« 歌舞伎 | トップページ | 須賀敦子翻訳賞 »

2014年10月28日 (火)

ジョルダーノ作曲《戯れ言の饗宴》

2014年10月25日(土) 2014年10月26日(日)
ジネーブラ 福田 玲子 翠 千賀
ジャンネット 松村 英行 上原 正敏
ネーリ 羽山 晃生 村田 孝高
ガブリエッロ 西塚 巧 北嶋 信也
トルナクインチ 森田 学 鹿野 章人
リザベッタ 羽山 弘子 岩崎由美恵
ラルドミーネ 勝倉小百合 北村 典子
フィアメッタ 前坂 美希 森川 泉
チンティア 菅原みずほ 末広貴美子
トリンカ 石川 誠二 横山 慎吾
ドットーレ 白井 和之 笠井 仁
ファツィオ 加藤 史幸 保坂 真悟
ラーポ 島田 道生 高橋 拓真
カランドラ 小林 涼 小林 涼

東京オペラ・フィルハーモニック管弦楽団


ウンベルト・ジョルダーノ作曲の《戯れ言の饗宴》を観た(初台、新国立劇場中劇場)。初台の新国立劇場にはオペラ劇場と呼ばれる大劇場と、今回の中劇場、そのほかに小劇場がある。
中劇場は、階段状になっていて、大きすぎず、舞台もよく見える。ヨーロッパには馬蹄形で小さ目の歌劇場が地方都市にはよく見られるが、形こそ違うもの、この中劇場は規模的にはなかなか好ましいと思う。劇場が大きくなれば、その分、歌手も声をはりあげなければならないし、演技も大ぶりでないと遠くからは何をやっているかわからないといったことになりがちだが、この規模だと、舞台と観客席のコミュニケーションがとてもうまくいきやすいように思う。
さて、演目の≪戯れ言の饗宴≫であるが、なかなかどろどろした脚本(リブレット)である。
15世紀のフィレンツェ、メディチ家のロレンツォ・イル・マニフィコのいたころのフィレンツェが舞台。周知のように、ルネサンス期のフィレンツェは芸術の花ひらく都であったが、同時に暗殺や毒殺あり、サボナローラの悔い改めよという宗教的な動きがあり、決して平穏な時代ではない。
このオペラもある美女をめぐって3人の男が愛憎劇をくりひろげ、ジャンネットの奸計にひっかかり、人違いをして兄ネーリが弟ガブリエッロを殺してしまい、そのことに気付いたネーリは気がふれるというすさまじい話である。
あらすじだけ聞くとうんざりしてしまうかもしれないが、復讐だけの芝居ではなく、ジネーヴラという女性とネーリやジャンネットとの関係も見どころ、聞かせどころがある。
ジネーヴラは、第二幕では、恋人のネーリだと思っていたのが、実はネーリの衣装を着て彼女の寝室にしのびこんだジャンネットだったと判明するのだが、ジャンネットの熱い濃厚な愛の告白をうけるうちに、ジネーヴラの心はとけていき、二人は口づけを交わすといった場面がある。この場面は、ジャンネットの口説き文句もかなりセクシュアルであり、オペラのリブレットでここまではっきりと性愛を描いたものはイタリア・オペラには珍しいと思う。
口説くほうのジャンネット(松村英行)も口説かれるジネーヴラ(福田玲子)も歌唱力と同時に演技力がもとめられるわけで、テノールの松村(敬称略します、以下同様)はここだけでなく、表情にとんだ力強い歌唱をきかせていた。福田は、歌はよいのだが、演技としてはさらに妖しい女を演じてもよかったのかもしれない。
前後するが、第一幕はこのジャンネットとネーリ、ガブリエッロを仲直りさせようというトルナクインチ(森田学)がでてくるのだが、今回の舞台は装置は比較的簡素(しかし工夫がこらされている)なのだが、衣装はなかなか立派だった。森田もくるぶしに届くガウンのような衣装をまといきわめて正確な発音で、バスの低い声でわれわれをイタリアの世界にいざなってくれた。
今回の舞台は演出の馬場紀雄のコンセプトなのか、たとえばジャンネットの腹心ファツィオを演じる加藤史幸も、声の表情が端正なだけでなく、舞台での動きも動くときはさっと動き、必要でないときには余計な動きをしないというのが好ましかった。舞台に出ている全員がちょこまか動いていたのでは、どこにフォーカスをあててよいかわからないし、落ち着きがない。
今回の舞台は、その点、とてもよく出来ていて、自然にその場面を動かしている人物にこちらの意識が集中できた。それによって、衣装の良さともあいまって品位が感じられた。ストーリーはどろどろした復讐劇かもしれないが一方でルネサンス華やかなりしフィレンツェが舞台という両面が感じられるのがよかった。
ジョルダーノの曲は、20世紀の20年代に書かれたものと思うとずいぶん聞きやすいものである。
東京オペラプロデュースのおかげで、2010年にはジョルダーノの≪マダム・サン・ジェーヌ≫を見ることができたし、今回は≪戯れ言の饗宴≫。ジョルダーノといえば≪アンドレア・シェニエ≫と≪フェドーラ≫だけだった時代とくらべるとジョルダーノへの理解も進んだし、その世界の広がりが感じられる。感謝のほかはない。

|

« 歌舞伎 | トップページ | 須賀敦子翻訳賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/60556450

この記事へのトラックバック一覧です: ジョルダーノ作曲《戯れ言の饗宴》:

« 歌舞伎 | トップページ | 須賀敦子翻訳賞 »