« 《処女の誓い》 | トップページ | 《素晴らしきボッカッチョ》 »

2016年5月 6日 (金)

《俺たちとジュリア》

エドアルド・レオ監督の《俺たちとジュリア》を観た(イタリア映画祭2016)。
人生で何らかの失敗をした3人が偶然同じ家を買おうということになり、その田舎の古い家を改造してホテルにしようという話になる。
そこへ、カモッラがやってくるのだが、彼らは、このカモッラを地下室に監禁し、証拠隠滅のためにその男が乗ってきた古いクルマ(アルファロメオのジュリア)を地中に埋めてしまう。ところが、この車のカーステレオは、車のスイッチと関係なく突如として鳴り始め、鳴り止む。
コメディである。大いに楽しめた。

|

« 《処女の誓い》 | トップページ | 《素晴らしきボッカッチョ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/63588055

この記事へのトラックバック一覧です: 《俺たちとジュリア》:

« 《処女の誓い》 | トップページ | 《素晴らしきボッカッチョ》 »