« 《チェネレントラ》 | トップページ | 《ホフマン物語》 »

2014年6月25日 (水)

オペラ 《鹿鳴館》

rokumeikan-mainvisuel.jpg池辺晋一郎作曲のオペラ 《鹿鳴館》を観た(新国立劇場)。

2010年の初演から4年ぶりの再演とのこと。日本のオペラで、この間隔での再演は珍しいとのことである。
原作は三島由紀夫の戯曲。上演台本(リブレット)は、演出の鵜山仁によるもの。台本は、三島の言葉遣いはそのままにして、カットをほどこすことによって短くしている。たとえば、原作では、影山(朝子の現在の夫で、さまざまな出来事の黒幕)と部下の飛田の間では、薄気味の悪い話がかわされるのだが、オペラでは飛田は登場し、不気味な存在感を漂わせてはいるのだが、一切口をきかない(それはそれで効果的である)。
このオペラを新国立劇場が委嘱したのが今は亡き若杉弘で作曲家の池辺晋一郎氏ともども、若い時からの大変な芝居好き。
オペラというものは音楽劇であり、音楽が雄弁な曲もあり、脚本(リブレット)が雄弁な曲もある。このオペラでは委嘱した芸術監督も、作曲家も原作の戯曲の良さを尊重する方向で方向性がそろっていたように思われる。
そしてそれは成功したと言えるだろう。お芝居として見ても十分面白い。三島の原作は、言葉遣いの点でも、ストーリーの点でもオスカー・ワイルドの芝居(たとえば『ウィンダミア卿夫人の扇』や『理想の夫』)を吸収し、咀嚼した巧みなもの。言葉遣いは、逆説をまじえて、対比的な表現ですぱっと人生の一面を切り取る。ストーリーは、親子が生き別れていて、それに現在の母親の生き様と政治が絡んでくる。
政治的なレベルでは陰謀があり、それを親子の情愛から阻止しようとする女主人公朝子(大倉由紀枝)があり、朝子の生き別れた息子久雄(鈴木准)と顕子(高橋薫子)のレベルでは若者の恋愛がある。
日本人の歌手の演じる役割が日本人というのは、やはり自然で言葉も仕草にも、服装にも違和感がない。だから芝居の世界にすっと気持ちがはいっていける。
朝子の夫、影山伯爵を演じた黒田博、朝子のかつての恋人で自由党の残党の首領の清原を演じた星野淳も、風格がある人物に見えたし、朝子の大倉由紀枝の着物姿と洋服姿も素敵であった。欲を言えば、朝子が洋服を着たときの台詞のなかに、「裸のような気がする」という趣旨の言葉があったので、洋服はもう少し首元、胸元の開いた夜会服であってもよかったかとも思った。顕子の高橋薫子は、ヴェテランでありながら、ちゃんと娘に見えるところが見事であった。声の表情も娘にむいていた。
レパートリーとして定着していくのか注目したい作品である。

|

« 《チェネレントラ》 | トップページ | 《ホフマン物語》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/59862309

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ 《鹿鳴館》:

« 《チェネレントラ》 | トップページ | 《ホフマン物語》 »