« 《イドメネオ》 | トップページ | ローマ歌劇場の雇用をめぐる数字 »

2014年10月 3日 (金)

ローマ歌劇場、オーケストラ、合唱団を解雇

ローマ歌劇場は、経営不能であるとして、ローマ市長イニャーツィオ・マリーノと歌劇場総裁カルロ・フオルテスは、2015年1月1日から、オーケストラ、合唱団は全員解雇されると告げた。(Corriere della Sera 10月3日)

解雇までのプロセスは75日で、そのうち45日の交渉期間がある。解雇の対象は92人のオーケストラ団員と90人の合唱団全員である。歌劇場全体の従業員は460人。
市長と総裁は、厳しいが必要な措置であるとし、それ以外の選択肢としては劇場閉鎖があったが、そうではなくて、劇場の再生を目指すとしている。

|

« 《イドメネオ》 | トップページ | ローマ歌劇場の雇用をめぐる数字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/60415809

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ歌劇場、オーケストラ、合唱団を解雇:

« 《イドメネオ》 | トップページ | ローマ歌劇場の雇用をめぐる数字 »