« イェスティン・デイヴィス、マスタークラス | トップページ | 《イル・トロヴァトーレ》 »

2016年2月 8日 (月)

オッフェンバック 《青ひげ》

イメージ 1オッフェンバックのオペラ・ブーフ《青ひげ》を観た(なかのZERO大ホール)。

オペラ・ブーフは言語的にはイタリア語のオペラ・ブッファがフランス語になったものだが、中身も異なったものになっていて、イタリアのオペラ・ブッファはレチタティーヴォを用いるが、フランスのオペラ・ブーフはセリフは全くのセリフなのだ(少なくともこの作品はそうだ)。
今回の上演では、歌唱がフランス語、台詞が日本語で、お芝居として気楽に楽しめるものとなっている。だから台本(リブレット)はとても重要だ。日本語訳は原訳和田ひでき、字幕製作
増田恵子(敬称略、以下同様)となっていて、推察するに後者あるいは両者で協力してギャグや時事ネタを付加した部分があるのかと思うが、うまくできていて笑える台詞、受けている箇所が何箇所もあった。クスクス、時にゲラゲラ笑えるオペラもいいものだ。
青ひげ、と言えばバルトークが思い浮かび、こわーい話、何人も奥方を殺し、新妻にあの部屋だけは見てはいけないと言いつつ鍵を渡す、新妻がその部屋を開けると、過去の妻の死体が。。。。ところが、メイヤックとアレヴィと云う台本の作者たちは、本当は王女の花売りとそれを見初めて羊飼いのふりをしている王子というカップルを加えて、王女の親夫婦のずっこけぶりも加えコミカルな話に変えている。青ひげの過去の妻たちの殺害を命じられた錬金術師のポポラーニが、特別な麻酔薬で眠らせらだけで殺してなかったというオチになっている。
というわけで楽曲も、軽いノリの曲が多い。全体に好演だったが、弾むノリでテンポを上げても良いのではという箇所もあった。青ひげ公の及川尚志は力強い声、コミカルな演技を両立させ見事だった。菊池美奈のブロット、ポポラーニの佐藤泰弘も歌唱、台詞、演技ともにバランスが良い。ボベーシュ王夫妻の掛け合いも楽しかった。また青ひげの5人の妻(死んだはずだが生きていた、小野、別府、沖、溝呂木、中野)も、ソプラノ3人、メゾ2人でそれぞれにしっかりとした歌をきかせてくれ、アンサンブルにも手抜きがないし、見た目も華やかであでやかでよかった。
オッフェンバック自身がどう考えていたかは別として、お芝居として楽しいオペラで、歌手たちは演技者として演技でもセリフでもおおいに楽しませてくれた。演出や衣装も適切であったと思う。青ひげ公はちょうちんブルマーのような短いパンツであり、女性たちはロングドレスというのも好対照で効果的だった。無論、ある時代まで脚をみせるのは男で、女性は脚をドレスで隠していたのは歴史的事実にもとづいているわけだが、今回の舞台では、おおむね男たちが滑稽で、女性がそれを明るく暴露していくというお芝居で、その役回りと服装が響きあっていたように思う。
いつも珍しいオペラを発掘し享受させてくれる東京オペラ・プロデュースに感謝。

|

« イェスティン・デイヴィス、マスタークラス | トップページ | 《イル・トロヴァトーレ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/63180129

この記事へのトラックバック一覧です: オッフェンバック 《青ひげ》:

« イェスティン・デイヴィス、マスタークラス | トップページ | 《イル・トロヴァトーレ》 »