« アルファーノ《復活》 | トップページ | 《サウル》 »

2015年7月19日 (日)

《フラーヴィオ》

ヘンデル作曲のオペラ《フラーヴィオ》を観た(東京文化会館小ホール)。

日本ヘンデル協会の主催によるもので、7月17日の1日だけの公演であるが、1日だけであるのがもったいないような大変充実した演奏であった。
日本ヘンデル協会はヘンデルの研究および紹介・普及につとめている団体で、この上演に関しても数回の研究会を催しており、ぼくもそのうち2回に出たが、作品理解にとって、とても有益であった。
音楽監督をつとめる原雅巳(敬称略、以下同様)は、指揮と演出をかねる立場のようだが、ジェスチャー研究もしておられて、バロックオペラにおいてはどのような仕草、ジェスチャーを歌手がしたのか、を様式的に追求している。その指導のもとに、歌手たちは舞台上を動き、手を動かしたりするのだが、様式美にあふれたものである。原氏がプログラムに詳しく書いておられることだが、当時は、舞台に立つ人からみて右側にえらい人、身分の高い人が立つ、舞台上を直線的には動かない、などのルールがあったようだ。手の仕草も様式的で、それは歌手たちがドレスを着て、化粧をし、カツラをかぶって西洋の王侯貴族になっているという舞台上の約束にふさわしい。
当時は人気カストラートのセネジーノが歌ったグイドの役は、カウンターテナーの上杉清仁が歌い演じたが、実に技巧的に達者で舞台姿も堂々としており、バロックオペラは歌手の技量によるところ大であるとの印象を再確認した。
エミーリア役の加藤千春も高度な技巧を安定したテクニックで聴かせた。小倉麻矢のテオダータ、平野香奈子のヴィティージェ(ズボン役)は、ヘンデルのオペラにコミカルな面があることをたっぷり味あわせてくれた。テオダータ(グイドの妹)とヴィティージェは恋人なのだが、ヴィティージェはそのことを王フラーヴィオに伏せていたために、フラーヴィオがテオダータを口説きにかかってややこしいことになる。テオダータは王の懸命の口説きに応じそうになるのだ。
二組の恋人たちの父ウゴーネ(テノール)とロターリオ(バリトン)には、とくにロターリオには低声にふさわしい父親らしいアリアがあって、ヘンデルの巧みさが光る。音域にふさわしい音楽を自在に書いた点ではモーツァルトとヘンデルは似ているかもしれない。
原雅巳のテンポ設定は、とても心地好いもので、グイドのアリアではここまで早くして大丈夫と思うくらいの快走であった。むろん歌手やオケの技巧あってのことであるが、こちらもわくわくドキドキしてまさに音楽的快感を味わったのであった。

|

« アルファーノ《復活》 | トップページ | 《サウル》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/61910607

この記事へのトラックバック一覧です: 《フラーヴィオ》:

« アルファーノ《復活》 | トップページ | 《サウル》 »