« 《コシ・ファン・トゥッテ》 | トップページ | ローマ歌劇場、オーケストラ、合唱団を解雇 »

2014年9月14日 (日)

《イドメネオ》

モーツァルトのオペラ《イドメネオ》を観た(東京初台、新国立劇場)。

モーツァルトが25歳の時に、ミュンヘンの宮廷から委嘱をうけて作曲したもので、リブレットは、ザルツブルクの司祭ジャンバティスタ・ヴァレスコの作だが、モーツァルトは作曲の途中で、故郷の父に手紙を書いて、父を通じて、ヴァレスコに何度も書き直しを頼んでいる。
ミュンヘンで上演したのちも、モーツァルトはこの作品に愛着および自信があったとみえてウィーンに移住してからも再演を試みている。歌手の要望によって、あるいは改作のために手を加えているので、ミュンヘン版でもウィーン版でも細部にはさまざまなヴァリエーションがあるようだ。
イドメネオの最も基本的な性格はオペラ・セリアだということだ。イドメネオはトロイ戦争からの帰り、久しぶりの帰宅の途中激しい嵐にあい、海神ネットゥーノに上陸後、最初にあった人間を生贄にするので助けてくれと言う。しかし最初に出会うのはイダマンテという自分の息子なのだ。
しかもイダマンテは王の選んだ女性(エレットラ)ではなく、トロイの囚われの王女イリアに恋している。イダマンテを犠牲にしたくないイドメネオは小細工するが、海神にはバレて怒りをかう。大祭司や民衆に詰め寄られて、イダマンテを犠牲にする覚悟を決めたところで、神からの許しが出る、というのがあらすじである。
イドメネオは為政者としての苦悩、親としての悩みを抱えている。イダマンテも、10年ぶりにあったかと思うと父親に冷たくされるし、恋するイリアは敵方の王女、エレットラからは激しく迫られるが、彼女には気がない。
こういう話は、オペラ・セリアの時代であれば、おかしくないのだが、19世紀半ば以降ロマン主義がヨーロッパを席巻すると、飽きたりないものと感じられてくる。
ロマン主義をつきつめて、つきぬけると、こういうものもまた新鮮に感じられるであろう。いや、ロマン主義(的なるものは)はやっかいなことに、今でも、われわれが芸術を考える際の基準となってしまいがちなのだ。
上述のストーリーからもうかがえようが、モーツァルトはオペラ・ブッファとオペラ・セリアでは明らかに音楽をかき分けている。ファッションに、カジュアルとフォーマルがあるように、音楽がフォーマルなのである。カジュアルの身近で肩の凝らないよさがあるように、フォーマルには居ずまいを正したバリッとした格好よさがある。苦悩といっても単なる個人の苦悩ではなく、国(国民)全体と、私的な愛情が矛盾してしまうという懊悩。しいて現代のわれわれに置き換えれば、仕事(個人を越えた世界)と家庭(個人的世界)の矛盾が近いかもしれないが、明らかに矮小化されてしまう。むしろ、織田信長や太閤秀吉の時代劇を観るように、天下と個人くらいの比率で味わうのが筋であろう。無論、何をどう引き寄せて解釈するのも個人の自由なのだが。
最近増えている読みかえ演出は、そういう引き寄せプロセスを演出家が代わりにやってくれているのかと思う。オペラセリアをオペラセリアとして味わいたい人には、余計なお世話となるかもしれないし、ごちゃごちゃ難しいこと言わんと身近に感じたいわあという人にはおおいにヘルプになるであろう。
準メルクルの指揮、東京交響楽団はピリオド奏法(バロックよりの響き)で早めのテンポは、時に前のめりになりながらも快適であった。歌手もそれぞれ砂地を歩きまわったり転げ回ったりしながら力演。ミキエレットの演出も、イリアのお腹が大きかったのはそういうことであったか、という驚きがありと納得のいくものであった。
今さらではあるが、モーツァルトのオペラは、ダ・ポンテ3部作以外もそれぞれ独自の魅力があると痛感した。

|

« 《コシ・ファン・トゥッテ》 | トップページ | ローマ歌劇場、オーケストラ、合唱団を解雇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/60310731

この記事へのトラックバック一覧です: 《イドメネオ》:

« 《コシ・ファン・トゥッテ》 | トップページ | ローマ歌劇場、オーケストラ、合唱団を解雇 »