとロッシーニというのも不思議な感じであるが、慣れてしまえば、なんとかなる。
リッカルド・スカマルチョは、美男子ではあるが、このキャストの中では声、口調がずれていると感じた。

|

« 《俺たちとジュリア》 | トップページ | 《地中海》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/63588080

この記事へのトラックバック一覧です: 《素晴らしきボッカッチョ》:

« 《俺たちとジュリア》 | トップページ | 《地中海》 »