« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月28日 (水)

アルベルト・ゼッダ 声楽公開レッスン

アルベルト・ゼッダの声楽公開レッスンを聴いた(新百合ヶ丘、昭和音楽大学ユリホール)。

7組の歌手(昭和音大の大学院生もいれば、日本オペラ振興会のオペラ歌手育成部の研究生もいれば、現役の藤原歌劇団の団員もいる)が歌い、ゼッダがコメントをつけ、それを富永直人氏が通訳するという形で進行していった。
7組のうち、6組はロッシーニのデュエットやアリア、または歌曲で、1組がドニゼッティの《愛の妙薬》からだった。
マエストロ・ゼッダの指摘は明快でかつ説得力に富んでいた。
いくつかのポイントを記しておこう。
1つは、劇として演じろということ。歌手であると同時に役者であることを意識せよと何度も言っていた。それは同時に、自分が歌っているのがどういう場面であるか、あるいは自分の役がどういう役柄、キャラクターなのかをしっかり把握せよということでもある。また、レチタティーヴォのところでは、何度も歌いすぎるな、もっと話すように、ということも言っていた。また、歌のなかでも、いつも朗々と歌うのではなくて、皮肉なところでは語り口調も利用して、皮肉な調子で歌うほうがよいし、曲によっては前半はカンツォーネのように、軽快に、シャンソンのように歌い、後半はアリアのように朗々と歌うのがよい、つまり、曲調によって歌い方に変化をつけよ、との指摘が何度もあった。
出場した歌手たちはみな真面目に練習してきたのだと思うが、真面目すぎて、軽快な部分を軽快に、皮肉な部分を皮肉な調子で歌うという歌の表情の変化に欠けるうらみがあるとのことで、まったく納得が言った。
ドニゼッティの《愛の妙薬》でも、アディーナは自分に自信があり、村一番のお金持ちで美人でということをふまえ、自分を花から花へ移ろう蝶に例える場面では、ネモリーノに対して、あんたなんか目じゃないわ、と言った調子を出す必要がある。それに対してネモリーノは貧しく(あとで叔父の遺産が入ってきて状況は変わるのだが)、読み書きもできないが一途な愛がある。そういう人物像をしっかり踏まえて、皮肉や、優しさやを表現せよとのことだった。
上記のことと密接に関連するが、歌詞の言葉と歌の連関の指摘もあった。たとえば、ぼくは誓う(io giuro)であれば、この誓うというところが強調されなければならない。一本調子で全部強く歌うのではなく、ここという言葉のところを強調するのである。
また、アジリタ(細かい音を素早く歌うパッセージ)に関しては、アジリタは完璧でなければいけない、細かい音は全部きちんと音を出さなければいけないと強調していた。実際の歌手はかなりきちんと歌っていたけれど、ゼッダの主張をわかりやすくするために説明すれば、たとえばソラシドというフレーズを、はしょればソードとごまかすことができる(くどいようだが、実際の演奏はそんなひどい音抜きをしたわけではない)。マエストロ・ゼッダはアジリタは80%ではだめで、100%全部の音をきちんと出さなければならないと主張していた。
ロッシーニは単に感情移入だけでなく、様式美の強い曲を書く作曲家である。また、感情もヴェルディやプッチーニとくらべて、軽やかで、皮肉や、機知に富んでいる。その皮肉や機知を、歌やレチタティーヴォで表現していくところが日本人歌手にとっては、一つの難関であるということがわかった一夜であった。と同時に、7組の歌手たちの声も発音もしかりしており、その点はマエストロも高く評価していたことを付け加えておこう。高いレベルにあるということを認めた上で、さらに磨きをかけるには、こういう点が必要だというマエストロのアドバイスなのである。しかし、こういう公開レッスンを聞くと、声楽上のポイントや人物像のつくりあげかたの一端がわかっておおいに勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

《さまよえるオランダ人》

ワーグナーのオペラ《さまよえるオランダ人》を観た(新国立劇場)。
指揮は飯森泰次郎。
このオペラはワーグナー28歳の作曲で、彼のオペラとしては演奏時間が比較的短く(2時間半ほど)、親しみやすいメロディもあって聞きやすい。
オーケストラは大変雄弁である。
歌手も充実していておおいに楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペラ《水炎伝説》

一柳慧作曲、大岡信脚本のオペラ 《水炎伝説》を観た。

オーケストラ版に改作したものの初演である。管弦楽は10数人であるが、オーケストレーションの妙と演奏者の技量の高さで聞きごたえがあった。様々な音の表情が次から次へと繰り出される。
また、合唱も男性3人、女性3人なのだが、クオリティーが高い。
ストーリーは古代。アカトキ姫をめぐり白い顔の男と黒い顔の男が争う。白い男は昼を象徴し、黒い男は夜を象徴している。2人の求愛に困ったアカトキ姫の母は、2人に白鳥を射止めるよう、それで見事射止めた方がアカトキをものにすると言い、男たちはいさんで白鳥を射るが、近づいてみると白鳥はアカトキであった。あの世まで追っていく男たち。そこで出会うのは、トコヨ姫(常世あるいは常夜の意であろう)といいアカトキの姉で、とても醜いのであった。
というような話で、大変寓話的である。アカトキと2人の男は、それぞれ歌手が歌うのであるが、同時に3人のダンサーが舞台上にいる。ダンサーは3人とも上半身が裸でひらひらとした白い布をまとっている。よく観るとダンサーも女性1人男性2人なのであるが、鍛え抜かれた腹筋を有し、中性的な外見に見え、一瞬判らないところがかえって効果的でもあった。彼らはモダンなダンスを踊る。
全体として非常に興味深かったし、演奏レベルも高かったと思う。
アンコールの代わりに、作曲家の一柳氏が、台本の一節を朗読した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼッダ講演会

イタリア文化会館(東京、九段)で、アルベルト・ゼッダのロッシーニに関する講演を聞いた。司会、進行役は水谷彰良氏で、ペーザロでの《ランスへの旅》の上演のビデオをはさみながらマエストロ・ゼッダがいかにロッシーニと関わってきたかをまとめて聞くことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »