« ヴェルディの生家は、生家でない? | トップページ | 《ポントの王ミトリダーテ》 »

2014年8月10日 (日)

ドロットニングホルム宮廷劇場

ドロットニングホルム宮廷劇場を見学した。

ドロットニングホルムはスウェーデンのストックホルム郊外にあり、船に乗って1時間弱だが電車とバスを乗り継いでいくことも可能だ。ぼくは帰りはバスでストックホルム中央駅に戻った。
ドロットニングホルム宮殿(王宮)と宮廷劇場は同じ敷地ない歩いて3分ほどのところにあるので、ひとまとめに見ることが出来る。ただし王宮のほうは入場券を買って、自由に見てまわる(ただし撮影禁止)のに対し、宮廷劇場のほうはガイドによるツアーのみである。
この宮廷劇場は1762年に一度火災で焼失し、それを建て替えたものだ。再建がなったのが1766年6月12日。これを建てたのは、グスタフ3世の両親(母はロヴィザ・ウルリカ)。
1790年代にグスタフ3世は暗殺されるが、子どもはオペラに熱心ではなく、この劇場は放置された。20世紀になって、再発見され、18世紀の劇場が手つかずに残っている貴重な歌劇場となった。劇場は大きくはなく、座席は長椅子。ロウソクをおもわせる電燈、シャンデリアが用いられており、18世紀と同様、座席は幕があがってからも明るい(といっても、ロウソクを思わせる電燈なのでまぶしい明るさではない)。
舞台は歌手からみて前方に傾斜しており、かつ透視図法的に奥が狭くなっている。舞台転換は独特で、横にスライドする装置が一斉にいれかわる。

|

« ヴェルディの生家は、生家でない? | トップページ | 《ポントの王ミトリダーテ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/60124837

この記事へのトラックバック一覧です: ドロットニングホルム宮廷劇場:

« ヴェルディの生家は、生家でない? | トップページ | 《ポントの王ミトリダーテ》 »