« 《イル・トロヴァトーレ》 | トップページ | 《ラ・ボエーム》 »

2016年3月14日 (月)

ヤナーチェク 《イェヌーファ》

ヤナーチェク作曲のオペラ《イェヌーファ》を観た(新国立劇場)。

こちらは、先に書いた《イル・トロヴァトーレ》とは反対に、自分の中に曲が入っていない状態で、新鮮。DVDとほぼ同じメンバーが歌っており、安定感があった。シュテヴァのザンピエーリはDVDのメンバーと異なっているが、やや荒削り。指揮のトマーシュ・ハヌスはなかなか良かったと思う。この曲、オスティナートが多い。それによって登場人物の強迫観念を示しているのかもしれないし、状況の閉塞感を表現しているのかもしれない。また合唱はいかにも民俗的な表情のリズム、メロディーが出てくる。イタリアで言えばヴェリズモの時代である。文学でいえば自然主義で、醜いものであれ、貧困であれ、リアリズムで追求していく時代であったのだなあ、と納得。

|

« 《イル・トロヴァトーレ》 | トップページ | 《ラ・ボエーム》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/63344149

この記事へのトラックバック一覧です: ヤナーチェク 《イェヌーファ》:

« 《イル・トロヴァトーレ》 | トップページ | 《ラ・ボエーム》 »